« Ah Soul Let!! | メイン | お知らせ☆ »

2009年10月29日

理由。。

自分のキャパ越え120%のスケジュールを乗り切る方法のひとつとして
さらにスケジュールを200%に組んでみる! というのがあります。
かなり荒療治ですが、時と場合によっては150%クリアしちゃえたりもします。
そんなわけで、芸術の秋。
何か習い事を始めてみようと思い立ちました。

そして、選んだのが小唄。
前からいいなぁと思っていたのですが、
幸せな偶然も重なって、習いたい気持ちを後押ししてくれ、
近くによいお師匠さんもいらっしゃったので、
9月に体験レッスンを受けてみたのです。

せっかくだからと方々からの勧めもあり、
小唄といっしょにお三味線も。。

素敵なお師匠さんで、レッスンも楽しくあっという間だったのですが、、、

最後に、ずっと気になっていたことを質問しました。
手にしているこの三味線・・・
「これ、ほんとに本物の皮・・・なんでしょうか?」

お師匠さんは、何でもないことのように笑顔で
「ああ、それは犬。練習用だから」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

膝に抱いていた楽器を、二、三度なでて、そうっと脇に置きました。

私がよっぽどの顔をしていたのでしょう。
お師匠さんは一言、「宗教?」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ちがうちがうちがうのです。そうではないのです。
私の叙情的ベジタリアンの理由。
たぶん、どれほどの言葉を尽くしてもわかってはもらえないかもしれません。

はずんでいた会話が、しん、と冷えてしまいました。

レッスンはほんとに楽しかったのです。
落語などで時々耳にする小唄や端唄はあまりに素敵で、
習ってみたいなあという気持ちは根強くありました。
帰る道々、何度も何度も自分の胸に問うてみました。

そして、結論。
お三味線はとても魅力的な楽器ですが、
でも、自分が奏でることは、これから先もずっとないのかなと。

申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらお断りしました。
本当の理由はさすがに言えませんでしたけれど。

お師匠さんはただ、「ご縁がなかったみたいですね」。
よいお師匠さんだなあと改めて出会いに感謝しました。

そんなわけで、私はやっぱり、
粋を極めた婀娜(あだ)な姐さんにはなれなかったのでした。。
まあ、柄じゃなかったということで(笑)

そして新たに、この秋晴れのもと始めたレッスンは、
老化で少し足が震えるようになった、あおぞらと一緒に♪
犬のインストラクターさんについて、初心に帰って勉強です。

あおぞらの成長を日々発見して感動☆
あおぞらは嬉しくって嬉しくって、
毎日反復横飛びで大はしゃぎです。

うん。やっぱり、こっちで正解だったかな♪

投稿者 hina : 2009年10月29日 03:48

コメント

コメントしてください




保存しますか?