2008年08月29日

雨の合間に

涼しくなったので、日中もお散歩に行けるようになりました。
(以前は朝の7時前からもうかなり気温が高かったので、
気合を入れて相当な早起きをしないといけなかったのです!)

雨の合間を見計らって急いで散歩をすませると、
屋根のある階段の乾いたところについた、あおぞらの足跡が
花びらみたいでとても可愛く、プチ感動♪
  
      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

お散歩のたびに、あおぞらが大はしゃぎで披露してくれるカエルジャンプ。
それが可笑しくて、あおぞらとふたりで笑いあって、
それはもう、周りの人が振り返るほど「ふたりの世界」なわけですが、
いつかはあおぞらも年老いて、歩けなくなる日がくるのです。
そう思うと、しみじみ切なく、今ふたりで元気にお散歩に行けるのが
どんなに幸せなことであるか、つくづく思わずにはいられません。

もしかしたら、あおぞらより全然若いかもしれないサネアツ君が、
あおぞらのように軽やかに歩いたり、走ったり、
飛び跳ねて全身で喜びを表すこともできないなんて、不憫で仕方ありません。
元の飼い主さんが、もう少しちゃんと面倒をみていれば・・・
考えても詮ないことなのに、悔しさがこみ上げてきてしまいます。

サネアツ君は、とても温厚なのですが、意外と押しが強いタイプ(笑)で、
自己主張もはっきりしていて、超〜マイペース。
さすが柴!というか、見てると面白くて飽きません。
あおぞらは先輩の余裕からか、サネアツ君には場所を譲ってあげたり、
一歩引いてあげることが多いです。

来週、通院です。検査結果で明るい見通しがたてば、
すぐにでも総力あげて募集をかけたいところですが、今のところ微妙です。。
  
      ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

この夏、私にとって大切な人たちの、大事な家族であるわんにゃんたちの訃報が続きました。。

↑幸せそうなへそ天の写真は、京都に行ったどんちゃんです。
小人たちの運動会ができそうな、チャームポイントの広いお腹は今も健在☆

この素敵な写真を送ってくださったとき、
どんちゃんのお家の大黒柱ともいうべき、先住犬のチビ太君の訃報が
メールにさらりと書かれてありました。
自分の仕事と、大家族のお世話と、病気の子のケアと、
どんなにか大変だったでしょうに、そんな苦労には全然触れず・・・
ただ失った悲しみを一言だけ。
それがかえって、苦しみや辛さの大きさを物語るようで、
言うべき言葉すら見つからず、静かに黙祷を捧げました。

マロンちゃんの良き兄貴として、辛抱強く面倒をみてくれ、
そのおかげで、怯え、ちぢこまっていたマロンちゃんは、
明るく活発なおてんば娘という本来の性格を全開にして、
楽しく幸せな新しい犬生を歩むことができたのです。

どんちゃんを京都までかついで行ったときも、
いちばんに、キャリーを覗きにきて挨拶してくれたね。
ありがとう。ありがとう。
どんなに感謝しても、しつくせません。

会うたびに、お日様のような笑顔を見せてくれたチビ太君。
君のことを忘れることはないでしょう。
どうか安らかに。

投稿者 hina : 02:25 | コメント (2)

2008年08月15日

親指かじり虫〜♪

サネアツ君、ペットシーツの消費が早いはやい!!
どこぞ安いところはないやろか。。むーん、リサーチ中☆

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

サネアツ君におやつをあげてぼーっとしていた。
朦朧としながら、次の段取りを考えてたの。
視界のすみに、私の手をくんくんするサネアツ君。
次の瞬間、おもむろに、私の親指を、がぶぅーーーーっっっ。

痛っアーーーーーーーい!!!
何なに? 何が起こったの?

びっくりして、サネアツ君の顔を見たら噴き出してしまった。
サネアツ君もびっくりしてたのだけど、
「食べ物じゃなかった・・・」という衝撃の事実に、
呆然、憮然、失望の色あらわ・・・そこに少しだけばつの悪そうな感じがまぶされて、
なんとも言いようのない顔してました(笑)

かなり思い切りでしたが、爪の上からだったので大丈夫。
久しぶりに血豆をつくりました。

血豆って不思議。
本人にとっては、こんなにパンパンに腫れて痛いのに、
見た目はほとんどわからない。
消毒しても冷やしても、今いち効果はなさそうで・・・
きっちり二日腫れて、その後嘘のように痛みが引きました。

カラダってよくできてるなあと感心しきりの熱帯夜。

 
 「間違えちゃった☆ てへ」

投稿者 hina : 13:09 | コメント (2)

2008年08月01日

シャンプー♪

サネアツ君がわが家に来てから一週間。
昨日は初シャンプーに挑戦しました。

センターではストレス性と思われる下痢をしていたので
ドライシャンプーとブラッシングのみでしばらく様子をみていたのです。
毎日とってもよいウンPなので、もう大丈夫でしょう、と判断。

サネアツ君、お風呂場みたいに狭いところも平気。
お水(ぬるま湯だけど)もシャンプー泡アワも平気。
怖がって、吠えたり鳴いたりするかと思ったのに、まったく平然としていました。
シャンプーをきれいに流し終わったところで、おもむろにぷりぷり大きいほうをなされるほどの余裕ぶり(笑)

すっかり毛が乾くと、見違えるほどぴかぴかに☆

今日はベランダを探検してみたよ♪
 

投稿者 hina : 16:59 | コメント (0)

2008年07月02日

コンちゃんでした!!

「皆様・・・」
(私は今マイクを前に、手を後ろに組んで、静かにそう呼びかけるのですが、
胸に熱いものがこみ上げてきて、次の言葉に詰まり、そっと天を仰ぐのであります)

「・・・・・・・・・・・」
(しかし、私は皆様に告げなければなりません。
ぐっと気合を腹に込め、声を張り上げます)
「嬉しいご報告です!!!」(です、です、です、です、・・・・・<エコー)

(つまんない前振り長くてすみません。あんまり嬉しくて、つい;)

          ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

本日、つい先ほどのことですが、
アイちゃん(仮称)こと本名コンちゃん、
無事パパとママのもとに帰っていきました(T_T)/~

こんな日付も変わろうかという深夜になってしまったのは、
ひとえに、急に入った私の仕事が終わんなかったからです〜
コンちゃん、パパ&ママごめんなさい!
(コンちゃんというのは、家に来たとき、キツネみたいだったからだそうです^^)

あおぞらさんのアドバイスを受け、問い合わせをしていた警察の管轄を
千葉のほうまで広げてみたところ、幸運なことに、とても親切な担当者に当たりました。

若い女性の方でしたが、そこの管轄には該当する届出がなかったにもかかわらず、
すぐあちこちに照会してくださって、事態は見事に急展開!!
アイちゃん改めコンちゃんは、無事、お家に帰ることができました。
心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

飼い主さんは、やはり必死で探していました。
お手製のビラを作って、通りの至るところに貼り、
ペットショップや、ヤクルトのおばちゃん、コーラの自販機を回るお兄ちゃんたちにまで情報を募り、
パパさんは仕事を休んで一日探しまわったり、似ている子がいると聞けば、土砂降りのなか合羽を着て見に行ったり・・・

とうとう最後には成田山で易まで見てもらったりしたそうです。
「陽が動いているので、まだ生きている。
遠回りして帰ってくる」と言われたそうなのですが、
まさにその通りの結果になりました。

とてもショックだったことは、
私が一番に届出をした管轄の警察や、愛護センターにも
飼い主さんはきちんと問い合わせをされていたことです。
それにもかかわらず、飼い主さんに情報は伝わりませんでした。

そればかりか、アイちゃんをしばらく預かっていたこともある管轄の警察から
照会の電話もあったのですが、その犬は柴ではあったけれどもメスでした。
「うちの犬はオスなので」と答えたところ、
「去勢してるんだったらどうせ同じだろうから、どうですか」と言われたそうです。
・・・・・絶句。どうですかって何ですか?
命の話をしているのではないのですか?

私自身、今回のアイちゃん(コンちゃん)保護にあたり、
警察や愛護センターなどとのやりとりにおいて、
かなり、かっつぃーーーーーーーん、というか、ぷっちーーーーーーーーーん・・・!!!
と、きたことが多々ありました。
そのことも含めて、アイちゃんのことはきちんと記録に残しておきたいと思っています。

ひとつ言えることがあります。

ペットが迷子になってしまったら、
あるいは迷子を保護してしまったら、
飼い主さん、保護主さん、あなただけが頼りです!!!

警察や保健所、愛護センターに届け出るのはもちろんですが、
右から左へ、あくまでも事務的手続きとして情報を「回す」ということはあっても、
そこで「探して」もらえるわけではありません。

たとえ、とーっても暇そうに見える人がなかにはいたとしても、
ああ見えて彼らは意外と忙しいのです。

さらに重要なのは、写真もないぺら一枚の情報には、
命の重さがまるで付加されていないということです。
そんな書類が机の上に毎日、山と積まれます。

おまけに、途中で誰かの思い込みが加われば、
その子を判別する決め手となるような特徴も、簡単に捻じ曲げられてしまいます。

今回も、アイちゃんは「年寄り」で「豆柴」であるという、
いったいどこでそうなったのか、主観による間違った情報があちこちに渡ってしまいました。
(問い合わせのつど、私はかなり青ざめて訂正しましたが、
その後、書類上できちんと訂正がなされたかどうかは不明です)
現に、飼い主さんがあれほど必死で探しまわっていたにもかかわらず、
情報は伝わらないまま、もうほとんどペットロスの状態だったといいます。

アイちゃんに身近で接すれば接するほど、
飼い主さんがこの子を探していないはずがない!
そう思わずにはいられませんでした。
問い合わせをするたびに、届けはないという答えでしたが、
あんなに可愛がっていたアイちゃんがいなくなったというのに、
飼い主さんが警察に届けも出していないというのは、とても考えられないことだったのです。

大切な情報が、絶対どこかに埋もれている。
それを必ず掘り出してやろう!と、それはもう、
ひそかに熱く執念を燃やしていたわけです。
打倒!!$#%&☆!!!($#%&☆!が何だかわからないケド。笑)

たまたま、第一投目が大当たりしてくれたというわけですが、
改めて、その大当たり、お手柄の女性担当者に、お礼の電話をしなくては!と思います。

あまりに急なお別れだったので、まだ実感がわきません。
これからだんだん寂しくなるのでしょうか。。

コンちゃんは生後半年くらいのころ、
そうは見えないほどガリガリに痩せた身体を小さなキャリーに詰め込まれ、
そのうえさらに、公園の身障者用トイレに閉じ込められていたのだそうです。
発見したパパさんが、あまりに不憫に思って引き取りました。
だからなのか、コンちゃんはワンと鳴くことがほとんどありません。
人なつっこいけれど、とても臆病なのだとか。
6月5日の夜10時半ごろ、お散歩から帰ってきて、お家の前でリードをはずしたところ、
近くの河川敷で、いきなり花火が上がりました。
その音に驚いて駆け出してしまい、迷子になったアイちゃん(コンちゃん)でした。

二日後の7日夜11時半ごろ、私はとぼとぼ困った顔で歩いていたアイちゃんに遭遇します。
思わず、「どうしたの?」と声をかけると、パッと顔を輝かせ、
急いで走り寄ってきて、私にハイタッチしたのです。
「ひとりでお散歩中なの? それとも迷子?」と尋ねてみても、
うーん、とちょっと考えて、うふん、と曖昧に笑うばかり。
ちょうど持っていた替えのストッキングをリードがわりに、ふたりで最寄りの交番へ。
それが出会いでした。

さよなら、アイちゃん(コンちゃん)。
短い間だったけど、ありがとう。
よかったね。本当に。。

アイちゃんはマッチ売りの少女がつかの間に見た幻のような、
幸せな風景を、たくさん私に見せてくれました。
君が誰かに全力で愛されていたということが、
どれだけ私を幸せにしてくれたことでしょう。
どうかこれからも、パパとママ、お兄ちゃん、おばあちゃん皆に愛されて、
うんとうんと、幸せに長生きするんだよ〜〜☆

投稿者 hina : 01:44 | コメント (4)

2008年06月30日

アイちゃんが来た!

6月13日に我が家にやってきた迷子犬の柴くん、
名前がないと何かと不便ですので、
「アイちゃん」(仮称)といたしました。

柴なだけに、「柴田くん」とか「恭平くん」とか
いろいろ考えていたのですが、
(誰ですか? 「俊夫くん」なんて言う人は!)

「(飼い主さんに)早く会いたい」の「アイ」。
「はじめまして」の意味を込めて、五十音の最初の二文字である「アイ」。
もちろん「あふれる愛」を注がれる「アイ」。

このアイちゃん、めちゃくちゃ頭のいい子です。
とにかく、おりこう!甘えん坊!猫たちにもやさしい!
あまりにも手がかからなくて、もう言うことがないんです!!
後は飼い主さんのお迎えを待つばかりなのですが、残念ながら現在、情報は皆無。
明日から捜索範囲を少し広げてみようと思います。

いちばん心配していた、あおぞらの焼きもちはまったくなし。
にゃんずからも、特に激しいブーイングはなくて、
母ちゃんは、ぽかんと拍子抜け。どーなってるの??

いやいやいや、そうではなくて、
いちばんにしなくちゃならんことは、まず感謝ですね。
ありがとう、皆。
おりこうなアイちゃんも、ありがとう。

☆アイちゃん情報☆
柴の男の子。
最初、アイちゃんがあんまりおとなしいので、
おまわりさんは、てっきり年寄りだと思い込んだようです。
でも、いざ、うちに引き取ってみると、かなり力も強く元気いっぱいでした。
成犬には違いないけど、意外と若いのかな〜と思いつつ、
病院で診てもらったら、推定3〜4歳くらいではないか、とのことでした。

かなり早い時期に去勢手術を済ませたらしく、
マーキングをまったくしません。
おしっこするときも男の子なのに足を上げないので、びっくりしました。

青地に花柄の首輪。鑑札、迷子札はなし。
太りすぎでも痩せすぎでもない、理想的な体型。
保護時、首輪も身体もきれいだったので、
迷子になってからそんなに時間は経っていないと思われます。

まだちょっと年齢的に、ちゃかちゃかしたところがあるけれど、
「ハウス!」もきちんと理解するし、
あおぞらのテリトリー、猫たちのテリトリーもすぐに飲み込んだ驚くほど賢い子。
素直で人間が大好きな可愛いアイちゃんが待ってますよ〜。
飼い主さんやーい!!

     ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

なんだか最近、以前よりずっと平和な我が家です。
その幸せをしみじみ噛み締めながら、闘い済んだ人間はちょっとノビてます。


投稿者 hina : 23:54 | コメント (0)

2008年04月28日

ミーチさま

我が家では、ミーチおばあちゃんをはじめ、
目の悪い子が多いので、毎月目薬を数本消費します。
あっという間になくなるのに、お値段は決して安くはありません。
だから点眼時には、こぼさぬよう、不器用母ちゃんは真剣そのもの。
それなのに皆、景気よく頭をぶんぶん振って、
貴重な目薬をふっ飛ばしてくれるのです。。

先月、目薬をもらいに行ったら、
いつもは飼い主である私の名前が書いてあるところに
「ミーチさま」。
なんだかとても気に入って、この袋、愛用保存版にすることに。

だってほんとに、我が家では「ミーチさま」なのです。
誰もミーチおばあちゃんにはかないません。
家中で一目置かれている、特別な存在です。
威厳があって、誇り高くて、超のつくほど無愛想(笑)。

ほめられるのと、頭の後ろをなでられるのが大好き。
「いい子だね、かわいいね」と後頭部を撫でると、
うれしそうに、得意そうに、どんどん、どんどん頭をそらせて、
最後には後ろにひっくり返りそうになります。

昨日まで、ちょっとまた調子が落ちていて、
手や顔がよだれで真っ黒。
拭いてあげたいのだけど、そういう時は「ほうっておいて」と怒られます。
今日は少し気分がよいらしく、おりこうに顔を拭かせてくれました。

私がいつも「おばあちゃんの食事の介護があるので」とそそくさと帰るものだから、
最初は人間のおばあちゃんかと勘違いしている人も多かったようですが、
最近ではミーチおばあちゃんの存在が知られるところとなり、
職場でもいろんな人に「おばあちゃん、元気?」と言われるようになりました。

どうか、避けられないその日をできるだけ先延ばしにして、
一日でも長く、ミーチと一緒にいられますように。
ミーチとふたりで胸を張って、どこまでも歩いていけますように。

投稿者 hina : 20:32 | コメント (3)

2008年03月09日

ヤマトと寅さん、ありがとう

声優の広川太一郎さん、突然の訃報。
とても寂しい気持ち。しんみりと合掌。
「宇宙戦艦ヤマトの声優」という紹介に、う〜ん、そこかぁ・・・思い複雑。

検索していて、寅さんの1作目で、さくらちゃんのお見合い相手役だったことを知る。
うすぼんやりとしか覚えてないけど、えーっ!あの人が?と、ちょっとびっくり。
自分の海図にまたひとつ書き込みが増える。サプライズの贈り物。

******************************

風邪と生理でカラダががたがたのときに、みっちりの一日労働はちと堪えるけど、もう峠は越した感じ。
三日ほど前まで鼻水だーだーの名残で鼻の下かぴかぴ。
昔のハナタレ小僧じゃないんだから、と鏡を見るたび自分でも笑ってしまう。
すわ花粉!と思いきや、咳に移行して、病院での診断は気管支炎。
それももうほとんどおさまった。
たまに襲う左足付け根の激痛は、どうも腰痛からきているらしい。湿布をもらったけど、冷たくて貼ってられないの。

鼻水だーだーのおかげで、慢性鼻炎のたいちゃんや、ミーチおばあちゃんの苦しさが、ちょっとだけわかった気がしたよ。
そのミーチおばあちゃんの調子が今イチあがらず。
明日朝イチで病院かどうか、慎重に様子見。


公平くん。アゴのせが好き。

今、たいちゃんと一緒に寝ていた公平が突然、たいちゃんの背中にかぷっ。
たいちゃんはいつも、一家のお父さん役を自任して、ものすごく頑張ってるのに、なぜか今ひとつ報われない。
「駄目だよ、お父さんにそんなことしちゃ」
公平はちょっと考えて、今度はなめてあげた。
うれしいなぁ!いい子だねぇ!
「そうそう、そうだよ。ありがとう。やさしいね」
そう言うと、また一生懸命なめてあげる。

なんか、心がほっこりするなあ。こういうの。
うんうん、やさしいね。ありがとう。

うちで一番の頻出語彙。
こないだ、ふと気づいてみれば「ありがとう」だった。
ありがとう、は「やさしいねぇ」とセットで使われることが多い。
ほかに、ごく普通ながら「かわいいねぇ」もよく出るかな。

残念なことに、あまり聞かれないのが「おりこうさん」。
わが家はお馬鹿ちゃん密度の高いことwww
ま、飼い主に似るんだから、しょうがないか(笑)

投稿者 hina : 23:55 | コメント (4)

2008年02月29日

すみこる。

25日で雑誌の仕事が一息ついたと思ったら、3日月曜日までノンストップ。
こんなオニのようなスケジュール組んだのは、どこのどいつだ〜い?
・・・・・・アタシだよ!
その後も仕事が立て込んでるので、翌火曜日は絶対休息日にするって決めたのに、
金曜朝締め切り大至急400ページの仕事を受けたのは、どこのどいつだ〜い?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ア、アタシだよ〜ぅ(泣)

うわ〜〜〜ん、馬鹿バカ!! アタシのブタ野郎ぅ〜!!(ToT)

その合間を縫って、エイズキャリア、パールの通院。
また別の日に、前から予約を入れていたスーちゃん、一日入院で歯石取り&抜歯ケア。
どっちもたいしたことなく、順調に済んでよかった☆


スーちゃん「もう、お口痛くないの♪」

長丁場を乗り切れるかどうか、今回も我ながらスリリング。
この緊張感は私にとって、ほとんど一種のゲーム。
だから体力的にはキツイけど、意外と楽しめたりもする。
ゲームだったら勝ちに行かねば。なんちて(笑)

頭がぽっぷんキャンディ☆爆発寸前!となったら、
ほんの数分でも横になって目を閉じているだけでずいぶん違う。
(このとき、うっかり眠り込んでしまわぬよう、注意!)
仮眠は、集中して短時間(1〜2時間くらい)深く眠るのと、覚醒したまま目だけ閉じて体を休めるのと、使い分けるのが効果的。
ほんとか?

もう何書いてんだか、むちゃくちゃだ〜い。
さて、ガンバるんば☆

投稿者 hina : 21:47 | コメント (0)

2008年02月20日

後悔。。。

ひとたび、口から発せられた言葉は、
もうどんなことをしても、決して取り消すことができないのだとわかっているのに、
それでも、どうしてあんなこと言ってしまったんだろう・・・と思うような言葉が、
つい口をついて出てしまうことがある。

今日もまた・・・
何で言っちゃったんだろう・・・
私ってば・・・はぁぁぁ。

朝、チャーリィに向かって、
ふと・・・・・・言ってしまった。余計な一言。

「ラ〜イ♪」・・・・・・・・・・・・・・・・。

藤崎マーケットが好きなわけじゃないのに。。
「ラララライ体操」にハマってるわけじゃないのに。。

チャーリィは美しいグリーンの瞳に深い深い哀れみの色を浮かべ、
「・・・・・・ふっ」と言って横を向いた。

「ふっ」て言った!!!
絶対言った!!!!!

ああああああ。母ちゃんを軽蔑しないで。
嫌いにならないでぇぇぇぇぇ!!!!! NOォォォォォォォォ!!!!!(ToT)


「もう、面倒みきれまへん・・・」

投稿者 hina : 01:39 | コメント (4)

2008年02月14日

お願いっ!!

あおぞらと、ミーチのふたりのおばあちゃんに告ぐ!

目を開けたまま寝ないでぇぇぇっっっ!!
あと、呼んだらすぐに反応してちょうだいっっっ!!!
もうっ!母ちゃんは夜中に寿命が縮んだよっ{{(>o<)}}

あ、ちなみに、あおぞらは、男顔なので、よく男の子に間違われるのですが、
女の子なのですね、いちお。
もうおばあちゃんなのですけれど、元気げんき♪


眠り方のお手本を見せてくれるトモとチャーリィ。
りりしいね、トモ☆
チャーリィはもしかして、笑顔?
いい夢見てるのかな。。

最近、チャーリィがほんとによく、ほかの子の面倒を見てくれる。
それがとても嬉しい。
前は、ほとんどひとりでいて、誰とも絡まなかったから。

外ではいちばんの古株で、ボス的存在だっただけに、
器の大きさを感じさせる。ちょっと気難しいところもあるけれど。
やっぱり男前だよ、チャーリィは。

投稿者 hina : 13:03 | コメント (3)

2008年02月13日

世話焼き母ちゃん

賢く可愛いりんちゃんが、
最近何かというと、せっせと私の頭を毛づくろいしてくれます。
「母ちゃんたら、駄目ねえ」ザリザリザリ・・・
「こんなボサボサ頭で」ザリザリザリザリ・・・。

ち、ちがうのよ、りんちゃん。。
これは一応、YOUちゃんみたく(どこがやねん!爆)
ふわっくしゃっ☆となるように、一生懸命セットしてるのよぉ〜。

そう言うと、りんちゃんはとても不思議そうな顔で私を見上げます。
「それで? どこが?」と言いたげ(笑)
やさしくて、よく気がつくりんちゃん。ありがとう。
小さな母ちゃんみたいだね。うれしいよ。

そういえば、髪切りに行ってないなあ。
今月はやっと少し暇になったからおいでよ、と言われているのだけれど、なかなか・・・
まあでも、春になるまでに、ちょっとくらいは手入れしておきたい気分。
2月も半ば、そろそろ春の兆しが感じられるころですねえ。
夏と同じくらい大好きな季節の到来です。

投稿者 hina : 11:14 | コメント (0)

2008年02月08日

戦い済んで・・・

締め切り後、インターネットの履歴を見ると、
「モズクガニ」だの「平維盛」だの、なんじゃらほい??と思うような、
普段の私の生活圏から、およそかけ離れた、単語の検索一覧がだーっと出てきて、大変興味深いです。
ま、必要だからググったんですが。

りんちゃん、かわいい〜☆

邪魔な前髪をよく、ちょんまげ状にして仕事に没頭するのですが、
夜中、疲れたかあちゃんが、前髪を結び直そうとして、
ふと、隣で眠っているりんちゃんの頭の上にのせてみました。

そしたら!!
似合う〜〜〜〜〜♪
帽子だかなんだかわかんないけれど。
で、きゃあきゃあ言って写真を撮ろうとしたら、
目を覚ましたりんちゃん、ものすごい迷惑そう・・・

***************************************

どうにかこうにか、やっとひと息です。

身近で目撃された方もあるかと思いますが、久々にかなりテンパってました(笑)
フリーズした体から幽体離脱した中身は人工衛星と化し、地球をぐるぐる回ってましたもん。

過ぎてみると、なんちゃないことなんですが、個人的に大きな案件がいくつも同時進行しておりました。
頭から白い煙が出るほど、悩み迷い決断し、それがまた行き詰まり、頓挫し、また新たに突破口を切り開き、と思ったら別のほうから火の手が・・・みたいな状態で。もう、一家の小船は荒海のなか、もみくちゃにされながらも、無我夢中。
そして、なんとか乗り切りました。今回も。スリル満点、崖っぷち。

一家の皆、がんばってくれて、助けてくれて、ありがとおおおお。
ここでもまた、たくさんの人の手をお借りしました。
こと、パソコントラブルでは、時には夜中に駆けつけてくださったり、
たびたび、大変なお手数をおかけしてしまったお師匠様〜〜、
本当にありがとうございました。
師匠、絶対先生に向いてますよ!レクチャー、とてもわかりやすかったです。
サルでもわかる、ならぬ、ひなでもわかる名講義☆
(でも、たぶん「やだ!」って言うんだろうなあ・・・笑)

そして、あまりのHard Daysにさすがにめげそうになるとすかさず、
腹を抱えて笑ってしまうような素敵なアクシデントをいつも用意してくださる、
私の人生シナリオ執筆者である神様へ。
今回もすごい面白かったです。感謝。

そんなわけで、もうすぐまた新しいことが始まります。
気を引き締めて。気合を入れて。うっしゃー。
前へ前へ・・・!!

ミーチ、たいちゃん、りんちゃん、通院組も皆元気です☆
もちろん、私も。
最近、人生でいちばん大量にココアを飲んでいるかもしれません。
幸せ〜♪♪

投稿者 hina : 01:50 | コメント (2)