« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »

2005年02月27日

アンちゃん効果 その2

今日から出張のじいやを見送って帰宅するとちょうど夕方ご飯の時間。
外の喧騒をさばいて戻ると、茶とらん坊は早くちょうだいと鳴きながら二階で待っていた。おお!
ご飯を差し入れてもそのまま。恐いのを踏ん張って我慢して食べ始めた。おお!
その後お嬢さん方が私のご飯〜!と騒ぎ始め、そっちに気をとられちて中断しちゃったんですが・・・
アンちゃんのおかげで人間の信用も増したようです。

*********
トイレ掃除で気が付いた。アンちゃんのトイレ今日は未使用。ちゅるると兼用か?

投稿者 baya : 18:43 | コメント (2)

2005年02月26日

アンちゃん効果

アンちゃんは一歳三ヶ月くらい。若くてお肌じゃない、毛皮つやつや、俊敏、好奇心旺盛。彼女が来てからちゅるるも若返って、同じように羽根じゃらしに飛びつくようになった。ま、重いので立ち上がった程度ですが(^^)。

手前:ちゅるる  奥:アンちゃん
大きさがかなり違って見えるのはパースのせいではありません(^^;

一方、隣の部屋にいる茶とらん坊はとても猫が好き。ちゅるるのことも好きなのに、いつもつれなくされている。
アンちゃんが来てからというもの、彼女たちが気になって仕方がないらしい。今日も2匹を遊ばせていたら、気配を察して切なげに鳴く。様子を見に行ってみたら、ケージの一階に降りていて、一所懸命アピール。お前さんもこっちに来る?とケージの扉を開けてみたけど、それは恐いの。そうですか。
ということで、お嬢さんたちを出入り自由にさせてみた。アンちゃんは部屋を一巡りしてからケージの近くも探索。ちゅるるもアンちゃんにつられてうろうろ。
茶とらん坊はかなりうれしかったらしい。明日はもっと近づけるといいね。

投稿者 baya : 20:34 | コメント (2)

2005年02月25日

親子?

アンちゃんとちゅるるは鼻キスなんぞして、だいぶ仲良くなった。
それをいいことに?ちゅるるはアンちゃんを遊ばせているカーペットの真ん中にやって来てごろーん。おもちゃを振っているとデブン!と飛び掛り、小柄なアンちゃんをびっくりさせている。
そう、ちゅるるはアンちゃんの2倍はありそう。体重も見た目も・・・(T_T)
二匹でいるところはなんか親子みたい。

投稿者 baya : 13:06 | コメント (0)

2005年02月22日

里帰り

昨年保護した子猫が大きくなって帰ってきた!

#鮭じゃないんだから・・・

実は、しばらく出張続きのご主人Mさんから預かり中。
どういうわけか、ちゅるるはこのアンちゃんに対してすごくお姉ちゃんぶる。だいじょうぶよーと言いたげに寄って来て、フーシャー言われても泰然としてるし(時に退散するが)、遊ぶ姿をじっと見つめている。ま、そのうち我慢できなくなっておもちゃに飛び掛ってシャーって怒られるのはご愛嬌。

アンちゃんの方は、残念ながら、なによこのデ・・・(自粛)って感じです。


投稿者 baya : 21:40 | コメント (0)

2005年02月20日

猫の手も借りたい、が、しかし・・・

じいや、出張が近づき〆切りに追われる日々。
ちゅるるはかまってもらえずに不満。しかしポジティブ?な彼女は実力行使で現状打開を図る。具体的には、じいやのひざに登って机に手を伸ばす。更に机に上がりこんでマウスを腹の下にたくし込む。マウスがどうやら諸悪の根源だと判断したらしい。そのグラマーなボディにはばまれて、当然ながらマウス動かず。


いけないマウスを退治しました by ちゅるる

*************
続報:キーボードも退治された模様。

投稿者 baya : 05:18 | コメント (1)

2005年02月18日

空気読め

さて、ヴィーノも戻っていつもの夕方ごはん時。「ごはん〜!はやく〜!」の合唱が最高潮に達した時、宅急便のお兄さん現る。
他の仔はさすがに散ったのに、ダメダニャンだけは塀の上からひたすら鳴く、泣き喚く。お兄さんの頭に降って来そうなほど身を乗り出して。
馬鹿だねえ、おまえ、ほーら笑われてるぞ。

それにしてもコイツには警戒心というものが無いのか?ごはんの時には忘れるのか?
そういえばこの前も知らない人が来ても食べつづけていたっけ。

投稿者 : 11:35 | コメント (2)

2005年02月16日

おわびと訂正

1/18の日記でヴィーノだと紹介しているのは「恐クロ」の間違いでした。
情けなや〜

左:ヴィーノ  右:恐クロ

こんなに顔が違うのにどうして間違えたかというと
・黒猫だと自動的にヴィーノだと思う癖がついている。
・恐クロの写真を撮った時、近くにアリスとポン太もいたのにくつろいでいた。
・恐クロも人をおどすでなくご飯をねだるでもなく、落ち着いていた。

思えばこれが恐クロとのファーストコンタクトだったのです。

さて、こんな下僕に嫌気がさしたのか、気が付いたらヴィーノ君の姿が見えない。お互いに相手が姿を確認しているものだと思っていたら、どうも3日ほど見ていないかも、という話に。もしかして家出?ひええええ〜!

と青くなっていたら、すっかり日が落ちてから、盛大な鳴き声がする。「腹減ったー、ごはん〜!」そういえばここんところ、夕飯の時、割と静かだったな<当社比
姿を見てほっとし、ご飯出てるでしょうが?いやこれまずいもん、もっとおいしいのとかいういつもの押し問答があって、すっかり日常のペース。後ろめたく思ったシモベはなまり節を差し出したのでした。

投稿者 : 13:28 | コメント (0)

2005年02月14日

一発芸

ばあやが、こんなものを見つけた。(←すぐになくなりそうなので、お早めにどうぞ)

で、「んじゃちゅるるでもやってみようか」ということになって、
やってみた。







マウスオーバー後の画像が実際のお腹。マウスオーバー前は「せめてこうだったらいいなぁ」というじいや&ばあやの願望。

....全然だめじゃん_| ̄|〇

投稿者 : 23:33 | コメント (0)

2005年02月11日

趣味は猫・・・

へその緒付きで保護された3ニャン(プラス1ニャン)家にまたまた遊びに行き、うーん、どの子もなんて美猫なんだ、しかも愛想良し、わが身(と猫)を振り返りながらの帰り道。

じいや「(自分の)趣味は猫かなあ」
ばあや「へ?」


なんでも更新を楽しみにしてるHPがあって、その方は実に忙しそうなのに趣味についてもとても精力的にレポートを書いていて、自分をかえりみるとサテ趣味はナンだろうと悩んでしまって考えついたら、ということらしい。

ばあや「猫?って、それは趣味じゃないと思ふ」
じいや「うーん、でもライフワークじゃないし、仕事じゃないわけだし」

だ、ダイジョウブカ・・・

投稿者 baya : 23:14 | コメント (0)

2005年02月10日

変なもん食べさせたでしょ

一昨日の朝、ご飯の途中でキリー君吐く。
でも大丈夫そうだったので、がっついたせいじゃないの〜と軽く考えていたけど、その後ハンスト。
結局40時間ほど絶食。
たまに出て来ても、いつものご飯を出すとくるりっとUターン。
こりゃあいよいよ通院しかないかと思ったら、スペシャルご飯をしっかり食べてくれて、やれやれ、ほっ。

しかーし、もうちょっと食べようかな、もういいや、あ、まだ食べられそう、というわがままに付き合っていたら4時間くらいかかってしまいました。しかも深夜から明け方・・・うわーん。

普段の食事は腎臓用の療法食、それだけだと食べないので、シニア用の缶詰と混ぜて食べさせている。どうもその腎臓用の療法食が吐いた原因ではないかと「勝手に」判断したらしく、シニア用の缶詰を目の前で開けると、安心して食べる。というわけで、スペシャルじゃないスペシャルご飯をあげてます。これじゃいけないのよ、はああ〜。

投稿者 baya : 19:15 | コメント (0)

2005年02月06日

ああーぁやんなっちゃった

ばあや大好きキリー君。
じいやにはちょっと冷たいキリー君。
うへへへ、やっぱり私の方が好きなのだな、なんて可愛いんだ。

が、

これが両刃の剣。
明け方三時に起こされて、トイレを使ったよ片づけておくれ、ハイな気分だから猫じゃらしを振っておくれ、お腹がすいた〜etc
ね、眠い〜。

やっと要求に答えて今度こそ寝ようとすると、「やっぱりもうちょっと食べたい気がするです」とか、「もうちょっと遊びたい気分なのです」コール。

最新のダイエットに関する研究では、良く寝るほうが太らないという結果が出たそうですが、そんなわけで私の失敗はキリーに原因があるような気がする。


投稿者 baya : 21:26 | コメント (0)

2005年02月03日

キリー元に戻る

ワクチン接種の後、一日半ほど怒って引きこもっていたけど、すっかり元通り。
お腹揉んで〜とやって来て、終わったらご飯ねと要求。

この写真はかなり古くて、一昨年のサマーカットの頃。でもあられも無いお姿なのは同じ(笑)

今回はばあやが捕まえたというか、追い詰めてキャリーケースに入れたので、敬遠されても仕方ないと思っていたんだけど、意外に早い復活。じいやは予想で「ばあやを嫌うとご飯も食べられないし、大好きな腹揉みも楽しめなくなる。だから、今度もきっとオレが仮想敵になるんだー、また嫌われるんだー」とかのたまわってたんですが。

まさかと思ったけど、当たったようです(笑)。
じいやが仕事場に去るやいなや、布団からいそいそと出て来たよ。

投稿者 baya : 22:56 | コメント (1)

2005年02月02日

育ちざかり?

乗り出して話し掛けてきたり、トイレ掃除を覗き込んでみたり、けっこうカゴから出てくるようになった茶とらん坊。
ここ二日、夕方ご飯を出して、順番最後のちゅるるご飯を出しに行って戻ってくるとすでに2階に降りてきて食事中(^^)。そのまま食べ続けるのは怖いらしくてフリーズしちゃうけど、たいした進歩。

朝にはご飯を片付けているのだけど、昨日じいやに「持って行かないで〜」とアピールしたそうな。やっと言葉がわかるようになったのね、すごいわ>じいや。ドライはまだ残っていたのでそのままにしておくと、夕方には一粒だけがちんまり器に貼り付いてた。

ちゅるるの3倍は食べていると思うけど、太らないのが摩訶不思議。

投稿者 baya : 08:33 | コメント (0)

2匹追加?

ばあやも書いて いたけど、最近ニューカマーと思しき方がいらっしゃる。

まずはニューアリスというか、テレス。アリス・チュルルにそっくりさん。おまけに、どうもアリスが積極的に誘導してきた節がある。なんでテレスかというと、知人の所の猫が「アリスとテレス」という命名で(笑)、それをそっくり頂いた訳であるが、その後アリスとちゅるるに名前が変わり、テレスは宙に浮いていた形。ところが3人目の兄弟と思しきところから、テレスの名を当てることに。

このテレス、今は夕方だけ来る。大体1日おきぐらい。まだじいや・ばあやとも怖いのか、近くには寄ってこないのだが、猫缶を出すと真っ先に頭を突っ込んでくる(笑)。完全にレギュラーに加わった感じ。

ちなみにぽん太やヴィーノはいまいち気に入らない様子であるが、なにしろリーダーたるアリスが招きいれているので、文句が言えないといった感じである。そのうちちゅるるとも対面させてみたいが....


さて問題は恐クロの方。恐い黒猫ということで、まぁレギュラーで来るなら名前をちゃんと考えようかな?という感じ。というか、名前を付けたりすると余計居座られそうな....

さてこの恐クロ、性別はいまだに不明。大体朝方にやってきて、バイクの影に置いた猫皿の前でてこでも動かず。ぽん太やヴィーノは全然太刀打ちできず。気合負けという奴でしょうか?情けないのがアリス。友好的に、「いっしょにご飯を食べましょう」的に、後ろからゆっくり近づいてゆく。と、振り向いてにらみつける恐クロ。2秒もしないうちに、アリスが負けて後ずさり。離れたところでごろんごろんごろ〜ん、ってあんた....

人間を見ると最初は相変わらずそシャーシャーうなるのだが、ご飯を見ると愛想良い鳴き声に変わる。で、がっついたあとは優雅に毛づくろいなどしてから、これまた優雅に去ってゆかれる。この間APVデブはシェルターに篭って出てもこない(笑)

唯一空気を読まないのが駄目。「僕にも〜〜〜」と塀の上から延々と鳴く。恐クロは地面に置いた皿から食べるんで、僕には関係ないもんということなのかもしれんが、今に追いかけられても知らんぞ....

# 今のところ撮影の機会なし。そのうち撮れたら掲載します。

投稿者 : 06:56 | コメント (2)

2005年02月01日

あさっては節分

トップページを更新しました。自分の思いを託しております(^^)。

写真は撮影中の一コマ。ちゃんとモデル料(カツオのタタキ)払ったのに・・・

投稿者 baya : 19:10 | コメント (1)