« 2006年09月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

冬眠?の季節

寒くなりました。菊は満開、山茶花は五分咲き。
猫はそれぞれの巣穴(のようなもの)にこもり始めました。
そのまま冬眠してくれると楽なんだけど・・・でも、ご飯は食べるんだよなあ〜、いつにも増して。


じいやの足元でぬくぬくしている茶とらんとちゅるる

*********
キリーも毎年恒例、じいや布団にもぐりこむ日々であります。
今年はなかなかこのほっこり高級羽毛布団を出さないでいたら、ばあやに添い寝するようになりました。お腹の横で丸くなったり、腕枕で寝てみたり。ああ、それはそれは幸せな日々だったんです。
しかし、そのうちばあやより先に布団にもぐるようになり、布団のど真ん中を占領してどかない。ううう、背中がはみ出て寒い〜。
いやあ、あなどれません。熟睡した猫は、ちょっとやそっとじゃ動きません。発見でした。
このままでは風邪をひく、いやそれ以前にすでに肩や背中がコリコリ・・・で、整体に駆け込んだあたりが情けなや。

またもや「姿を現すのは本猫の腹時計が鳴った時だけの季節」が来たなあ。

投稿者 baya : 03:45 | コメント (1)

2006年11月09日

傍若無人

ご無沙汰しております>皆様

ちょっと出張でずたぼろになって帰ってきた関係で間があいておりますが、そうしたシモベの事情とは無関係に我が家の猫どもはみんな元気でいやがります。特に茶白ん。

新しい隠れ家が出来たら早速確認し

箱がきたらとりあえず入り

ばあやが仕事をしているときにはすかさず邪魔をし

たまに兄ちゃんと仲良く居るかと思えば

実は窓の外にへばりついたかまきりさんをペシペシしようとしていたり

じいやの仕事場で何を立ってるのかと思ったら

機材ごしに向うをうかがうという不思議な事をしていたり

で、遊び疲れるとじいやの机を占領して睡眠。

「ガキには付き合ってられないわ」(ちゅるる談)「ママと一緒ならどこでも幸せ」(茶とらん談)

*****
ま、細かいことを並べ立てるときりがないのですが、外の連中もキリーも概ね問題もなく元気。一番元気がないのが私だっつーのが情けないというか、何と言うか。

投稿者 ohara : 03:46 | コメント (7)