« 親指かじり虫〜♪ | メイン | サネアツ。。 »

2008年08月29日

雨の合間に

涼しくなったので、日中もお散歩に行けるようになりました。
(以前は朝の7時前からもうかなり気温が高かったので、
気合を入れて相当な早起きをしないといけなかったのです!)

雨の合間を見計らって急いで散歩をすませると、
屋根のある階段の乾いたところについた、あおぞらの足跡が
花びらみたいでとても可愛く、プチ感動♪
  
      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

お散歩のたびに、あおぞらが大はしゃぎで披露してくれるカエルジャンプ。
それが可笑しくて、あおぞらとふたりで笑いあって、
それはもう、周りの人が振り返るほど「ふたりの世界」なわけですが、
いつかはあおぞらも年老いて、歩けなくなる日がくるのです。
そう思うと、しみじみ切なく、今ふたりで元気にお散歩に行けるのが
どんなに幸せなことであるか、つくづく思わずにはいられません。

もしかしたら、あおぞらより全然若いかもしれないサネアツ君が、
あおぞらのように軽やかに歩いたり、走ったり、
飛び跳ねて全身で喜びを表すこともできないなんて、不憫で仕方ありません。
元の飼い主さんが、もう少しちゃんと面倒をみていれば・・・
考えても詮ないことなのに、悔しさがこみ上げてきてしまいます。

サネアツ君は、とても温厚なのですが、意外と押しが強いタイプ(笑)で、
自己主張もはっきりしていて、超〜マイペース。
さすが柴!というか、見てると面白くて飽きません。
あおぞらは先輩の余裕からか、サネアツ君には場所を譲ってあげたり、
一歩引いてあげることが多いです。

来週、通院です。検査結果で明るい見通しがたてば、
すぐにでも総力あげて募集をかけたいところですが、今のところ微妙です。。
  
      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

この夏、私にとって大切な人たちの、大事な家族であるわんにゃんたちの訃報が続きました。。

↑幸せそうなへそ天の写真は、京都に行ったどんちゃんです。
小人たちの運動会ができそうな、チャームポイントの広いお腹は今も健在☆

この素敵な写真を送ってくださったとき、
どんちゃんのお家の大黒柱ともいうべき、先住犬のチビ太君の訃報が
メールにさらりと書かれてありました。
自分の仕事と、大家族のお世話と、病気の子のケアと、
どんなにか大変だったでしょうに、そんな苦労には全然触れず・・・
ただ失った悲しみを一言だけ。
それがかえって、苦しみや辛さの大きさを物語るようで、
言うべき言葉すら見つからず、静かに黙祷を捧げました。

マロンちゃんの良き兄貴として、辛抱強く面倒をみてくれ、
そのおかげで、怯え、ちぢこまっていたマロンちゃんは、
明るく活発なおてんば娘という本来の性格を全開にして、
楽しく幸せな新しい犬生を歩むことができたのです。

どんちゃんを京都までかついで行ったときも、
いちばんに、キャリーを覗きにきて挨拶してくれたね。
ありがとう。ありがとう。
どんなに感謝しても、しつくせません。

会うたびに、お日様のような笑顔を見せてくれたチビ太君。
君のことを忘れることはないでしょう。
どうか安らかに。

投稿者 hina : 2008年08月29日 02:25

コメント

ど!?
ど!?
どどん!?
  
  以降を読むまで心臓、バクバク

ああ、、、先輩ワンコさんがその生を全うしたのですね。

  心臓、しゅん。。。

ご家族の笑顔は今はどんちゃん、君にかかっている。
行けー! どんちゃん!

どんちゃんファンより

投稿者 マコ妻 : 2008年08月29日 20:34

ごご、ごめんなさいぃぃぃ!!!
誤解を招くかな?と思ったのですが、やっぱり紛らわしかったですよね。すみません;
チビ太君の写真は、すべて壊れたデジカメの中だったので、残念ながら写真を載せられませんでした。。

はい、どんちゃんは今日も元気に、その大きなお腹と和み系笑顔で、皆を幸せにしてくれています♪

投稿者 ひな : 2008年08月30日 23:00

コメントしてください




保存しますか?