●ひなびた日記/06年12月●


古い日記はこちらから→日記 index

04年5〜7月8〜9月10月11〜12月
05年1月2月3月4〜5月6月7月9月10月11月
06年1月4月5月7月8月9月

12日記

12月4日「ビー君のこと」 12月31日「ゆく年」

06/12/31「ゆく年」

 本日の登場人物

  どんちゃん  もんち


近所のスーパーで福引きをやっていました。
2000円で1回くじが引けます。
いつもは2000円以上の買い物なんてめったにしないのですが
お正月は三が日、スーパーがお休みなので、
そのぶんしっかり買いだめしたら、2回引けました。

そしたら!なんと!
1等と3等があたりました!!!
ええーーっ。
誰だれ?わ、私?と思わずきょろきょろしてしまいました。

1等2000円。3等500円。
1等の人は、名前が張り出されます。
(うわー恥ずかし;)

福引きで当たったことなどこれまで一度もありません。
ほんとにささやかですが、幸せな年の暮れでした☆



おかげさまで今年はとてもいい年になりました。
女性誌の占い風に言うなら、
「出会い運、絶好調!まさに飛躍の年!!」
って感じでしょうか。
まだまだ飛躍途上ではありますが、
今年は本当にたくさんの素敵な出会いがありました。

新しいお家に旅立った子たちの里親さんをはじめ、
その半分は猫関係ですが、それ以外でも、
うちのちび&おでぶにゃんたちがいるからこそ、
前向きに頑張れて、そのおかげで出会えたのだと思います。

なかでも、私を再び芝居や映画の世界に連れ出してくれたショーゴっち、
皮切りが大人計画の「ウーマンリブ先生」だなんて最高でした。
ありがと。

そのショーゴっちのお母さんが突然倒れられてしまった。
その大変さが身に染みてわかるだけに、
そうでなくても体の弱いショーゴっちまで倒れないよう、
ハラハラしながら祈るしかないのだけれど、
どうかできるだけお母さんの傍にいてあげてほしい。
仕事のフォローはまた後でもできるから。
とても仲のいいご家族なので、よけいに胸が痛むけど、
でもね、ショーゴっち、いいことも絶対あるから。
頑張れ。



「お忙しいとは思いますが」ってほんとに忙しい。
頭のなか、スパークして真っ白。
48時間くらい寝てないと、次に目覚めたときには軽く記憶喪失。

  

でもでも、そんななか、もんち君につけてあげた赤いリボン。
クリスマスケーキについてたやつ。
あんまり可愛いので、クリスマスはとうに終わったけどそのまま。
可愛い男の子に、女の子の服を着せるママの気持ちが
少しだけわかったような(笑)

 

人工授乳していた赤ちゃんの時
何度も死にかけた弱ヨワもんち。
その彼が最近少しふっくらとしてきて、
ただもうそれだけで得も言われぬほど幸せなワタシ。

 

ものすごく充実して満たされてます。
やっただけの結果はついてきたと思うし、
まだまだ新しいことに挑戦できるヨロコビ。

神さま、そして猫の神さまにも深く感謝。
たくさんの素敵な出会いに感謝。
みなさんのおかげです、って
とんねるずの番組みたいな台詞を
本当に何度となく心につぶやいた一年でした。




キヨちゃんへのお問い合わせは今のところ一件もなし。。
新しいお家でお正月を迎えさせてあげられたら、って
ひそかに思っていたんだけど。。
またキヨちゃんとお正月を過ごせて嬉しいよ。
最近お腹の調子いいもんね。気長にご縁を待とう。

おとなしい、いい子だからこそ酷い目に遭う。。
キヨちゃんの苦労を聞いた動物病院の先生が
すごく熱くなって怒ってくれたことを忘れない。

外は寒いのに、嬉しくてあったかい気持ちになりました。

来年も皆様にとって、すべての動物たちにとって
よりよい年になりますように!!



先日11/4にトップページでご報告したように、
無事、京都に旅立ったどんちゃん、
早くもブラッシングをさせてくれ、
あの可愛い空気ぺろぺろも 披露してくれたそうです!

どんちゃんの里親さんは、実は以前、私が募集をかけていた
マロンちゃんというわんこをもらってくださった方です。

以前ご旅行された折、京都がとても好きになり、
いつか住みたいとおっしゃっていたのですが、
あっという間にその夢を実現されたのでした。
どなたかお知り合いがいらっしゃるわけでもなく、
ご自分で不動産屋さんと交渉され、
見事素敵なお家を見つけ、わんにゃん大家族ともども、
お引っ越しを無事果たされたのです。

彼女は私よりずっと若いのですが、
その行動力にものすごく刺激を受けました!
本当に私の里親さんは、皆さん素敵な方ばかり。
私のひそかな自慢です。

以前うかがったとき、ご自分で保護された子たちなど、
まだ皆、子猫だったのですが、立派な青年猫に成長してました。
恥ずかしがり屋のマロンちゃんは、
お気に入りのおもちゃをくわえたまま、
ちょっと離れたところからチラ見(笑)。
ミッキーのお洋服がよく似合ってましたよ☆

私が大ファンの先住犬・ちび太君は本当に天真爛漫な
日だまりみたいにあったかい子です。
興味津々で、到着したばかりのどんちゃんの匂いを嗅いでいました。
その日の京都は、まるで9月の残暑のような気候で、
どこまでも続く青空!
汗だくになりながら、どんちゃんをかついでいったあの日のこと、
ずっとずっと忘れません。

どの子のことだって、忘れられないし忘れたこともないけど、
それぞれ皆その子に何よりもぴったりな素敵なお家に旅立てたこと、
その奇跡に震えるほどの感動と感謝の気持ちでいっぱいです。
幸せにしてくださって本当にありがとうございます。

******************************
<近況報告>

本日、どんちゃん京都に旅立ちます。
あれやこれや準備&こみあげてくるもの多々で落ち着かず、
バタバタしてるうちに結局、朝。

大好きなブラッシングをいっぱい、いっぱいしてあげました。
君の小山のような背中、かいてあげるといつも空気をぺろぺろする、
その可愛い姿も、わが家ではもう今朝が最後。
今日から新しいお家で、はんなり京男になるんだね。

どうかいつまでも元気で...
送りだす日に想うことはいつも同じ。
泣きそうになるのも同じ。

里親さんは必ず幸せにしてくれる人。
亡くなったお母さんや妹たちの分も、
幸せに、うんと幸せに。。。長生きしてね。
さよなら、どんちゃん。
今までほんとにありがとう。

さあ、行こう。お母ちゃんは頑張ってかついでいくよ。

 

(06/11/04)

▲ページトップへ

06/12/04「ビー君のこと」

 本日の登場人物

  ビー君  どんちゃん 


12月3日の未明、ビー君の訃報が届いた。
少し前に風邪だとは聞いていたけれど
突然のことでとても驚いた。16才。
ビー君は、マコトを迎えてくださったお家の
先住猫君3匹のなかの1匹だ。

アメショーの入ったとても大柄な子で、
お届けに伺った際に、ちょっとだけ会うことができた。
小山のように大きな背中は
陶器のようにつやつやで、とても美しかった。
どんちゃんを思い出させる体型に、ますます近しいものを感じた。

  箱入りビー君

体格どおり、器の大きな男の子で、
マーやんことマコ王子のワガママも
寛大に受け入れてくれるようなやさしい子だった。
白いアイラインと、口のまわりのちょっとだけ白いのもとても可愛かった。
写真の嫌いなビー君は、ちょっと困ったような顔をしているものが多い。

  ますますハンサムになったね

  立派なおひげ&眉毛

頻繁に送っていただく写真のマコは、
ますます男前になり、幸せいっぱいに甘えていて、
本当にかわいい。
そのマコの今があるのは、ビー君をはじめとする
心優しい先住君たちの存在があってこそだ。

  某都知事のアップに思わず顔をそむけるビー君

とても穏やかな最期だったそうで、本当によかった。
あの大きな背中にもう会えないのはとても寂しいけれど。
ビー君、今までありがとう。
内弁慶マーやんに好き放題させてくれて。。

もっと何か言いたいのに言葉が見つからない。
彼らは小さな体で精いっぱい一つの生を生き抜いていくのに、
取り残されていつも、周りでおたおたしてしまう。
ふがいない私。

 
 いつもくっついていた仲良し2匹

ビー君と仲良しだったインディ君、
ちょっと寂しくなっちゃうね。。
弱虫でわがままな王子のこと、
まだまだ手のかかるお子ちゃまだから、
大変だろうけど、これからもどうか面倒みてあげてね。

  インディ君。ピンクの舌がちょこっと。

メールは「世界の動物たちがそれぞれの生をまっとうできますように。
ビー、16年間ありがとう」と結ばれていた。
私はこの言葉に、なんだかものすごく感動して、
ただただ強くうなずくしかなかった。
ビー君、人間も頑張るからね。
ひと足先におやすみなさい。安らかに。。



京都のどんちゃんは、
初日こそ2階の部屋の押入れ上段に籠ったものの、
かなり早くから積極的に探検を開始したようだ。

里親さんが1階にいると、どすん!という音がするので、
それはもう、どんちゃんしかいないでしょう(笑)
というわけで、
トイレもちゃんと使い、ご飯も食べているそうだから、
本当に驚くほど何の問題もなかった。

  手前が長男たから君。美形!

先住猫のなかで長男的存在の たから君が、
最初から威嚇することもなく
受け入れてくれたのが大きいのだろう。

どんちゃんも、たから君のことが大好きみたいで、
なんとか仲良くしようと、
懸命なアプローチを試みているらしく、
想像するだけで、微笑ましい。

 
 どんちゃん、おずおずとアタック。頑張れ!

さて、そのどんちゃん、
「カーディガン着てるみたいですね〜可愛い!」
と、里親さんからのご指摘。

わあ!ほんとだ! 気がつきませんでした。
というわけで、可愛いカーディガン姿をご披露。

  「似合う?」

なんだかみんな、迎えてくださったお家で
より可愛くなっているような気がします〜
写真を見ては顔がゆるんでしまう私です。

▲ページトップへ

古い日記はこちらから→日記 index

04年5〜7月8〜9月10月11〜12月
05年1月2月3月4〜5月6月7月9月10月11月
06年1月4月5月7月8月9月

TOPへ