過去のいろいろに戻る

2002年5月の近況

2002/05/19
 

13時、櫻井さん&保護者の方と待ち合わせ、一時預かりをして戴いているNさん宅にお邪魔。ドリーム君を回収する。その後、板橋の病院で健康診断して戴いてから我が家へ。到着した直後は元気だったのが、2時間ほどすると呼吸数が急に増え始める。21時頃には呼吸数が160回/分を越え、あわてて川崎にある、とある緊急医療センターに連れてゆく。発熱もあったので、点滴しながら酸素吸入していただきつつ、診断してもらう。結果から言うと胃にガスが溜まっており、胃袋が数倍の大きさに膨らんでしまい、これが横隔膜を圧迫して呼吸がちゃんとできなくなっていたとの事。鼻からチューブを入れてガスを抜いていただく。結局その晩は緊急医療センターにお泊りあそばされる(T_T)
(じいや)

Nさん宅で初めて会ったキリー君は、びっくりするほど顔がしっかりしていて、櫻井さんのHPで見た「かわいそうなドリーム君」はすでに卒業していました!
その後の定期検診で、目の角膜に白濁が残るものの、「見えてますね、動きを目で追ってますから」と先生も驚くほどの回復力。また、4/28の退院時に約2Kgだった体重が3.4Kgにもなっていました。
Nさんには甘えて鳴くようになったそうです。ありがとうございました、Nさん。
(ばあや)

2002/05/20

10時頃、緊急医療センターに迎えに行く。とりあえず病状は治まったが、根本的に何が原因か判らないので、正規の病院に入院させて(!!)ちゃんと診療するようにと言われる。ちょっと暗い気持ちになる。
そのまま、なじみの猫病院に連れてゆく。幸い緊急医療センターからカルテやレントゲンの連絡が既に入っており、話は早い。2時間ほど掛けて検査&処置をしてもらう。最終的な原因は、鼻が悪いこと。昨日は長時間の移動で疲れたためか、我が家についてからちょいと発熱したのだが、この数日まえから鼻がぐしゅぐしゅしており、この発熱によって鼻水が巨大な鼻くそとなって鼻腔を塞いでしまい、鼻で呼吸できなくなったキリー君は口で呼吸を余儀なくされ、この結果胃袋に空気が溜まってゆき、昨日の症状に繋がったらしい。ちなみに鉗子でも引っ張り出せないほど、立派な(笑)鼻くそだったそうで、これが解決したら症状もあっさり消え、気楽にしていた。ということで、入院の必要もなく昼過ぎに無事帰宅。
帰宅後、食事をさせるとあっというまにa/dを半缶平らげる。その後、15分ほどはグルーミングを延々とさせてもらえる(笑)。が、まだ我々のことは怖いらしく、その後はにょろにょろと逃げ出す。一応保護者の方からケージと猫ベッドを預かったのだが、そのベッドだと危ないと思ったのか、ベッドの陰とか猫トイレの中(!)に伏せている始末。夜にもう一回食事をさせたあと、ケージの扉は開けたまま、その晩は我々も就寝。
(じいや)

2002/05/21

朝5時過ぎ、「キリー君が居ない!」と目が覚める。5分ほど探した結果、隣の部屋の押し入れの上の段の奥で発見される。……足腰が全然弱っていないことが判る。
朝8時過ぎに朝食。引っ張り出されるのはまだ怖いのだが、シリンジで食事をさせると途端に態度が急変し、「もっともっと」となる。そのくせ、食事が終わるとあわてて逃げ出すのは変わらず。その逃げ方は、妙に歩幅(?)の長い、猫というよりはフェレットみたいな逃げ方で、やっぱり名前は「にょろにょろ」にすべきだったか、とか悩む。夕方に食事をさせた後、今度は引き出しの裏とかに逃げ込んでみたり。ただ、気がつかない間におしっこやうんちはちゃんと所定の場所にしているので、健康状態は良さそうだ。
(じいや)

2002/05/22

大体のキリー君の行動パターン:

引出しの中でくつろぐ

→じいやとばあやに見つからないうちに、ファンヒーター裏に移動
 →そのままじいやかばあやに引っ張り出されるまで隠れてる
  →引っ張り出されてタオルに乗せられたら「ご飯だ!」
   →いただきます
    →お腹がいっぱいになったらダッシュを掛けて逃亡。再び引出しの中へ
これを一日3回繰り返す。ちなみにシリンジを見ても嗅いでも、ご飯との関係はまだわからない。口にシリンジを突っ込まれて初めて「食べる食べるぅ」………
もっとも、物音にはまだ敏感で、食事中でも妙な音がしたり、じいやとかばあやが移動すると「びくびくっ!!」と慌てて逃走しようとする。まぁ、あんまり信用されてませんな(笑)それでも時折、引出しの中で熟睡していたりして、少しづつ緊張がほぐれている模様。
ちなみに、上のスケジュールの合間に、やはりじいやとばあやに見つからないようにトイレへ。本日は立派なうんちを大量にしていて、ヘアボールコントロールが功を奏したのかも。
そうそう、押し入れは立ち入り禁止になりました。押し入れ奥のビデオケースに「しっか!」としがみついて離れないため、ちょっとした大騒ぎになりまして(笑)
(じいや)

2002/05/23

朝の食事時は昨日と同じパターン。ところがお昼時は何故か出てこない。仕方なく、引出しから引っ張り出したのだが、えらく怒られる。初めて「ふー」とか威嚇され、ばあやは左手に引っかき傷が(^^;;)仕方が無いので、それ以上あれこれせずに放してやると、またもや引き出しに隠れる。その後、朝3時だか4時頃にa/dを多少(1/8缶分位?)は食べるものの、その後逃亡。…………一気に信用をなくした、じいやとばあやであった。

(じいや)

2002/05/24

昼間は全然寄り付いてくれないキリー君。が、15時頃に流石に空腹になったらしい。ファンヒーターの裏から引っ張り出すと、「しぶしぶ」といった雰囲気で、それでも抵抗せずに引きずりだされる。が、シリンジで給餌を始めると、食いつきのいいこと。a/dを3/4缶分ほど一気に平らげる。

食後、点眼などしてからグルーミングを始めると、「あ、もう食事は終わり?んじゃ用なし」とばかりに、さっさと引き出しに潜り込んでしまう。………愛情がない(;_;)
22時頃、給餌をしようとするが引き出しから出てこない。まぁアレだけ食えばな。というわけで、一日が終わるのだった。
(じいや)
2002/05/25
 
午前3時頃、様子を見ようと居間に入ると……いない。5分ほど捜索したところ、台所の窓枠にへばりついているキリー君発見。居間と台所の間の引き戸が完全に閉まってなかったようである。捕獲しようとすると、思いっきり威嚇しつつ、居間に逃げようとする。が、運悪く丁度引き戸をしっかり閉めてしまったため、行き場の無くなったキリー君に逆襲される(泣)。結局左手にじいやも手傷を負うのだった。
まぁそれでもなんとか居間に移動していただき、しばらく放置。その後、ファンヒーターの裏に移動したので給餌しようと引っ張り出そうとすると、とことん嫌がる。給餌自体にも抵抗があるようで、シリンジを突っ込んでも食べてくれない。仕方が無いので、放置する。まとめ食いさせているから、死にはしないのだろうが....(-_-;)というわけで、膠着状態に陥ったまま一日が終わるのだった。
(じいや)


2002/05/26

昼過ぎにまたもやキリー君行方不明。今度は、1Fの押し入れの奥にうずくまっているのを発見。もう捕まえようとは思わず、バスタオルでとりあえず押入れから追い出す(^^;)が、前回の食事からかれこれ24時間経過しており、いい加減腹も減ったはず。16時頃、またもやファンヒーターの裏に移動するキリー君。今度は威嚇こそしないが、出てこようともしない。しかたがないので、じいやがファンヒーターの奥に潜り込んで、給餌する羽目に(;_;)しかし、食べる食べる。50mmのシリンジにして5本分、a/dを1缶ちょい、一気に食べ切ってしまう。頼むからまとめ食いはヤメテくれ(-_-;)

その後、トイレ→ケージの横→コンポの裏→台所へ至る引き戸を開けようとガリガリする・・・→ばあやに見つかりチェッ→不貞寝というコースで、一日が終わるのであった。
(じいや)

2002/05/27

相変わらず物陰に隠れるキリー君。あまりにも給仕を嫌がるので、a/d缶を皿に出してトイレの脇に置いておいて寝る...「そこまで言うなら、自分で食べてみぃ」という、じいやとばあやの意思表示である(笑)で、朝4時頃...「食べてある....」キリー君、キミ、自分で食事できるんかい?!半信半疑で、今度は昼間にa/dを1/2缶分ほど、水に溶いておいておく。で、午後4時頃に行ってみると....「空になっている」....

何ですか。要するに我々は、自力で食事できる人間猫を無理やりとっ捕まえて、シリンジで強制給餌していた、と。そりゃぁ、嫌われる筈だわ(;_;)

という訳で、いきなり脱力。まぁグルーミングとか点眼とかの問題はあるのだけれど、基本的には放置しておけば良い訳ですな。だいぶ、気が楽になる。という訳で、餌を補充して一日が終わるのであった。
(じいや)

2002/05/28

新たな新天地を発見したキリー君。今度は、居間の窓枠と本棚の隙間に潜り込んでいる。最初に潜り込んだ際には上手く上がれなかった様で、本棚の上に置いた電話機や空気洗浄機、カメラなどが全部床に落ちていた(笑)その後も、着々と我々の隙をうかがっては食事とトイレだけはきちんと済ませている様子。

面白いのは、満腹の時には高いところ(窓枠、本棚、コンポステレオの裏、etc)に潜り込み、腹が減ると低いところ(ファンヒーターの裏など)に移動するらしい事。したがって我々は、キリー君が低いところに居ると、「んじゃ食事させますか」と部屋を出て仕事場に移動したり、あるいは消灯して寝てしまうわけである。すると、「ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃぴちゃっ!!」とか豪快な音が始まる訳である(笑)
ちなみに昼間、a/dとは別にグロースも用意したが、こっちは殆ど手(舌?)がつけられていない。というわけで、好き嫌いがあることも確認(笑)夜の食事は、7種類ほど用意してのバイキング形式(爆)さて、どれが気に入ってくれるやら....
(じいや)

初めての鳴声・・・ただし、Help me!
20時頃に仮眠しに入ったじいやが、22時ごろ見に行くとすでに起きていて「何か変な音がするんだけど?」
その時は何の音かわからなったのが、明け方私が寝ていると、やっぱり「ファー、ファー」とでもいうような音がします。丁度何かのモーターが壊れかけて回転がおかしくなっているような・・・。
昼過ぎにはキリー君が空気清浄機を叩き落してくれてたからなあ・・・ん?サッシを引っかく音もするぞ・・・ということで、キリー君本人の鳴声だったのでした。
とても猫とは思えない不思議な声!しかも、「ここ開けてー、誰か助けてー」といった、じいやばあや号泣のメッセージだったのでした。
(ばあや)

2002/05/29

更に新天地を発見。3段組になったエレクターもどき、一番下にファンヒーター、2段目にコンポ、一番上にはCDケースが入れてあるのだが、そのCDケースの段に移動している。朝起きて「居ないなぁ」と思ったら、目の前にいて驚く(笑)
昨日のバイキングの結果は微妙なところ。とりあえずa/dとメンテナンスはまぁ、きっちり食べてくれる。驚くべきことに、カリカリ系にもチャレンジした跡あり。ただこちらはうまく食べられないようだ。
ちなみにケースの中は最近はあまり気に入らないようで、もっぱらエレクターの2段目か、窓枠にいるようである。まぁいいんだけど。どこに居ても。
(じいや)

2002/05/30

これといって大きなイベントはなし。まぁ順調に食事をし、順調にトイレに行って、順調にお休みあそばされ、我々が居ないときには順調にサッシを空けようとしたり、あちこち探検したり....そこまで嫌わなくてもいいのに(;_;)
(じいや)

2002/05/31

前日と特に変わらず。ただ、新兵器が届いたので、今晩からちょっと試してみることにしようと思う。うまくいけばいいのだが。
(じいや)

≪前の月へ     過去のいろいろに戻る     次の月へ≫