« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月28日

可愛いギャオスしかれどギャオス

この雨の中今日もやってくる、可愛いやつめ。


「くれるよね?」


あー、でも、このご飯は嫌いなのっておっしゃるのですね・・・
そうですか・・・


投稿者 baya : 18:57 | コメント (1)

新ラバーブラシ

先日ばあやがどこからか、「このラバーブラシはイイらしい」と聞きつけてきた。身の回りだと、ちょうどアンちゃんの下僕が使っている模様で、様子を聞いたところ割と良い返事がかえってきた。

そこで、居間(キリー君)用と仕事場(ちゅるる)用、それに最近猫を飼い始めた妹用に3つほど買って見る。

右のブルーのものは、これまで使っていたラバーブラシ。中央と右が今回購入したもので、中央下が長毛猫(キリー)用、中央上と左が短毛猫(ちゅるると妹のところの猫)用である。

BENONのサイトの写真でもわかるが、ブラシの形状が割と面白い。

意外にブラシの丈は短めで、しかも手にはめて使うこともできるあたりは賢い。しかも、1個1200円、2個以上だったら1個1000円の筈なのに、3つオーダーしたら何故か2700円だった。

ということで早速被験者1に実施してみる。

これが御覧の通り、案外に好評。特にあごの下とか顔の横がとても気持ちいいらしく、最近はブラシを見ただけで顔を突き出してくるほどにまでなった。勿論それ以外のところもゲシゲシとブラッシングしてやる。で、15分ほどブラッシングすると

という有様。キリーにやった結果も良い様で、キリーもすっかり気に入った模様。

こんなことなら外猫の分も買うんだった、とちょっと後悔。

投稿者 : 04:11 | コメント (3)

2005年03月27日

ギャオス

恐クロ改めギネスとか言っておりました彼ですが、「ギャオス」に改名いたします。


うーん、可愛いの正反対にいるね、キミは(^^;

猫の法則その21(他は後で考えます)

最初は「お腹が空いて死にそうです。」と言って、出されたものは喜んで食べてくれる。
しかし、しばらくすると「これはまずいから違うものを」と要求するように。

他の子の食べ残しやら、口すらつけずに残したものでも、うまそうに食べていた恐クロにもしっかりこの法則が働くようになりましたよ、とほほほ。

で、違うのちょうだいの甘え声がにゃ―ではなくギィャーとかギャーとか聞こえるので、「ギャオス」と呼ぶことにいたしました。本人はポン太にうなられても、ひたすら我慢。手を出すでもなく性格は良さそうなので、気の毒な命名かもしれませんが、どう見ても悪役といった顔つきもなんだか似ているような気がします(笑)。

投稿者 baya : 10:34 | コメント (2)

2005年03月24日

アンちゃん帰省 

昼過ぎ、おウチに帰って行きました。
一ヶ月強預かり、なついてくれていたので寂しいです。
もっと寂しがってるのは茶とらん坊かも知れない・・・(^^;

#次は6月(笑)

投稿者 baya : 19:13 | コメント (2)

2005年03月22日

天然猫フェロモン

週末、あおぞらさん来訪。
お使いのノートパソコンの中身のリニューアルで、私はノータッチだったのですが、じいやの作業がすごく時間がかかってしまって、ほんとに申し訳ないことでした。

それとは関係なく・・・
さすがだ〜!と思ったのは、アンちゃん&ちゅるるはもちろん、外の子達ともすぐ仲良くなっちゃうこと。マタタビのお土産持参といっても、恐がりのヴィーノまで触れそうなくらい近づいている。うー、私にはまだできないのに。

#きっとこの人は尻尾を隠している・・・ひげもそってるのかも・・・

投稿者 baya : 19:20 | コメント (3)

やんちゃ

最近完全にわが家の猫と化しているアンちゃん。最近は一挙手一投足をおねえちゃんことCデブに学んでおり、しぐさがそっくりだったりする。とはいえ、まだ若い分、多少やんちゃが過ぎることも。


やんちゃの例。

袋に頭を突っ込んだら外れなくなり、困ってじいやの所にやってくるあたりは可愛いのだが、外そうとすると何か恐くなってか逃走しようと試みる。そのまま逃げたら首吊りになるがな。

というアンちゃんとの蜜月の日々もあとわずか。でも飼い主にアンちゃん2世を渡せば問題は解決か?(笑)

# だれをアンちゃん2世にするかは決めてないが、有力候補は駄目、Pデブ、Aデブあたりだろうか?ギネスという荒業もありそうだが....

投稿者 : 00:16 | コメント (0)

2005年03月18日

末っ子?

ヴィーノは恐がり、甘ったれ。
みんなそうじゃん、とじいやは笑うけど。

アリスより年上疑惑があるものの、アリスをお兄ちゃんのごとく慕っている。
そしてご飯の時には人一倍大きな声で延々と鳴く。
ちゃんともらえるのわかってるのにね。

更にドライは嫌い、缶詰もしぶしぶ。
で、昨日のご飯、マグロのアラだと大満足なんだそうで。しゃーわせそうでした(笑)


近所の魚屋さんで夕方50円になってたのは内緒。

投稿者 baya : 00:32 | コメント (0)

2005年03月17日

愛ならなんでも

キリー君が甘えんぼだ。
昨夜は暖かかったせいか、ばあやの腕枕でうとうと・・・ひげがくすぐったいんだけどうれしいなあ〜、こんな日が来るなんて!

一方、オーバーワークがたたってか背中の筋肉がカチカチになり、ぎっくり腰一歩手前まで行ってしまったじいや。一昨日も昨日も整体&鍼治療に出かける。なんでも「腰は治って本人は死ぬ」ってほど辛い思いをしたらしく、さすがに仕事場でごろ寝は自粛。

てなわけで、ばあやに甘ったれ、その後「かさこそ」を楽しんだキリー君。突然?現れたじいやにびっくりである。


・・・顎撫でられてごろごろ。

投稿者 baya : 09:29 | コメント (0)

2005年03月15日

おんもに出てみるその2

朝起きて、茶とらんのケージを見ると、茶とらんがいない。

おや、どこかにお散歩してるのかしらん?

で、あちこち見てみるが、気配がせず。つーか、そこらを出歩いていれば、アンちゅるが何か反応するはず。

「さてはケージのそばに隠れたか?」と思ってみてみると、か細い茶とらんの声がする。

「なーんだ、隠れてたのか」と思って荷物をどかすと....いない。

「???」と思って荷物を全部どかしてみるが、行方不明。でも声はする。

「まさか」と思って、浴槽の蓋をめくってみると、茶とらんが勢い良く飛び出してきた。

....いや、どうせもうここ7年以上浴槽として使ってない(物置)から危険ではないんだけど、一応蓋をしておいたんだが。どうも蓋の隙間から入り込んだら、閉じ込められてしまった模様。そらま、上にモノ載せてあるから簡単には開かないわな。


脱出後、ケージの上で「ひどい目に会った」と主張する茶とらん。いやそれ悪いの我々ですか?

追伸:30分ほど放置したら、落ち着いたのか自発的にケージにお戻りいただけました。まぁとりあえずここは安心ということらしい。

投稿者 : 11:17 | コメント (7)

2005年03月14日

おんもに出てみる

最近少しだけ歩み寄ってくれた茶とらん坊。以前より感情を出すようになる。具体的には、お腹がすくとご飯を催促する鳴き声を出すし、お嬢様方に振られたあとは拗ねて籠の中にうずくまってみたり、果てに「何とかしろ」とかこっちに言ったり。

....いや、どうにもならないんですが。言われても。

とは言いつつ、少しでも慣れてくれることを期待して、外部に逃亡できない様に玄関をロックした後は、ケージの扉をオープンにして、居間への戸も開けて、交流できるようにした。とはいえ、流石にまだ恐いのか、なかなか出てこないのは仕方が無いところ。

こんな感じで、半ば壊れかけの籠の中の毎日である。とはいえ、時々落ちるはずの無い妙なものが茶とらんのケージのそばに落ちていたりして、「ひょっとして外に出てきてる?」てな感じはちょっとあったのも事実だ。

# 新カメラ投入で、ケージの中にレンズを突っ込めるようになって、やっと全景を写すことに成功(笑)

ところが今日の夜、妙に茶とらんの声が響く気がする。ふと仕事場から台所を覗いた瞬間、ケージに掛け戻る茶とらんの後姿が!

....どうもアンちゃんが台所探検に出かけ、それを見た茶とらんが「構って〜!!」とケージから出てきた模様。もっとも求愛(?)は今回も実らなかった模様であるが。まだ人間は恐いようで、じいやが近づいても身動きしないのだが。まぁこれはまだ慣れが必要だよなぁ。

それにしてもアンちゃん効果か、茶とらんの態度が日々変わってゆくのはある種感動である。あと1週間ほどウチに居る予定だが、もう飼い主のことをすっかり忘れているのだし、この際もう少し居ていただいて、コンパニオン役を務めて欲しい、と切に思う次第。傷心の飼い主様には駄目デブ雄の詰め合わせセットを贈ると言うのはだめだろうか?


左が功労者のアンちゃん、右が相変わらず役に立たないCデブ。

投稿者 : 22:31 | コメント (5)

かさこそ

久々にキリーの話。

ダンボールに猫じゃらしを這わせるときの「かさこそ」いう音がたまらないらしい。
もっと「かさこそ」やって〜!というリクエストが熱い熱い。

夢中な姿はかわいいんだけど、ただそれが決まって明け方なのがなあ。

昨日は風花が舞ったせいかちょうど雪道を歩く夢を見ていた。なぜか茶碗を取りに行くことになっているようだった(笑)。
すごく眠かったこともあって、猫じゃらしをかさこそ、うとうと夢に引き込まれて雪道をさくさく、かさこそ、さくさく・・・・夢もうつつもなんか疲れました〜。

投稿者 baya : 20:14 | コメント (0)

2005年03月12日

とりあえず仮名

恐クロ、気が付くと毎日のようにやってきている。
そんじゃあ本格的に名前をつけるか。

命名にセンスの無いシモベ、とりあえず黒いから「ギネス」ということに。
でも呼びにくいので変わるかもな〜。

投稿者 baya : 20:28 | コメント (0)

ばかみたいですか?

一昨日はテレスと恐クロが連れ立って来ていたらしい。じいやが目撃。
昨日は恐クロだけが来ていた。ポン太がウォーンウォーンうなり始めると、相手はたいてい恐クロ。威嚇するのは困りものだけど、夜の黒猫に気が付くのはこの声のおかげ(^^)。

さて一方、この声を合図にやってくるやつも<ダメダニャン
ポン太うなる→シモベが恐クロに気づく→ご飯を出す→ポン太をラバーブラシで懐柔

で、この最後の「ポン太をラバーブラシで懐柔」の時に「オレも〜オレも〜」と愛をせがみにやって来るようになってしまった。

彼の中では
ポン太うなる→撫でてもらえる
というショートカットができあがってしまったらしい・・・

そんなわけで左手でポン太をブラッシング、右手を高々とあげてダメダニャンを撫で撫で、しているところを食事が済んだ恐クロがじっと見学しておった。

投稿者 baya : 12:47 | コメント (0)

2005年03月11日

啓蟄。猫だけど

先週の寒さが嘘のように暖かい。
ちょうどその頃は海外出張だったじいやに、いかに寒かったかをこんこんと説明しながら携帯屋に向かった、昨日。
行きも帰りも猫がうろうろ。猫の目線になってあいさつあいさつ。
何人か気になっていた子に会えてしあわせ〜。

投稿者 baya : 11:12 | コメント (0)

2005年03月09日

ひどいおんな(その2)

あんちゃんのパパが、悲鳴の様なメールを送ってくる。

「できればアンちゃんの様子を1回は見に行こうと思っていたのですが、さきほどようやく種子島のレポートが書き終わり、もはや絶望的な時間。
ああ、『この人だれ?』な予感(泣)。」

で、21時過ぎに電話して「見に来ないと本当に忘れられるぞ」とそそのかす。明日からドイツ行きということを無視した、楽しいお誘いである。

そうしたら、泣く泣く来た。

で、感動の対面か...とおもいきや、見事に忘れきっているアンちゃん。つーか、よほど今の生活に慣れたらしい。完全に「おじちゃんだれ?」状態。

刺身で懐柔させようと試みるものの、全然駄目。それよりも今回のアメリカ土産の猫じゃらしの方が気になっているらしい。

結局1時間ほどパパは粘った挙句、泣きながら退散(笑)んで、パパはこのあとドイツ取材1週間に続いて愛知万博1週間の取材が待っているらしい。

....戻ってくる頃には完璧に他人だな。まぁ、家に帰れば思い出すかもしれんが....

2人で猫じゃらしで遊ぶ図....の筈なんだが、ちゅるるは何をしてるやら....

投稿者 : 13:37 | コメント (1)

2005年03月08日

ひどいおんな

ちゅるるったら

日曜日:また茶とらん坊のケージの2階に放り込んでみた。と、茶とらん坊に気が付かないふりをするではないか!
茶とらん坊の方は、こっち向いてよ〜と切なげに鳴き、それでも無視されると肩をちょいちょいっとな。それでやっと鼻キスに応じるちゅるる。

月曜日1:またまた茶とらん坊のケージの2階に放り込んでみた。そこにあるご飯だけ失敬して茶とらん坊を無視。

月曜日2:またまたまた茶とらん坊のケージの2階に放り込んでみた。マタタビだけ失敬して茶とらん坊を無視。

アンちゃんにはけっこう優しいのか、最近はちゅるるお気に入りの場所で一緒に寝る仲になったのになあ。(日曜日にじいやが帰国してからはタバコの煙を嫌ってか、アンちゃん、自分のベッドに戻ってしまいましたが。)
そういえば、食事はドライオンリーにしているちゅるる、アンちゃんに出してる缶詰が欲しくてたまらない。でも決して横取りしたりせずに、食べ残しで満足してるようだけど。
彼と彼女、何が違うのかしら?

投稿者 baya : 23:33 | コメント (2)

2005年03月05日

初!鼻キス

アンちゃんとちゅるるの運動会、茶とらん坊はいつも見学。ケージの外に出るのはまだ恐いので。
それでも今日はすごく仲間に入りたそうに3階から身を乗り出しているので、2階の扉を開けてみた。

出てこない。まあ当然かな。
んじゃまあっと、その辺をうろうろしているちゅるるを捕まえて、2階に放り込んでみた。(お、重い、なんでこんなに・・・)と、3階を見上げて首を伸ばして茶とらん坊と鼻キス!あ、なんだ、仲良くなれそうじゃない。

今日はそれだけだったけど、たいした「それだけ」なのでした。

投稿者 baya : 21:21 | コメント (1)

2005年03月04日

女子部

アンちゃんとちゅるる。最近はふたりで追いかけっこがブームらしくて、あまり人間と遊んでくれなくなりました。
楽ちんだけどちょっとさびしい。

夢中になったちゅるるに踏まれることニ回。椅子から腹に飛び降りられたのが一回。アンちゃんと違って小回りきかず、気もきかず。

投稿者 baya : 10:12 | コメント (0)

2005年03月03日

ひなまつり

だというのに、トップページが節分スペシャルではまずかろう(^^)と更新いたしました。久々のキリーでございます。早く腹を揉めと目で訴えております。

この前ふと耳に触れたら温かかったのでドキッ。よく考えれば最近は寒いせいか、羽毛布団でぬくぬくしているんだもん、無理も無い。今夜は雪だとか、まだまだ寒いなあ。

投稿者 baya : 18:33 | コメント (0)

2005年03月01日

シモベの苦悩

ダメダニャンは他の猫と仲良くなろうともせず駄目なまま、人間には妙になついてしまった。お腹がいっぱいになるとなでておくれをせがむせがむ。幅が3センチくらいしか無い塀の上で、落っこちそうになりながら。
そしてそれを苦々しく見つめるおとこがひとり・・・ぽ、ポン太追っかけないで〜!

左:甘ったれダメダニャン 右:同じくポン太

という事態がしょっちゅう起こって困っていたのだが、なんとなく解決。どうやら、食事の順番に問題がありそうなので、ポン太には専用の皿を皆とは別の場所に置くことにして、邪魔されずに食べられるようにした。更にラバーブラシで撫でながらというサービス付きである。そうしないとまたヤキモチ焼いて怒り出すのだ。シモベもたいへんなのだ。

そっちはまあそんなわけで少し落ち着いたのだが、ニューカマーには相変わらず敵意むき出し。アリスは恐クロとも鼻キスしたりして、気のいいやつというか八方美人。しかし、ポン太は仕事熱心というか、ヤキモチ焼きのせいなのか低音の魅力満載の威嚇音を発し、これがまあ隣近所に響く響く・・・やめてお願い(T_T)。

投稿者 baya : 20:36 | コメント (2)