« 2008年03月 | メイン | 2008年08月 »

2008年06月13日

ブラッシング地獄

ポン太の毛皮は不思議な毛皮。
毎日ブラッシングをしても毛の量がさっぱり減らない。
季節の変わり目なんて過ぎ去ったのに、未だに大量の抜け毛を日々生産する。そして、自分ではグルーミングできない様子。羊の血でも入っているのだろうか?

シモベに掻かせるのにすっかり味をしめ、毎日甘い声でおねだりにやってくる。
すると、確実にアリスも参入。ヤツは普通印の毛皮なので毎日のブラッシングなぞ必要ないのだが、焼きもち焼きなのだった。
ああ、時間がかかる、抜け毛が顔にまとわりつく・・・

ブラッシングされて、満足そうなアリスとポン太

この先は、食事中の方、歯医者が苦手な方は読まない方がよろしいですよ。

*********
ゴールデンウィークのさなか、アリスの左のほっぺが腫れていた。あー、「また」ケンカでやられたなと思い病院へ。
その前も顔にケンカ傷をいくつか作り、ワクチン接種ついでに通院したがたいしたことは無かった。という経緯があったので、疑っても見なかったのだが、実はケンカじゃなかった。

先生が口の中を見ようと顎に手をかけた瞬間、ほっぺからどろりとした膿が・・・
思わず悲鳴を上げるシモベ達。
なんと歯槽膿漏のせいで膿がたまり、行き場を失っていたそれが口の中ではなく、皮膚を突き破って外に流れたのだ!

そ、そんなことがあるんですか〜!

って、あるし。

歯の方はまだがっちりしていて簡単に抜けそうも無かったため抜歯はせず、膿を抜けるだけ抜いた後の歯茎の穴に薬を充填、二週間効果が持続するという抗生剤を注射されて様子を見ることになった。ほっぺに開いた穴はそのままで、処置の必要なしとの事。
これで治っちゃうんだから、猫ってすげえぇ!
一週間後にはすっかり完治という診断でした。

さすがに直後はドライフードは無理だったみたいで、ムースの缶詰やら刺身などの特別食を出していたため、少しの間だけはかえって幸せだったかも(笑)


矢印の当たりが膿が出てきたところ。一週間後にはすっかりふさがっていた。

アリスのケンカ相手は結局わからずじまいでした。
このところは平和です。

投稿者 baya : 12:25 | コメント (1)