ビルマ紹介

男の子 4才 体重:6.0「(03年6月現在)
特徴:キジ白。おひげ白、肉球ピンク。瞳は淡いグリーン。
しっぽが中途半端に短いです。手足はすらりと長かったのですが
今ではお腹のたるみにかき消されてしまいました・・・
美猫です。背中に白く「つ」の字が染め抜かれています。


ビルマのアルバム(写真をクリックすると可愛い写真がたくさん!)

一言でいうと… のほほん  
(臆病で怒りん坊で噛みつき魔のビルマは、
実はお腹マッサージが大好きな、大の甘えん坊でした。
初めてゴロゴロを聞かせてくれた時の感動は忘れられません)



たいちゃんと同じ40匹多頭飼い崩壊の現場から来ました。
胸の痛む現場の詳細はこちら


ビルマは猫なのに、高いところに飛び乗ることがありません。
ジャンプもしません。
壁に寄り掛かり、じっとうずくまっていることが多いです。
うちに来て、半年ほどたってようやく、
たまにですが、ウサギのように、ドカドカ走るようになりました。

たいちゃんとともに、長年のケージ暮らしの片鱗を
事あるごとに感じさせられ、胸が痛みます。

最初は、ほかの猫たちに関心を示すことは、
ほとんどありませんでしたが、
少しずつ心を開き、今ではグルーミングしあう姿まで見られます。


ビルマ「つの字」まだくびれのあった頃…(汗)

来た当初、肝臓の数値が悪く、多飲多尿の傾向があり、つねに便秘気味、
おまけに偏食も激しく、つきっきりのことが多かったビルマ。
(そのため、たいちゃんにはずいぶん寂しい思いをさせ、
焼きもちをやかせてしまいました。。。)

この夏、急に痩せだして、母ちゃんを青ざめさせました。
腎不全か糖尿病か、はたまたダイエットに成功した喜ばしいことなのか?
しかし、お腹の調子はよく、食欲も普通にあるようなので、
今は慎重に、食欲および体重チェックを欠かさずしています。

少しぐらい、喧嘩したっていい。わがまま言ったっていい。
長生きしてほしい。
ほんとに願うことは、ただそれだけです。



名前の由来:大変な臆病で、当初ボランティアさんには
「びくびくのビクちゃん」と命名されていたほど。
「びびるまい」、との願いをこめて。
相棒が「たい」なので、コンビ名としてもいいかな、と。


トモもびっくり!不思議なしっぽ。

ビルマのアルバム





家族indexへ


TOPへ