« お客様効果 | メイン | 猫草の代わりにハーブはいかが »

2007年05月17日

ギャオスのその後

2/6に来訪
その後は毎日純缶を平らげ、回復基調にあるかと思えば、体調を崩してしまい、2/11に遂に病院へ。この頃はケージを開けておいても、「ケージ死守」とか自発的に出てこない状況でした。

ただしその後、順調に回復。そこで2/24に懸案の去勢&ワクチンのために再度病院へ。またもやじいやにとっ捕まって、激しく心が傷つくギャオス(笑)。しかも病院に預けたあとで自宅のTAがブチ壊れ、手術完了の電話を受けられずに放置プレイをかますおまけつき。帰宅後は、更に心が傷ついたご様子でした。

だいぶマシになったのは3/10あたり。自発的にケージの外へ。ただし人の気配がすると速攻でケージへ。ためしにケージと玄関の両方を開けておいても、出ない。というか、この頃は玄関をあけておくと天敵ポン太が玄関の前で待ち構えていて、出られなかったらしいんですが。
DSCF7727.jpg
3/15、じいやにカメラを向けられ、おびえるギャオス。そこまでおびえなくても...

もっともこの日あたりから当人も割と元気に。毎日「出せ〜」と主張するように。最終的には3/22、やはりケージと玄関を開けておいたら、ほんの5分ほどの間に、自発的に出てゆかれました。もともと半年とかに1〜2回、ふらっと来る子だったし、とりあえず必要な処置も終わったしということで。

今後も何かあればまた来るんでしょうし、なので来なければそれはそれで正直安心しています。というか、これ以上なにも無いといいなぁ、と思ってるんですが。ただエイズは陽性なんで、また半年位したら「やっぱだめぽ」とか言ってくるかも知れません。まぁそうしたらまた入れてあげることに....なるんだろうなぁ、やっぱり。

**************
ギャオスの件は尻切れトンボになってたんですね。うっかりしてました。
ケージに入れてから気が付いた右足の傷は、その後も何度も出血して痛々しく、どうやら自分でかさぶた(?)を剥いじゃっていたらしい。
そして大量の抜け毛。これも監禁ストレスでむしってしまったようです。

自由の身になって晴れ晴れしているといいなあ。

(ばあや追記)

投稿者 ohara : 2007年05月17日 09:00

コメント

大原じいやさま、ばあやさま、早速の記事をありがとうございます。
お忙しい中せっつくようなことになってしまい申し訳ありませんでした。

どらえもんのようなギャオスくん、今頃はきっと耳を立てて闊歩しているのでしょうね。
経過を知ることが出来て安心しました。
どうもありがとうございました。

投稿者 るる : 2007年05月17日 18:18

コメントしてください




保存しますか?