« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月25日

キリーおじちゃん、困る

相変わらずキリーは子猫と距離を置いているつもり、らしい。
でも子猫の方はおじちゃんに興味津々。ほっといてはくれません。


椅子の下の隠れ家。キリーが隠れていたら子猫も来ちゃった(笑)。

************
・キリーの好物=ヨーグルトもちょっと横取り。
・羽毛布団にもぐるのもまねしてみた。2匹で縦列。キリーの頭の先に子猫のお尻。
・キリーがひなたぼっこしてる場所を奪いに行った。しかしこの時はおじちゃんの迫力勝ち。
・一人で飛び跳ねて遊ぶ子猫。キリーの潜ってる布団にダイブ!離脱!ダイブ!離脱!・・・寝てられん。
・ネズミのおもちゃをどこからか発掘してきた子猫。狂ったように遊び、はずみでネズミがキリーの前に落ちたら、うなって威嚇しつつ咥えて走り去って行く。おじちゃんは黙って座っていただけなのに、理不尽な(T_T)。
・最初は分けていたのに、いつのまにかトイレも水飲みも共有になってしまった。おじちゃんがトイレに行くとつられて自分もそっちでしたくなるようす。なんでだ?

投稿者 baya : 15:11 | コメント (2)

2007年11月12日

爆発娘

前回のコメント欄にあった爆発娘とか怪獣って何のこと?かと申しますと。

実は先月末から、生後2ヶ月ちょっと(推定)の子猫を預かっています。
幸い里親さんは早々に決まり、新居への引越しまでの間、「一番かわいい時期」に一緒に暮らすという福々しい状態なのであります。

しかしあまりにも幼く小さくはかなげな子猫。しかも骨折手術をしたあと。
何かと人口過密(人じゃないけど)な仕事場よりは、おっとりキリーとの方が安心かと思い、キリー&子猫の生活が始まりました。
最初はケージに入っていてくれた子猫も、2日もしたらもう入りたくないと主張してくれまして・・・現在に至る・・・


キリーと子猫 
キリーの隠れ家は子猫にとってもやっぱり魅力的な隠れ家だったらしく、昼間はここら辺でよく寝ていた(過去形)。今は部屋の中はすべて自分のテリトリーで縦横無尽。

***********
写真では仲良く見えるおじちゃんと幼児(女の子)だが、キリーはやっぱり猫なんか嫌いでマイペース。なにせ、乳児(猫の)を怖がったオトコである。
この時はたまたま隠れたかった所を先に子猫にとられてブーたれていただけかもしれない。

子猫の方はというと、おじちゃんの尻尾に無邪気にじゃれてみたりしている。
キリーは困っている(笑)。
彼女は交通事故にあってしまったのだが、まだ親離れには早い月齢。今でも順調に母猫と暮らしていたら絶対お母ちゃんが怒ると思うなあ。「知らないおじちゃんに近づいちゃダメ!」って。

で、それでもお互いの存在に慣れてきた今。
おじちゃん猫=シニアご飯
子猫=キトンご飯
内容が違いすぎる、はずである。(見た目はたいして変わらないが)
それぞれ隣の芝生は青く見えるらしく、そっちが旨そうとかいって略奪に来る。こうやったりああやったり、なんとか工夫して阻止を図るも失敗多し(笑)。

キリーの性格では今のところ大きな喧嘩にはならず、「それはダメえ〜」といったおっとりした感じで時々手が出たり、フーフー言ってみたり。
あまりおじちゃんを追い詰めないであげてください。あなたのためです。>子猫

投稿者 baya : 19:38 | コメント (2)

2007年11月02日

不憫な奴...

ちゅるるさんがサーバーの横で寝ている。
→茶とらんが寄り添って寝る。
 →茶とらんに駄目がマウント
  →茶とらんが反撃
   →「うるさい」とばかりにちゅるるが茶とらんにケリ入れ

可哀想な茶とらん。

そういえば今朝、気がついたら茶とらんが私の真横に来て寝ていた。ただまだ恐る恐るという感じで、撫でてやってたら怖くなって逃げ出してしまった。

...やっぱり不憫な奴。

投稿者 ohara : 06:10 | コメント (6)