« 2008年10月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月23日

毎日がドリフ

きなこもち一家の子猫たちが丁度3ヶ月くらいになりました。
毎日が脳挫傷と全身打撲(どうして大丈夫なんだ?)の日々から、筋力が付いて笑って見ていられるようになったかな。
体重が増えたらうるさくなるかと思いきや、静かに全力疾走ができるようになるもんですなあ!
ジャンプしても着地に余裕が出てきました。

母猫のんちゃんも肉付きがやっと良くなり、毛皮の手触りも格段にUP。

長毛の血が入っているのか手触りすべすべの毛質です。
まーだ、子猫におっぱいねだられてます。

*********
今日はおっぱいちょうだいと来た子猫にプロレス技かけて追い払ったり、おもちゃを追いかけて全力疾走したり、ちょっとずつ子別れ親離れの兆候が見えてます。
土曜日には1匹、里親さんの下へ旅立つ予定。
その調子で里親さんに迷惑かけないように自立させておくれ、です。


猫草に群がる子猫。意外にうまく食べる。
が、今ではこの草が室内に転がってることが多くて・・・

犯行現場。
おもちゃにするなよ!

投稿者 baya : 22:18 | コメント (0)

2008年12月15日

最近のその他の皆様

なんかきなこもち一家ばっかりなのもあれなので、13匹に膨れ上がってしまった近況を報告

<居室組>

いわずと知れたキリー。

我が家に来たのは2002年5月だから、もう6年半も一緒に暮らしてるわけですな。きた時に推定5歳程度だから、すでに11歳。そろそろ壮年期に入ってるはずなのに、ばあやにべったり。写真はまだ居室に大きな食卓があった頃(今年の6月)のもの。というか、食卓にあがるなよおい。
その後、この食卓は放棄され、居室はきなこもち一家に占領。キリーは?というと、奥にあった旧寝室(現寝室兼居間)にお篭りあそばされております。というか、今までは居室と寝室の両方を(人もキリーも)行き来してたのだけど、今は寝室のみになっちゃったというか。もっとも、寒いせいもあってどうせ布団に潜り込んでいるので、あまり問題は無し。
体調はというと、割と良好。一時期は血液検査で腎臓の値が悪く、でも療法食喰わないしなぁ〜、ということでシニア用を上げていたのだけど、いつのまにか好転してました。謎。毛玉対策として(にゃじさんに教えてもらった)寒天をご飯に混ぜるようにした事も良かったよう。

<仕事部屋組>

ちゅるるさんは甘えんぼに。

きなこもち一家は当初、仕事場の風呂場を改造したケージにお住まい頂いたのだが、当然新参者が来たことはちゅるるさんにも判ってるわけで、より甘え方が極端に。最近は朝になるとじいやが漬けられています(漬物石がちゅるるさん)。

もっともそのちゅるるさん、きなこもち一家がくるちょっと前に急激にやせはじめ、元気もなくなる。おかしいということで病院に連れて行ったら、なんと腎臓の数値が無茶苦茶悪い。腎不全の、それも殆ど第4期寸前、という数値で緊急入院させるも、急には改善せず(あたりまえだ)。自宅療養に切り替えるということで、ネフガードの投薬と、週2回の輸液を開始したところ、見違えるように元気に。体重もピーク(6Kgオーバー)に比べると減ってはいるけど、だいぶふっくらしてきました。先日の検査では腎機能も第3期の中ごろ程度まで数値も回復(でもクレアチニンの値は高いけど)して、一安心。
ということで、ちゅるるさんの長生きのために、食事を全面入れ替えて、おやつも厳禁に。で、楽しみにしていたおやつを出さない代償に、仕事場を全面禁煙にして(T_T)、少しでもリラックスできるようにしたのだけれど...リラックスしすぎやあんた。

余談ながら最近、駄目との折り合いが良くなった模様。

2階で朝日を浴びつつ寝るちゅるるさんと、その奥に隠れる茶とらん、で手前は駄目。なんか一緒にくっついて寝てたりして、不思議。

で、駄目は?というとこんなことしてたり

(注:2匹とも♂)

こんな調子で寝てたり

とマイペース。ばあやにべたべたで抱っこさせるわ、「ばあやが一緒だと」じいやに撫でさせたり顎を掻かせたり、のくせに、ばあやがいないとじいやに平気で「シャー」とか威嚇する。どーいうこっちゃ?

きなこもち一家のお引越し前にワクチンをかねて駄目も血液検査をした結果「健康体」。一番食い意地張ってるくせに、腎臓の数値も全く問題なし。不思議だ。

チャシーは

てなかんじで、相変わらず。ただ以前はちゅるる、駄目、チャシーがお互いに仲が悪く、間を茶とらんが埋めるような形だったのが、最近駄目とちゅるるさんの仲が悪くなくなったため、なんとなくチャシーが孤立してるような。でも全然気にしてないようだけど。

で、相変わらず悪さし放題。

赤丸に居るのは無害な蜘蛛さん。この直後、チャシーが蜘蛛さんを床に叩き落す。ひどい。

チャシーも血液検査をしたら、ちゅるるほどではないにせよ、腎機能が低下してることが発覚し、ネフガードの投薬を開始。1ヵ月後に再検査したら、数値が正常値に戻る。とりあえずネフガード投薬しとけば安全ということですな。

んで茶とらん。人が寝ると「撫でろ」だの「尻を叩け」とやってくるが、立ってるじいや/ばあやとか、知らないお客様は相変わらず怖い。抱っこも勿論できない。
つーわけで、茶とらんだけ、血液検査もワクチンもできてません(T_T)ちなみに、最近だいぶ毛に白いものが混じり始めてきました。キリーといい勝負の年齢だと思うんだよなぁ。まぁ、今のところ元気そうなので放置状態。

<外猫組>

アリス&ポン太は相変わらず仲良し

いやヴィーノが仲悪い訳ではないのだけれど、なぜかツーショット写真が撮れない。

いまのところ元気な2匹。寒くなるとアリスに関節炎っぽい症状がでるのはここ数年来の事で、ことしはシェルターのコタツユニットの設定温度をちょっと高めに。

もっとも、今年はいろいろありました。たしかまずアリスが怪我っぽい感じで、左頬が腫れる。

これは回復後のお顔。まともになった。

てっきりケンカでやられたかと思ったら、歯槽膿漏で膿がたまってはれていたとの事。病院に連れて行ったら丁度膿も出たので、あとは抗生物質で対処。そうこうしていたら、今度はポン太が頭に怪我を。

これはもう直りかけの頃かな?まぁケンカでやられたんだと思われ。塗り薬で完治。

やれやれと思ったら、今度はアリスがケンカ。それもじいやの目の前で取っ組み合ってるし。多少手傷を負いつつも相手を引き剥がして連れてかえると、やっぱり頭に怪我が。もっともほっといたら直ったけど。

最後にヴィーノ。

だから隣りの家の給湯器の上でなごむな、と。

全く変わりがないのがヴィーノ。寒くなるとシェルターに篭りっきりで、ご飯を出すと最後に出てきて食べるだけ食べたら速攻でシェルターに戻る。あいかわらず触らせてもくれないくせに、目の前でごろごろ転がって見せるという、微妙な距離感のままそろそろ5年になるな(苦笑)

ということで、きなこもち一家以外もそれなりに元気です。

投稿者 ohara : 03:32 | コメント (1)

2008年12月05日

ちょっと早いですが

恒例Elf Yourself。今年はきなこもち一家で。

Send your own ElfYourself eCards

多分年内一杯で上のリンクは無効になると思いますので、御視聴はお早めに。
*****
全然関係ありませんが、先日きなこもち一家を見に来た知人が動画をアップしてます。mixiのIDをお持ちの方はどうぞ。
*****
上のリンクが失効したので、ダウンロードバージョンの方を張っておきます。




投稿者 ohara : 21:47 | コメント (0)