« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

すみこる。

25日で雑誌の仕事が一息ついたと思ったら、3日月曜日までノンストップ。
こんなオニのようなスケジュール組んだのは、どこのどいつだ〜い?
・・・・・・アタシだよ!
その後も仕事が立て込んでるので、翌火曜日は絶対休息日にするって決めたのに、
金曜朝締め切り大至急400ページの仕事を受けたのは、どこのどいつだ〜い?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ア、アタシだよ〜ぅ(泣)

うわ〜〜〜ん、馬鹿バカ!! アタシのブタ野郎ぅ〜!!(ToT)

その合間を縫って、エイズキャリア、パールの通院。
また別の日に、前から予約を入れていたスーちゃん、一日入院で歯石取り&抜歯ケア。
どっちもたいしたことなく、順調に済んでよかった☆


スーちゃん「もう、お口痛くないの♪」

長丁場を乗り切れるかどうか、今回も我ながらスリリング。
この緊張感は私にとって、ほとんど一種のゲーム。
だから体力的にはキツイけど、意外と楽しめたりもする。
ゲームだったら勝ちに行かねば。なんちて(笑)

頭がぽっぷんキャンディ☆爆発寸前!となったら、
ほんの数分でも横になって目を閉じているだけでずいぶん違う。
(このとき、うっかり眠り込んでしまわぬよう、注意!)
仮眠は、集中して短時間(1〜2時間くらい)深く眠るのと、覚醒したまま目だけ閉じて体を休めるのと、使い分けるのが効果的。
ほんとか?

もう何書いてんだか、むちゃくちゃだ〜い。
さて、ガンバるんば☆

投稿者 hina : 21:47 | コメント (0)

2008年02月27日

高校3年生〜♪

バイトの子たちのガールズ・トークに交じるのが面白い。
20代前半の女の子が多いかな。
みんな、若くて一生懸命で、許せないことがたくさんあって、眩しいほど微笑ましい。

高校時代の話も頻繁に出る。つい昨日のことだものね。
高校3年生。昔、そんな歌がありました。
自身の18歳の日々を、鮮やかに呼び起こすことは今もたやすい。
けれども、そこにはすでに、気の遠くなるほどの時間が降り積もっている。
いろんなことが窮屈で、自分をもてあまし気味で、二度と戻りたくないしんどい時代ではあったけれど、
やっぱり楽しかったのかな、と思う。

さて、この紅顔の美少年は誰でしょう?

マコ妻さん家の筆頭先住にゃん、インディ君、御年18歳!!!!!
にゃんこの18歳といえば、人間でいうと88歳くらいのはず。
わ、若い〜〜〜!!!!!
本当にいつ見ても、驚異のアンチエイジングです。

我らがマーやんは、毎日インディ君に「しっかりせい」と檄を飛ばされているとかいないとか(笑)
最近のマーやん、ゴージャスな見た目と180度異なる、あいかわらずのへなちょこぶりに、
今ではしっかり「リストラ父ちゃん」の称号もいただきました。
てんで弱虫なくせに負けん気だけは人一倍、見え見えの空威張りをしてみせるところが、切なく愛しいマーやんです。

日々の様子をお知らせいただくメールを拝見するたび、
この子は、お外で生き延びることは到底できなかったなぁとしみじみ思います。
私が出会ったときのマーやんは、そのときは気づかなかったけれど、今思えば本当に、
生死の境ぎりぎりのところだったのでしょう。
わずかに残ったしょぼしょぼの毛が、ガリガリに痩せた体に張り付き、
鶴のような折れそうに細い首をカクカクと動かして、下手くそに全部ぽろぽろこぼしながら、
必死でご飯をがっついていたあの姿を、私は忘れることはできません。

下の牙は全部抜けちゃったけど、相変わらずハンサムだよ、マーやん♪

素敵な写真、タイトルは「表彰台」☆
マコ妻さん家も、だいぶ賑やかになりました。
毎日のように募集サイトを見ては、この子たちのために自分にできることはないか、
真剣に考えてくださったマコ妻さん。
上の写真、左のロッコツ君は、子猫のときに、一度は幸せになるため旅立ったはずでしたが、
そこのお家で虐待を受け、肋骨を折るという大変な目に遭いました。
診察した獣医さんが異常を察知、その機転により紙一重のところで命拾いした彼は、今度こそ幸せを掴みました!
その事件を決して忘れないために、あえて「ロッコツ」と命名されたマコ妻さんです。
明るい響きの素敵な名前だと思います。

キー君とも、ほんとの兄弟みたい。
ロッコツ君のことを思うたび、いろんな思いが交錯して、鼻の奥がツンとなります。
どうかこれからも、天真爛漫な末っ子ぶりを思う存分、発揮してください。
不器用なマコおじちゃんのことも、よろしくね。

投稿者 hina : 03:13 | コメント (2)

2008年02月26日

Hello!桃色ずきんちゃん☆

子供のときは、「子供っぽいから」という理由で(子供やっちゅうねん)、キャラクターものを敬遠していた。
それがいつしか、ふと気づいてみれば、身の回りに増殖しつつあるグッズの数々。
今年の手帳はキティちゃんだし、パスケースも一見わからないけれど、
よくよく見ると、キティちゃんのチャームがついていたりする。
キティちゃんが積極的に好きというわけではないのだが、
キティちゃん携帯が出たときに、ちょっと心揺れてしまったから、ほんのりとは好きなのかもしれない。最近は。

フランスに住む姪っこも、キティちゃんに夢中。
今年の5月で5歳になる。
お絵かき大好き。キティちゃん描いたよ、と写メが届いた。

少し前から、フランスでもキティちゃんは大ブームなのだそうである。
しかしながら、「H」を発音しない彼の地では、
「Hello」は「エロ」、「Kitty」は「キチ」、続けて読むと、なんだかすごいことになる。
でも、普通に上記のごとく発音されているらしい。
グローバルになるとは、そういうことか。がんばってるね、キティちゃん。


「わたしが描きました♪」

ママンには写真の掲載許可を得たのだけれど、
大ママから、後でNGくるかもね。
そうしたら削除します。

来月で8歳になる、のんびり屋のお兄ちゃんと、とっても仲良し。
おとなしいお兄ちゃんが時にたじたじとなるほど、しっかり者に成長しているそうです。
同じ環境なのに、まったく違う二つの個性が伸びていくのは本当に興味深い。
またいつか、再び会える日を楽しみにしています。
遠くてなかなか実現しないのが寂しいけれど。。

日本とフランスと、二つの母国を持つということは、とても大変なことだけど、
きっといろんな場面で、世の中には、たくさんのいろんな人が存在していていいのだということを、実感できることでしょう。
どうか人の痛みのわかる、心やさしい女の子になってください。
私もあなたのママンのひとりだからね。

投稿者 hina : 00:22 | コメント (0)

2008年02月24日

ラララライ体操

前々回のアホなエントリーにもコメント頂き、ありがとうございます。
そもそも、チャーリィに言ってしまったのが失敗だった・・・
じゃあ、誰だったら乗ってくれそうか考えてみました。

たいちゃん・・・義理でイヤイヤつきあってくれそう。
トモ・・・大体が、お笑いに興味なさげ。
クル・・・「ラ〜イ?」って言ってるのに、「ル〜?」と返して、かみ合わない。

ミーチおばあちゃん・・・無言で張り倒されそう。
みぃな・・・はなから、人の話を聞いてない。
スーちゃん・・・「ラ〜イ?」って本人言ってるつもりが、どうしても「うっふ〜ん?」になってしまう。

あおぞら・・・大喜びでやりそうだけど、毎回振り付けを間違える。
もんち・・・「ラ〜イ?」はご飯だと思って、ゴロゴロ言う。
りんちゃん・・・求められていることはわかっているが、それを実行することについては自己の中で激しい葛藤がある。

ちょび・・・ちょび!!! そうだ、この方がいました☆ 結構完璧にやってくれそう。

・・・というわけで、次回からはちょびに言うようにします(笑)


「な、なんですってぇ!?」・・・えらい迷惑。

投稿者 hina : 00:11 | コメント (2)

2008年02月21日

犬の飼い主、ウンの持ち主

今秋、春風亭百栄(ももえ)師匠として、真打に昇進される春風亭栄助さんのブログを、
毎回とても楽しみに拝読しています。
高座とはまたちょっと違った、ほんわかした雰囲気のあったかくて素敵なブログです。
特技に、「3分で野良猫をなつかせる」と謳われているだけあって、
今ご自宅では3にゃん飼っていらっしゃるそうです。

時々掲載されるにゃんこ写真が、またどれも可愛いんですね〜☆
毎回アップされる写真はほかにも、思わずくすっと笑ってしまうような、
ちょっと不思議な町の風景などが切り取られていて、
これもまた捨てがたい魅力があるのです。

しかし、今回のはすごかった!!!
目の覚めるような衝撃でした。
あ、いえ、にゃんこ写真ではないのですが。

◇ nori-nori KINGDOM ◇
http://blog.nori-king.net/
(2/20のエントリー参照)

「このふんが」って・・・・・。
「二本です」って・・・・・。
凄すぎる・・・・・。

飼い主さん・・・・・・なんというか・・・・・・人をここまで怒らせてはいけない。
同じ犬の飼い主としては、ひたすら恥ずかしく肩身の狭い思いです。

「わんこのお尻のゆるさと、飼い主の頭のゆるさは比例する」という、けだし名言を吐かれた獣医さんが以前いらっしゃって、
聞いた私は思わず吹き出してしまったのですが、笑い事ではないですね。ちゃんとしないと。はい。

今住んでいるところも、犬を飼っている人はとても多いけれど、
マナーは前に住んでいたところよりも、格段にいいみたいです。
前の家で散歩コースにしていた公園なんて、捨て猫も多いし、わんこの落とし物だらけで、ほんとにひどいものでした。
ここは、パリかい?というくらい。
犬を連れている私でさえ、毎回かなりヤだな〜と思ってました。
最近では、おフランスのほうでも漸く、これぢゃ駄目なんでないかい?と犬のフン追放運動が広がりつつあるそうです。

もちろん、この辺だって、落とし物が まったくないわけではありません。
先日、ある家の玄関の前に、
「ここで犬にフンをさせるなょ!」という手書きの貼り紙がしてありました。
怒りにまかせて「させるな!」と書いてはみたものの、
後でよくよく考えて、遠慮がちに小さく「よ」を添えてみた住人の逡巡が見て取れます。

動物たちの運命を左右するのは、すべて飼い主さん次第。
動物の好きな人も、苦手な人も、
「たかが犬猫」から「ひとつひとつ、まったく違う個性をもつ命」へ、
意識の底上げは、日々のささやかな積み重ねしかないのでしょうね。

それにしても、例の貼り紙から、ウンPの単位について
哲学的な思索を行う栄助さん、さすがです☆

投稿者 hina : 22:53 | コメント (2)

2008年02月20日

後悔。。。

ひとたび、口から発せられた言葉は、
もうどんなことをしても、決して取り消すことができないのだとわかっているのに、
それでも、どうしてあんなこと言ってしまったんだろう・・・と思うような言葉が、
つい口をついて出てしまうことがある。

今日もまた・・・
何で言っちゃったんだろう・・・
私ってば・・・はぁぁぁ。

朝、チャーリィに向かって、
ふと・・・・・・言ってしまった。余計な一言。

「ラ〜イ♪」・・・・・・・・・・・・・・・・。

藤崎マーケットが好きなわけじゃないのに。。
「ラララライ体操」にハマってるわけじゃないのに。。

チャーリィは美しいグリーンの瞳に深い深い哀れみの色を浮かべ、
「・・・・・・ふっ」と言って横を向いた。

「ふっ」て言った!!!
絶対言った!!!!!

ああああああ。母ちゃんを軽蔑しないで。
嫌いにならないでぇぇぇぇぇ!!!!! NOォォォォォォォォ!!!!!(ToT)


「もう、面倒みきれまへん・・・」

投稿者 hina : 01:39 | コメント (4)

2008年02月14日

お願いっ!!

あおぞらと、ミーチのふたりのおばあちゃんに告ぐ!

目を開けたまま寝ないでぇぇぇっっっ!!
あと、呼んだらすぐに反応してちょうだいっっっ!!!
もうっ!母ちゃんは夜中に寿命が縮んだよっ{{(>o<)}}

あ、ちなみに、あおぞらは、男顔なので、よく男の子に間違われるのですが、
女の子なのですね、いちお。
もうおばあちゃんなのですけれど、元気げんき♪


眠り方のお手本を見せてくれるトモとチャーリィ。
りりしいね、トモ☆
チャーリィはもしかして、笑顔?
いい夢見てるのかな。。

最近、チャーリィがほんとによく、ほかの子の面倒を見てくれる。
それがとても嬉しい。
前は、ほとんどひとりでいて、誰とも絡まなかったから。

外ではいちばんの古株で、ボス的存在だっただけに、
器の大きさを感じさせる。ちょっと気難しいところもあるけれど。
やっぱり男前だよ、チャーリィは。

投稿者 hina : 13:03 | コメント (3)

2008年02月13日

世話焼き母ちゃん

賢く可愛いりんちゃんが、
最近何かというと、せっせと私の頭を毛づくろいしてくれます。
「母ちゃんたら、駄目ねえ」ザリザリザリ・・・
「こんなボサボサ頭で」ザリザリザリザリ・・・。

ち、ちがうのよ、りんちゃん。。
これは一応、YOUちゃんみたく(どこがやねん!爆)
ふわっくしゃっ☆となるように、一生懸命セットしてるのよぉ〜。

そう言うと、りんちゃんはとても不思議そうな顔で私を見上げます。
「それで? どこが?」と言いたげ(笑)
やさしくて、よく気がつくりんちゃん。ありがとう。
小さな母ちゃんみたいだね。うれしいよ。

そういえば、髪切りに行ってないなあ。
今月はやっと少し暇になったからおいでよ、と言われているのだけれど、なかなか・・・
まあでも、春になるまでに、ちょっとくらいは手入れしておきたい気分。
2月も半ば、そろそろ春の兆しが感じられるころですねえ。
夏と同じくらい大好きな季節の到来です。

投稿者 hina : 11:14 | コメント (0)

2008年02月12日

みゆきとすみこ

今、鳥居みゆきさんに夢中です。

おしまい。

・・・て、終わりかい!!
お笑いのカテゴリーを作ったほうがいいだろうか私・・・

*******************************************

先日、師匠に「ゴージャス」とお褒めの言葉を頂いた、かんちゃん。
我が家のお姫様です。お目々に星〜☆

*******************************************

友達の子供が2歳のころの話。
テレビに にしおかすみこが出てくると
「チャンネルかえて!」と、激しく抗議。
どうして?と尋ねると、
「怒ってるときのママみたいだから!!」
あはははははははははは。

去年遊びに行ったとき、
この可愛い天才画伯が、私の似顔絵を描いてくれました。

これは、ママと私と、真ん中が自分。
かわいいなぁもう。
この春、幼稚園だそうです。早いなあ〜!

投稿者 hina : 01:12 | コメント (0)

2008年02月09日

もきゅっ☆とワロス

今日は一生懸命、早起きをして、ちゃっちゃと用事を済ませ、池袋にGO!!
なのに、お目当ての喬太郎師匠は、なんと休演・・・!!!
しょぼん・・・もきゅっ☆(←最近覚えたお気に入り。使い方は、たぶん間違っていると思われ。笑)


そういえば、今回M1で優勝したサンドウィッチマンのボケ役・富澤サンも、
ある日のブログで、はじめて覚えたという「ワロス」を、すべての文末につけて使っていて、
笑いのツボど真ん中を突かれましたワロス。
たぶん、この人も、私といい勝負のネット初心者なのだろうなあワロス☆ でも、ほんとにセンスのある人ですワロス。
・・・ってな具合。ワロス。

一見コワもてだけど、すべての人に開かれている、オーソドックスであったかいネタを演るコンビ。
私は伊達サンの腰の低さと、街頭アンケートのネタが好き♪

******************************************************************

今年の手帳です。
昔はメモ魔だったのですが、最近は最低限のスケジュール管理と、
見た映画・芝居、読んだ本のタイトルと日付をメモする程度なので、これで十分♪
忘れちゃうことは、きっとたいして重要なことではないのだと思うようになりました。

なるべく身軽に、が信条です。
今年の決め事のひとつに、ゴミの日には、最低3つは、古いものを整理・処分する、
というのがあります。
なかなか物を捨てられない私の一大決心、
時には時間がなくてパスしそうになりますが、がんばって続けています。


手帳のお隣は、猫野ぺすかさん個展のお知らせ。
新宿にて、12日まで。行けるかなぁ〜。
以前、打ち合わせをしたカフェで、ちょうど個展をされていて、
それをたまたま拝見したのが最初です。
以来、気になる絵描きさんのひとりになりました。
登場するのは、猫ではなくて、ぺんぎんです。
どこか懐かしい、水色が印象的な、とっても素敵な世界です。


ほかに今、見に行きたいのは、「ルノワール+ルノワール展」。
画家のルノワールも、映画監督のルノワールも、両方大好きなのです。
しかし、これ、Bunkamuraでやっているというのが、
スノビズムに乗せられた感があって面白くないのですが、やむをえません(苦笑)。
5月まで開催しているということだし、今月しばらくは無理なので、
行くか行かないか、はたまた何度も通っちゃうのか、
春になったら、考えることにしましょう。


あと、映画では『歓喜の歌』。
志の輔師匠の傑作の誉れも高い、新作落語が原作です。
ああ、行きたいなぁ・・・。
ふぅ。(←これが何とかして、否、何としてでも行ってやろうという原動力となる、幸せのため息。笑)

たとえ行けなくても、常に行きたい美術展や映画の候補をストックしておくのは大事ですよね☆
お肌には潤い、心にはアンテナ♪です。


さて、この連休は仕事で2日続けて4時起きです。気合、気合! 押忍☆

投稿者 hina : 20:28 | コメント (0)

再会

今日もまた素敵なことがありました。
今ちょうど、池袋の上席で、喬太郎師匠がトリを務めていらっしゃって、
私はもう行きたくて行きたくてうずうずしているのですが、
バンバン仕事が入ってしまい、なかなか見に行くことができません。

例によって、マックで10分ほどの食事をしながら、
落語友達に「行きたいよぅ〜(ToT)」などとメールを打ち、
さて仕事、と外に出たところで、ばったり10年ぶりくらいの友人に会いました。

****************************************

と、ここで、ちょっとCM。「猫走り一家」今日のひとコマ。


もんちくんの可愛いお尻☆
寝ています。だるだるですね〜(笑)

****************************************

閑話休題。
実はこの友人こそ、私をはじめて新作落語の会に連れていってくれた人なのです。
その後、落語が私の人生で大きな意味を持つようになった
大切なきっかけを作ってくれた恩人といってもよいかもしれません。

しかも、ここ数日、なぜだかやたらに彼女のことを思い出してました。

まれにみるユニークな人物で、数々の伝説を持っているのです。
たとえば・・・

ある年のお正月、どれだけ怠惰な生活をしたら限界まで太れるのか、
という実験を、自分の身を犠牲にして敢行しました。

また、あるときには、帰宅途中、半分だけ電気が消えているファミレスに遭遇。
尋ねてみると、ちょうど今、停電になってしまったのだとか。
それを聞いた友人、どうしても真っ暗なファミレスでご飯が食べたくなり、
別にお腹はすいていなかったにもかかわらず、
驚く店員さんに無理を言い、薄暗い窓際の席でひとり、食事を楽しんだのだそうです。

今はバリバリの営業だという彼女、うんうん、まさに天職かも。
学生時代とぜーんぜん変わっていませんでした。
外見も中身も。

あんまりうれしかったので、きゃあきゃあ言って、ぴょんぴょん跳ねてしまいました。

投稿者 hina : 00:21 | コメント (0)

2008年02月08日

戦い済んで・・・

締め切り後、インターネットの履歴を見ると、
「モズクガニ」だの「平維盛」だの、なんじゃらほい??と思うような、
普段の私の生活圏から、およそかけ離れた、単語の検索一覧がだーっと出てきて、大変興味深いです。
ま、必要だからググったんですが。

りんちゃん、かわいい〜☆

邪魔な前髪をよく、ちょんまげ状にして仕事に没頭するのですが、
夜中、疲れたかあちゃんが、前髪を結び直そうとして、
ふと、隣で眠っているりんちゃんの頭の上にのせてみました。

そしたら!!
似合う〜〜〜〜〜♪
帽子だかなんだかわかんないけれど。
で、きゃあきゃあ言って写真を撮ろうとしたら、
目を覚ましたりんちゃん、ものすごい迷惑そう・・・

***************************************

どうにかこうにか、やっとひと息です。

身近で目撃された方もあるかと思いますが、久々にかなりテンパってました(笑)
フリーズした体から幽体離脱した中身は人工衛星と化し、地球をぐるぐる回ってましたもん。

過ぎてみると、なんちゃないことなんですが、個人的に大きな案件がいくつも同時進行しておりました。
頭から白い煙が出るほど、悩み迷い決断し、それがまた行き詰まり、頓挫し、また新たに突破口を切り開き、と思ったら別のほうから火の手が・・・みたいな状態で。もう、一家の小船は荒海のなか、もみくちゃにされながらも、無我夢中。
そして、なんとか乗り切りました。今回も。スリル満点、崖っぷち。

一家の皆、がんばってくれて、助けてくれて、ありがとおおおお。
ここでもまた、たくさんの人の手をお借りしました。
こと、パソコントラブルでは、時には夜中に駆けつけてくださったり、
たびたび、大変なお手数をおかけしてしまったお師匠様〜〜、
本当にありがとうございました。
師匠、絶対先生に向いてますよ!レクチャー、とてもわかりやすかったです。
サルでもわかる、ならぬ、ひなでもわかる名講義☆
(でも、たぶん「やだ!」って言うんだろうなあ・・・笑)

そして、あまりのHard Daysにさすがにめげそうになるとすかさず、
腹を抱えて笑ってしまうような素敵なアクシデントをいつも用意してくださる、
私の人生シナリオ執筆者である神様へ。
今回もすごい面白かったです。感謝。

そんなわけで、もうすぐまた新しいことが始まります。
気を引き締めて。気合を入れて。うっしゃー。
前へ前へ・・・!!

ミーチ、たいちゃん、りんちゃん、通院組も皆元気です☆
もちろん、私も。
最近、人生でいちばん大量にココアを飲んでいるかもしれません。
幸せ〜♪♪

投稿者 hina : 01:50 | コメント (2)