« 2012年10月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月25日

今年のクリスマスは

ちょっとドタバタしすぎで、恒例のJibJabアニメは見送りにさせていただきました。楽しみにされていた方、すいません。

ということでお詫びもかねて近況報告など

キリー

(ばあやがいない間に羽毛布団を独り占めして潜ってる図)
一時は最悪の状態まで覚悟した筈のキリーが、なぜかすこぶる元気。食欲もばっちり。
前回のレポートでははっきり書かなかったのですが、そもそも最初の症状は脳。要するに軽い脳梗塞かなんかで、まともに歩けないとか水平感覚がおかしいとか、そんな感じでよろけていたのですが、そんなんで当人もパニックになったためか、その後で心臓発作に襲われた形。「ああこれまでか」とまで覚悟したのですが...目下普通に生活してます。よく見ると、微妙に頭が傾いていたりして、若干後遺症は残っているのですが、本人がうまく折り合いがついたようで、全くそれをハンデにせずに生活してます。
まぁこの経験のお陰で、茶とらんの時には迅速に対処できたんですが。心臓の方は改善する事は望めませんし、打つ手もあまりないので、無理に心拍数を上げるような事にならないように配慮しつつ、生活しております。

茶白ん

(力いっぱいじいやの仕事の邪魔をする図)
お客様から逃げ回る連中が多い中、相変わらず営業部長(復活)としていい仕事してくれてます。血液検査の結果は低め安定といったところで、投薬さえ怠らなければまぁ問題はなさそう。

茶とらん

(ばあやの脇でアンモニャイト状態で寝てる図)
目下最大の問題児。12/16の朝3時、突然に騒ぎ始める。見ると足がちゃんと動かない。顔も振れており、眼振も起きている。あわてて救急病院に連れて行った(で、病院でもパニックのまま大暴れ)結果、恐らく脳の問題(それが脳梗塞なのか、あるいは腫瘍などの問題かまでは特定できない)というお話。とりあえず脳圧を下げる処置をしていただき、そのまま掛かりつけへ。で、とりあえず10日間投薬ということで、現在はケージにお住まい中。もっとも最初は眼振もまだ収まらず、認識力も怪しく(恐らく当人もパニック状態から脱していなかった)、ケージの上り下りすら満足に出来ない状態だったのが、1週間を経過して状況も大幅に改善、すっかり寛いだ生活に。まだケージから出してないので歩行障害などがどの程度あるかは怪しいものの、一応生活には不自由なさそうな程度までリカバリーしたっぽく見えるところまで復活してくれて、一安心。これのお陰で、アニメを作るスケジュールが飛びました(T_T)。

まめちよ

(これは甘えてきているのではなく、「腹が減ったので夜食を出せ」と実力行使中の図)
相変わらず血液検査の結果はひどいのだが、ひどいなりに少しづつ改善中。目下の悩みは避妊手術。腎機能の数値が悪すぎて、手術が出来ない状況。とはいえ、少しづつ数字が改善しているので、「来月また血液検査して、数字が良くなったら考えましょう」を繰り返し中。出来れば発情期が来る前になんとかしたいのだが...

ポン太&ヴィーノ

(夏ごろの写真。珍しくツーショット)
このお二人は相変わらず。特に痩せることもなく、淡々と毎日暗くなると(時には暗くなる前に)「飯を出せ」と大騒ぎします。全然淡々じゃねぇ。ヴィーノは2002年末か2003年頭、ポン太は2003年の夏ごろだから、もう二人とも8年以上ここに住み着いてる訳だが、特に体調が変わった感じもなく。あ、でもぽんちゃん、お肉が少しづつ腹に移動しつつある気がする(笑)

てな感じで大原家は色々問題を抱えつつ、何とか日々をすごしております。

投稿者 ohara : 06:06 | コメント (5)