2010年10月01日

駄目の近況

昨年7月に里子に出た駄目ですが、あれから一年以上経過して

先住のうずと、まさかの仲良し状態に。

まぁ里親さん自らが
「まさかのベッド上仲良し!!

まさかのダブルTV観覧!!!」
とか書いてる位、ありえなかった構図。ちなみについ先日、駄目も里親さんが寝ているベッドにもぐりこむようになったとか。ただその前からベッドにはうずが潜り込んでて、「このベッドは私(と里親さん)のテリトリーよ!!」とかいう感じだったので、結果ベッドの中でにらみ合いが発生していたらしいんですが(笑)

まぁ賢いし、気は強いけれど持続力の無いうずに、馬鹿で気は弱いけどしつこさだけは負けない駄目が競り勝った、という感じではないか、と。

投稿者 ohara : 21:57 | コメント (1)

2007年06月04日

仕事が増えた

この写真が何かと申しますと、ダメダニャンの開き(笑)を上から見たところ。
また太った気がします。
070604_1.jpg

じいやが又も出張なので猫の世話はばあやの仕事。
駄目が鳴くけど手が離せない、片手で背中をポンポン叩いたつもりが実はお尻で、これが妙にツボにはまってしまったようだ。
いきなり横たわって甘え始める。
そうこうするうち、茶とらんがいつものように乱入。
試しにポンポンしてみると、盛大にゴロゴロ言い出し、いそいそとお尻をばあやに向け座りなおす有様。
茶白んはどうかな?と思ってやってみれば、これもなんだか後ろ脚が奇妙に伸びてうれしいらしい。

しまった、仕事増えちゃった。
自分で増やしてどうする。

#これで某所のP君のこと言えなくなったなあ。

*********
おまけ

070604_2.jpg
ボクも出張についていく〜(茶白ん)

猫のせいで、このデイバック毛だらけ&爪とぎされてボロボロ。
今回から猫専用座布団に降格。
未だに人気は衰えません。
何故だろう?じいやの匂いが染み付いてるせいかな。

投稿者 baya : 20:38 | コメント (5)

2007年05月16日

お客様効果

お客様が4泊5日、滞在されたのだった。

で、駄目は最初からゴロゴロのデロデロ〜。
070515_3.jpg
女だったら誰でもいいです(ダメダニャン)

そうか、そうだったのか・・・。


チャシーこと茶白ん
人見知りを全くしない大原家の営業部長。当然お客様の膝を横取りしたくて、駄目にパンチを繰り出す。(ばあやの時と態度変わらず)

茶とらん
チキンな彼は宅配便のお兄さんがピンポン鳴らしただけでダッシュで雲隠れ。
やっぱり隠れてしまったが、いつもはじいやの後ろの棚の上まで避難するのに、今回は同じ部屋のケージの中のテント型ベッド。
少しなれてきたらしい。
最終日にはお客様の前にも姿を現した。
惜しい、もう少し居てもらえれば・・・(^^)。

ちゅるる
女王様は威厳があるので変わりなし。

キリー
もともとじいやの布団だったのをぜいたくにも丸々占領して寝ているのだが、その布団をお客様に提供したので一番割を食った。で、ちゃぶ台の下に移転。
それでも夜中に寝ている(タヌキ寝入りしてくれた)お客様の顔をフンフン嗅いだりしていて、それなりにマイペース。
以前はこのお客様にお腹を延々と揉ませたものだったのだが、そんなことはきれいさっぱり忘れている。さすが猫。

************
さて、いつもの日常に戻ったはずがなんか変。
後遺症?




あああ?!今までこんなことしなかったのに・・・。
(写真にカーソルを乗せてみて下さい)

じいやの分析によるとお客様のフェロモンに触発されたからではないかと。
恐るべし>お客様

# これを書いたのはばあやです。念のため

投稿者 ohara : 14:12 | コメント (5)

2007年04月21日

誰だ?駄目か?

駄目ことダメダニャン。
070420.jpg
日向ぼっこが趣味。
人気スポットを占領中。

************
じいや無事に出張から帰ってきたのはうるわしいのだけれど、途中、連絡の命綱のメールが使えなくなって冷や汗。
しかも何台もあるパソコンのどれかわからない〜から神経を逆撫でするような異音がしてますよ〜。と、ばあやパニック。
連絡先も全部メールにお任せでひかえていなかったので、電話するにもホテル名すらわからない〜、ランランラン。素敵。

と、あせったのですが、なんとか連絡がつき、解決。
(Nさん、その節はたたき起こしてごめんなさい。)
1台、起動してなかったのが原因で、どうやら駄目がテーブルタップを踏んだのでは?という疑惑が。
そして今日も同じ事が起こりました。

つまみだしちゃおうかな。(ボソっ)

投稿者 baya : 00:11 | コメント (10)

2007年04月03日

おっとりだけどせわしない

駄目ことダメダニャン甘ったれ
070403_1.jpg
ばあやが写真を撮ろうとするタイミング(かわいい時)は膝に乗ってる時なので常に至近距離。
奇跡的にピントが合いました。
ボケボケ写真は三千枚(ウソ)

おとなしくなでられてはゴロゴロ言ってると思えば、突然爪とぎに乗っかってガリガリ。

おとなしくなでられてはゴロゴロ言ってると思えば、突然匂いが気になって延々と毛づくろい(失礼な!)。

評価:いい齢して落ち着きが足りません。

未だにお外に行きたくて逃走経路を探っているらしく、朝には色々なモノが落ちてます。止めろ。
でもいつのまにか茶色兄弟(ホンモノ兄弟ではないけど)の明け方運動会に混じってたりもする今日この頃です。

頼むから、みんな静かにしておくれよ(泣)

投稿者 baya : 22:12 | コメント (0)

2007年04月02日

種明かし

前エントリは勿論エイプリルフールにあわせたジョークな訳だが、反応が無いのが悲しかった(;_;)

まぁそれはさておき、以前に比べてちょっとだけは慣れてきた駄目。ばあやの膝が大好きで、胡坐をかいたばあやの所にいそいそやってきて、デレデレ。面白いのは、焼餅が焼けるらしく、茶とらんまでばあやのところにやってきて、まけじとデレデレ。
DSCF7855.jpg
本当、猫って焼餅焼きである。

駄目の近況。

追伸:前エントリは画像作成がばあや、文章はじいやでお届けしました。

投稿者 ohara : 00:00 | コメント (13)

2007年04月01日

旅立ちの日

えー、駄目ですが、色々な経緯の末、我が家から旅立つことに。




親切な人にご飯貰うんだよ(笑)。

# きっと某画伯は気にしない...と思う。


ウソです。んな、駄目を貰ってくれるような奇特なおうち、どこにもありゃしません(T_T)というか、こんな事できるような猫だったら、そもそもウチに来てない(泣)

投稿者 baya : 00:00 | コメント (0)

2007年03月14日

約1ヵ月後

DSCF7709.jpg
「お外出たいなぁ〜」駄目。夜になるとお外出たい病が発症、夜鳴きがとまらない。でも最近はこっちも割と慣れた。で、鳴きながらじいやの後ろにある、お外が見える場所に移動。尻尾が納まりきってない。

DSCF7710.jpg
「あ、やべ」この後、速攻で逃げてゆきました。

DSCF7715.jpg
「寄るんじゃねぇ(威嚇中)」ギャオス。最近まだ右目の調子が悪い。もういつでも出てって頂いて良いので、ケージの最下段を開け放しているのだが、時折外に出てはみるものの、人間の気配がするとケージにダッシュ。「んじゃ玄関も開けとけば外に出るかな?」と試みてみたら、ポン太とヴィーノが開け放した玄関に並んで中を伺っている有様。ギャオスはというと、「ケージ死守」の構え。上手くいかないもんである。

DSCF7703.jpg
なめこ3兄弟(姉弟?)。外敵(駄目)に一致団結して対決....というわけでもない。茶とらんは駄目に好意的。ちゅるるはすりよりはしないがけんかもしない。唯一ちょっかい出すのが茶しろん。ただちゅるるにしても
DSCF7717.jpg
三角ベッドを明け渡すつもりはないらしい。

投稿者 ohara : 02:46 | コメント (4)

2007年02月14日

ニャレンタインデー

本日はニャレンタインデー(違

ということで、先日いただいた猫チョコを食してみたり(美味しかったです)、
DSCF7325.jpg
頂き物の猫せんべいを味わってみたり(ご馳走様でした)。
ちなみに猫せんべいは上前を撥ねるやつが約一名。

美味かったらしい

朝飯時に再捕獲に成功。ご苦労様>ばあや

台所ケージはギャオス様にお入りいただいているので、居間ケージに入れてみると、鳴きやまない。でも人間が抱っこするとこんな感じにおとなしくしているのが相変わらず妙。もっとも怖がりなのは相変わらず。なのでこのあと逃亡して

隠れ猫ベッドへ。

ちなみにちゅるる・茶白んとけんかの気配はなし。ただ茶とらんはまだ駄目が怖いらしい。

投稿者 ohara : 18:46 | コメント (3)

2007年02月09日

懺悔

今朝の駄目
070209.jpg

満腹で満足でグルーミング中。甘えている。

なんと駄目は外にいるのでした。
ばあや痛恨の「脱走」劇があったのです(泣)。

***********
あれは風邪ひきギャオスがやって来たほぼ半日前の真夜中のことじゃった。

ダメダニャンのいるケージの扉は開けっぱなしにして、鳴き始めたら仕事場に連れて来て膝に乗せてご機嫌うかがい。そうしているとちゅるるが伸び上がって見つめてみたりするようになった。結局「フー!」って言うんだけど、駄目の方は人間にくっついていれば怖がらないのだった。

で、考え事をしていたばあやはケージ開けっ放しなのをすっかり失念したまま玄関ドアを開けてしまった!!!ぁぁぁぁぁぁ・・・

なぜ足元に白いものがいるのかわからないまま、トロいので簡単に捕まえられそうに見えたのにどうしたことか、するすると彼は去っていってしまった。まるでスローモーションのようにってよく聞くけど本当にそんな感じ。夢の中のように上手く体が動かなかった。あああ。

まあそんなわけでケージは空になっていてギャオス君にお入りいただけたわけです。

***********
で、駄目は翌朝、ちゃんとご飯を食べにやってきて、「馬鹿でよかった〜」と胸をなでおろすも、それから2回捕獲に失敗したために警戒して近寄らなくなってしまった。手の届かないところでご飯を寄越せと鳴かれてもなあ。
更にポン太&アリスという意地悪軍団が追っかけようとするので、ろくすっぽ食べられない気の毒なことに。

仕方が無いので捕獲作戦は中断してとにかく食べさせる事に専念中。柵の間からゆでササミを差し出すとうまく行った。
しかし1回2本半は食べすぎなのでは?
それから普段はササミに見向きもしないアリスがこんな時だけ分け前を要求するのもなあ。

投稿者 baya : 08:54 | コメント (3)

2007年02月01日

半月たって

ダメダニャンを保護して半月。


人の威を借る猫(くっついてれば安心)

食欲不振はいつのまにかというか、さっさと治ってしまい、

・腹が減ったと鳴く
・もっとうまいものを寄越せと鳴く
・トイレを片付けろと鳴く
・怖いと鳴く(物音に敏感)
・威嚇で鳴く(ポン太の声に反応してるらしい)
・ヤキモチで鳴く

で、最初のうちは延々と鳴き、腹を絞るようにして大音響で鳴いていた(ため息)が、シモベがかまったり抱っこしたりすると鳴き止むのだった。
そして回数も時間も減ってきていたのだが、ある時から再び夜鳴きが始まった。
じいやが「心がすさむ」と言うほど鳴き続けたらしい。

さんざん考えた結果、外用掃除機が原因ではないかと思い至った。室内で掃除機を使ったときは流しの下に逃げ込んだので使用を控えてるのだけれど(泣)、輪をかけてうるさいアメリカ製掃除機の音にすっかりおびえたしまったのではないかと。しかもその日は忙しかったのでろくにかまってやれなかった。

それにしてもばあやにはあいかわらずデロデロなのに、じいやにはおびえる不条理はなんでやねん。


ふともも〜

投稿者 baya : 23:23 | コメント (2)

2007年01月16日

夜鳴き蕎麦ならぬ夜鳴き猫

一昨日くらいから急にダメダニャンの食欲が落ちて、妙に甘えたがりになっていた。
おっかしいなあとは思ったものの、もともとダイエットが必要な体型でもあるわけで、本気で心配していたわけでもない。
ところが本日はスペシャルフードのアジのたたきを残した!大事件発生。
さすがに「これはおかしい」ということになり、とりあえずケージに叩き込むことに。

070116.jpg
今まで食欲旺盛、食うわ食うわの彼だったのだが・・・

そういえば昨日はポン太が執拗に追っかけアリスまで荷担して、なかなかご飯の場所まで来られなかった。あれも兆候だったのかなあ。猫には体調不全が敏感にわかるのかも。

**************
人を怖がらないお馬鹿さんはこういう時には助かる。マタタビにひかれて来た所をあっさりじいやが「素手」で捕獲。
ケージに入れた瞬間から大声で鳴き始めたけど、ファンヒーターをつけ、部屋を暗くして放置中

**************

そんなわけで「夜鳴き猫」対策、どうしたらいいのかご教授くださいませ〜!みなさま

解決:なでると黙ることがわかりました。
ほっとくとさすがに疲れて鳴く回数が減るし。

**************
1/17 朝一番で通院。
平熱、口の中きれい、血液検査をしてもウンチ&オシッコを調べても何もなし。
毛球症か、胃の炎症かと言う事でお薬もらいました。
体重は5.4kg。

びっくりしたのはすごくおとなしくしていたこと。先生にもゴロゴロ甘えておった。大原家で一番良い子なんじゃなかろうか?だっこもできました。

投稿者 baya : 17:54 | コメント (2)

2006年12月15日

おまえはチャップリンか

ご飯は塀の上で、人間にお皿を支えさせて食べているダメダニャン。
面倒だけれど相変わらず他の猫とは折り合いが悪く、しょうがないわねえ。

061215.jpg
お腹が減ってもう死にそうです by ダメダニャン@死にそうにない体型

*********
他の猫を無駄に刺激しないように、ご飯の順番は最後である。
いまだにこの深謀遠慮が理解できず(できたら駄目じゃないが)、大声で泣き叫び続け、身体を乗り出してしつこくアピール。

今朝はこのアピールが少しばかり行き過ぎ、塀から転げ落ちるダメダニャン。
大慌てにあわて戻ろうとするも、雨上がりで足場が濡れててすべったか、塀に体当たりするダメダニャン。
前脚の爪だけがかろうじて引っかかったらしく宙ぶらりんのまま後ろ脚がむなしく激しくもがくよ、ダメダニャン。
しかし、よくしたものでなんとか塀の上までその巨体を持ち上げた。
で、何事もなかったかのようにご飯を要求。


シモベはご飯皿をささげたままあっけにとられ、笑う暇も無かったわ。

今考えると動画に残して置けなかったのが悔やまれる。ま、無理だったけど。

投稿者 baya : 12:07 | コメント (3)

2006年02月20日

君たち....

仲がいいのか悪いのか、どっちだ?


(左:駄目 右:アリス)

投稿者 ohara : 13:49 | コメント (1)

2005年12月06日

お手伝い


ご飯を食べた後、なでれと要求するダメダニャン

夕方のご飯時、お隣の坊やが参入。新しいおもちゃを見せてくれようとしたのですが、ダメがご飯食べてるのを見て、

「ボクがやる〜」と。

しかーし、椅子に乗ってもちょっと背が足りなくて、皿を塀に乗せるまでいたらず、腕が辛そう。皿がぶるぶる。
ご飯命のダメはそんなことも気にならないようで首を伸ばしては上手くぱくついてました。

でもね、食べ終わったダメダニャンを追って、塀に登ろうとするのは止めておくれ〜!>坊や
無理無理、キミは猫じゃないんだってば。

投稿者 baya : 21:36 | コメント (0)

2005年09月04日

別種の争い

我が家の近所に、まだ保育園(だったか幼稚園だったか)に通っておられるお子様がいらっしゃる。今日も昼間暑い中、友達と2人で外を駆け回っていて丈夫だなぁ...と思ったりする私は年寄り。

で、まぁ単に遊んでいるだけならいいのだが、いつのまにかその遊びが「猫にご飯を上げる」に変わっているのが訳判らん。こちらからすれば義務なんだかルーチンワークなんだか聖なる奉仕なんだかという感じなのだが、子供にすれば凄く面白いらしい。

が、ぎゃあぎゃあ騒ぐ子供が好きな猫など居る筈もない。アリスとぽん太は遠巻きに見ているだけで、こっちに寄ってこようとしないし、ヴィーノやテレスは姿も見えない。まぁ当然である。

で、駄目登場。いろいろ駄目だと思うけど、子供がまるで恐くないあたりもやっぱり駄目。まぁ塀の上だから届かないと思ってるのかもしれない。とりあえず小皿に無塩の煮干を入れて持たせると、煮干目当てにあっさり寄ってきてがつがつと食いまくる。

で、お子様方大興奮。終いにはどっちがご飯を上げるかで喧嘩になり、負けたほうが延々と大泣きしているにも関わらず、それを気にかける様子も無く「もっと煮干ちょうだい」。

....ある意味大物かもしれない。駄目だけど。

投稿者 ohara : 00:23 | コメント (1)

2005年07月23日

ダメは駄目

昨日、引越しがすんだばかりの友人から家具を譲り受ける。
じゃあお礼に夕食でもってうわ、安っ。ありがとうございました!

で、ご飯食べながら「ダメダニャンって本当に駄目な顔付きに見えるけど、そういう写真をわざと選んでいるの?」と聞かれる。

最近のダメダニャン(註;死んでません)


下から見たところ

二人で「いや、ホントに駄目なんだよ〜」って

なんでハモルかなあ(笑)。

投稿者 baya : 05:38 | コメント (1)

2005年05月02日

仲がいいんだか悪いんだか

相変わらずのダメダニャン、命名もはまりすぎていけなかったかダメダニャン。
ポン太がやっと追っかけるの止めたかなと思ってたら、今度は比較的温厚なアリスに何故か追っかけられちゃって、ほんとに猫の社会性に欠ける困ったちゃん。

この状況だけ見れば集会のよう。

と思ってたら、なぜかテレスはダメダニャンLoveらしい。
塀の上のダメダニャンの近くで香箱作ってみたり。
ダメダニャンお気に入りの給湯器を乗っ取ったと思いきや、どうやらこうやって近くにいたいらしい?
垣間見たところ、テレスも去勢済みの雄だと思ってたんだけどなあ。

#タデ食う虫も・・・ごほっ

一方アリスは追っかけるだけじゃなくて、集団の秩序を作るべく、食事中のダメに近づいてお尻を嗅いだりもしている。しかし、その意図が読めないのか食事済むやいなや走り去るダメダニャン。

誰かごめんなさいの作法を教えてやって〜。

投稿者 baya : 12:25 | コメント (0)

2005年02月18日

空気読め

さて、ヴィーノも戻っていつもの夕方ごはん時。「ごはん〜!はやく〜!」の合唱が最高潮に達した時、宅急便のお兄さん現る。
他の仔はさすがに散ったのに、ダメダニャンだけは塀の上からひたすら鳴く、泣き喚く。お兄さんの頭に降って来そうなほど身を乗り出して。
馬鹿だねえ、おまえ、ほーら笑われてるぞ。

それにしてもコイツには警戒心というものが無いのか?ごはんの時には忘れるのか?
そういえばこの前も知らない人が来ても食べつづけていたっけ。

投稿者 : 11:35 | コメント (2)

2005年01月17日

雨の降る降る(昨夜のこと)

ご飯をあげるのも一苦労。
ダメダニャンのご飯場所は高さ1.8mくらいの塀の上。
雨は直にかからないが上からポタリポタリとおっきな水滴が落ちてくる。
それは辛かろうと傘をさす。
左手に傘、右手に猫ご飯皿・・・

ばんざーい!

投稿者 baya : 10:23 | コメント (0)

2005年01月14日

どっちもどっち

dame4-1.jpg

dame4-2.jpg

dame4-3.jpg

dame4-4.jpg

投稿者 baya : 11:24 | コメント (2)

2004年12月15日

モチツキただしヤキモチ

夕方は猫のサイレンが鳴るご飯時。
まずうるさく騒ぐ外猫にあげ、それからおとなしい内猫に。じいやがいる時は、ダメダニャンの給餌(お皿を持ち上げている)係なのも定着。いつもは外猫に出してしまえば、さしものうるさい近所迷惑なサイレンもピタッと止まる。

ところが昨日はしばらくしてから今度はケンカ声でうるさくなり・・・。どうしたのかと思えば、じいやが戻ってきて、「ヴィーノがダメダニャンを追いかけて、お隣さんの敷地内でケンカ中」だそうで。
思い当たるのは、いつもは最後にご飯をあげるダメダニャンに、その日は真っ先にあげたこと。実は終日姿を見かけなくてちょっと心配してたせいなんだけど。
そういえば、さっさとご飯に食いつくヴィーノがすぐには寄ってこなかった。「なんでおまえが先に食うんだよ!」って怒ってたわけか?

そして今日は昼間ポン太が甘ったれたがってたので、ブラッシング。ゴロゴロ言いながらも、興奮しすぎるとちょっと頭を冷やしてまた戻ってくる気遣いのヒト。と、それを遠くから見ていたダメダニャンが「オレも〜!」と言いながら近くの塀の上までやってくる。怖がりの癖に、こういう時だけは撫でるのOKになったらしい(?)。まあこれも可愛いなあと顎を撫でていると、後ろから殺気光線!
ポン太さん、すごい目をしていました。そんな顔ができるなんて知らなかったわ。ヤキモチうれしいけど、それを裁けるほどばあやが大人じゃないのがね〜、とほほ。

投稿者 baya : 08:31 | コメント (0)

2004年12月11日

ダメダニャン〜命名由来

一昨日、ばあやの指を爪ですくいあげ、舐めてからほっぺに持っていく動作をした。おお!でもその後どうしたいのかはわからないらしい。
昨日、ほっぺを撫でるのに成功。ゴロゴロ・・・おお!

で、このヒト、本当はダルタニャンの予定だったんですが・・・

*ダルタニャン:文豪アレクサンドル・デュマの「三銃士」の主人公。
*三銃士:ルイ13世の時代、王党派と教皇派が覇を競うフランスを舞台にしたアクション(?)巨編。

ここまで書いたところで、そもそも絶対に無理があったなーと・・・。後半書くかどうか分からないです(笑)。

投稿者 baya : 14:26 | コメント (0)

2004年11月20日

東南かど

日当たり良好・・・

過ぎて写真ボケボケ

投稿者 baya : 09:20 | コメント (0)

2004年11月05日

駄目の日常

駄目は下に降りると先住に追っかけられるので、普段は隣家の軒の下とか、別の隣家の給湯器の上とか、頼むからそーいうとこに居るのを止めてくれと思う場所に居るあたりが実に駄目だったりするのだが、そうした駄目の日常。というか、単にカメラの連写機能のおかげで撮れた写真を無駄にしたくなかっただけなのかもしれない私もやっぱり駄目なのか?

投稿者 : 03:12 | コメント (0)

駄目

通称:駄目
正式名:ダメダニャン
という外猫がいる。名前の通りの駄目猫というか、あまりに駄目猫なのでこの名前になったというか。

何で駄目かというと、「猫の流儀を知らない」。外猫ズに出しているご飯を食べようとすると、外猫ズに追っかけられまくりで、結果としてご飯が食えない。

で、ここからが駄目本領発揮。だから先住猫に「降参しますから仲間に入れて」をすれば受け入れてもらえそうなものなのだが、そのやり方が分からないのか、それとも仲間になるのがいやなのか、未だにグループに入れず。だからといって他にご飯をもらえる所を見つけられない(*)のか、別の場所に移動もしない。

で、やることは「お腹が減りましたぁ〜。もう死んじゃいますぅ〜」と延々と鳴きつづける。それも、ご飯を出すまでいつまでも。

更に駄目なのは、んじゃとご飯のお皿を出しても、先住猫が邪魔しにくるので食べれないこと。結局、(隣家との境の)塀の上に、ご飯を人間がわざわざ差し出すと、そこであわてて食べている。「毎日」。

dame.jpg

いいかげん手間がかかるので何とかしてほしいものだが....でも駄目だしなぁ。


(*) そもそも探しに行っていない公算大。

投稿者 : 02:51 | コメント (3)