« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月26日

チャシー受難の日

そろそろ茶白んさんの血液検査の時期がやってまいりました。

前日はというと、

机の上を占領してじいやの仕事を邪魔したり


ばあやにとっつかまって腹をもふもふされたり


そのばあやの着ていたセーターを蹂躙してくつろいだり、とまぁ何事もなくすぎていったわけですが。

で当日。猫こたつから引っ張り出されたチャシー、キャリーバッグを見た瞬間に「これはやばい」と思ったらしい。即座に逃げ出そうとするものの捕獲。バッグに入れられてからも、すきあらば脱出を試みる。
そのまま病院に連れてゆかれ、待合室でバッグから一度顔をだした所、いつもと違う風景が広がっているのを見て、あわててバッグに戻る小心者。で、診察台に引っ張り出されてからは

「おうち帰る〜」の悲痛な叫び。


カメラを構えたばあやは当てにならないと思ったのか、じいやにしがみつく。


再び診察台に戻され、いよいよ追い詰められた表情のちゃしー。

とまぁ大騒ぎした割には、先生の補助で来られた若い女性スタッフにホールドされてからは「まぁいいかな?」と割とおとなしめ。採血の後は脱兎のごとくキャリーバッグに戻るものの、帰り道は特に文句もなく。

さて、肝心の血液検査ですが、一番心配だったクレアチニンの値が改善。
2010/11 2.0mg/dl
2011/01 1.9mg/dl
2011/04 1.8mg/dl
ということで、ぎりぎり正常値の範囲まで改善しました。他にもカリウムが低めぎりぎりから正常の中央値に戻るとか、全体的に数値が改善。次回は半年後でいいでしょう、というお墨付き。

入手にえらく手間が掛かるんですが、AzodylとEpakitinの組み合わせはそれなりに効果あるのかもな、というのを実感した次第であります。もっともチャシーはまだ腎不全の入り口レベルで発見できたので、比較的お薬が利きやすいのかもしれませんが。

投稿者 ohara : 20:07 | コメント (1)