« ギャオスのその後 | メイン | 猫専用癒し系 »

2007年05月21日

猫草の代わりにハーブはいかが

黒猫ヴィーノ君。
カテゴリーは「デブンズ」に入れてあるけど微妙な体型だった。


ちょっと前までは・・・

070521.jpg
今はこの通り、押しも押されぬ「デブ」。
なのでカテゴリーは問題無し(T_T)。

今日、ばあやが大事に育てているレモングラスをちゃっかり食っているところを目撃。
きゃー!タイ料理作る時に重宝してるのに〜。
猫草はちゃんと用意してるのになあ。

**************
ハーブはもともと野草なので病気や虫に強いはず。
でも例外はあって、その筆頭は「猫」かもしれない。
以前、レモンバームの鉢をどこかの飼い猫(勝手にレモンちゃんと命名)がすごく気に入って身体をこすりつけては倒していたら、いじけちゃったのか育たなかったっけ。

次がアゲハの幼虫。
またもや山椒の木に・・・
とても小さな木なのに、ママンにも少し考えて欲しいものだ。
育つ前に葉っぱがなくなりますって!

投稿者 baya : 2007年05月21日 20:57

コメント

うちの私の背より高い観葉植物も猫のせいで枯れかけてます。
レモングラスはひとたまりもないでしょう。

鉄条網で囲うほかないのでしょうか・・・

投稿者 ねこやま : 2007年05月21日 22:16

ねこやまさん

いやでも柑橘類は猫が嫌うでしょ。レモンの香りがするのに何故ねらうのか、さっぱりわかりません。くやし。


観葉植物!

大原家は下記で手一杯なのでそれは優雅だと思います。
食用
薬用(アロエ)
枯らすと呪われそう(金のなる木)

#今日のパタリロ(笑)クレオ君に悩殺されました。

投稿者 baya : 2007年05月21日 22:47

コメントしてください




保存しますか?