7月の日記

今月の一句:出てきても やってることは かわらない

煩雑に出てくるようになったキリー君。さすがにケージ暮らしに飽きたのか?
それともでぶって成長してケージが狭くなったのか?ただ、出てきても
やってることは「腹を揉め」と「蹴ります」で、相変わらずコミュニケーションには
問題を残すのであった。

back to TopPage

 2003/07/04 (FRI) 伸縮自在

 アクセスありがとうございます。カウンターをつけるのは、あまりに情けない結果になりそうでやってないんですが、じいやがなんだか秘密兵器を使うことにしたようで、アクセス数がわかるようになりました。

じいや「何人くらい見てくれてると思う?」
ばあや「3人。」
(身内しか見てないと思ってる)
じいや「うんにゃ、それが2桁なんだよ〜!」

ということで、一日あたり30人位の方が見てくださってるようです。うわー、びっくり。これからは心を入れ替えて、まめに更新して行くことに致します。(と、今日は思った(^^)
 
◆◆◆◆◆◆
 
 未だにその大きさが良くわからない我らがおぼっちゃま。どうしてかというと、その柔らかい体がどんな場所にでもうまく納まってしまうから。まあ猫だし。それに、キリー君のような大柄な猫さんを見るのも触るのもこっちが初めてのせいか、仰向けで思いっきり伸びている時なんぞ、あまりの長さにいつも驚いてしまう。ホント長いねー、キミ。
 夜中に目を覚ますとキリー君が足元で寝ていたので、撫でてみると、何故か興奮状態で蹴り蹴り炸裂!離脱して椅子の下で待機。これの繰り返し。途中でこちらの手を舐めてくれるサービスもついたので、たぶん遊んでいるんだと思う。しかし、蹴るために仰向けになる時に、頭がゴン!起き上がって走り去る時にドタドタバッタン!と深夜にうるさいってば。ひらりっと音をさせずに動けるのに感心していたけど、夢中になると駄目なのね(笑)。その後も延々と腹を揉める光栄に預かり、こっちの手に頭を預けて寝ちゃった!かわいい〜、しかし睡眠不足じゃ〜。
 
 (ばあや) 

えー?!
もっとお腹もんでよ〜

写真を撮ろうとしたら
縮んでしまった

ご飯を食べて、満腹。
というわけで、眠る寸前のご様子。ぐーー
 2003/07/05 (SAT) 添い寝と頬ずり(無理矢理)

 腹をもんでくれという姿があまりに可愛いので、寝たままの無理な姿勢でご要望に応えていたせいか、腰痛になってしまった(T_T)。というわけで、昨日の昼間はほとんど使い物にならなかったわが身体・・・情けないったら。しかし、指圧してくれたじいやと湿布のおかげで夜には復活。
 今日も夜から明け方にかけては相変わらずお坊ちゃま元気で、蹴ったり腹を見せたりとパフォーマンスに忙しいが、そんなわけでお相手するのもほどほどしておいた。その代わり、じりじりと側によっては強制添い寝を試みる。OK!逃げないぞ。顔の周辺を掻いてやると顎を上にして喜んでる。調子に乗って頬ずりしてみる。きゃー!頭を擦り付けてきた!
 と、たいへん感動的なうれしい夜だったんだけど(ただし寝不足)、じいやは蚊帳の外。なぜかって、寝室で寝ると寝すぎてしまう(T_T)とかで、またもや仕事場に泊り込んでいるから。キリー君が寝てるとじいやもぐー。じいやが寝ていると、目を覚ましたキリー君も再びぐー。これがエンドレスで続く罠・・・本当に不思議な二人(?)の関係なのだった。

 
(ばあや) 

目を覚ますと
横にこんなお姿が・・・

 2003/07/07 (MON) 痛くすぐったい

 って感覚は家族に猫がいる人にはおなじみなのかも。しかし、めったに無いことだと思うな、痛いのとくすぐったいのが同居するなんて!
 
 今月はサービス月間なのか、腹をもんでる最中に、手を抱え込んで舐めてくれる。思いっきり人を蹴った後もアフターケアは忘れず、それはそれは丁寧に舐めてくれる。とても親切である、トホホホ。今まではこのサービス、痛いだけだったのに、手や腕の内側を舐めてくれるようになったせいか、これがなんとも悶絶するような感触。意外に手首の内側がなんとも痛いわ、くすぐったいわ、熱いわで、敏感なことがわかった、新発見。が、なんと言っても極めつけは肘の内側でしょう。せっかくの心遣いなので、滝行を思い浮かべて(やりたいわけじゃない)我慢してるけど、心の中ではのた打ち回っているのであった。お願いやめて〜、私は毛皮着てないの。
 

 
(ばあや) 

「なにこれ?」

猫じゃらしを
対比用に置いてみた
伸びきった時は
この倍の長さ(?)
 2003/07/08 (TUE) 探検

 週末、天気も良かったので台所の掃除を始めた。とても綺麗になって満足だけど、収納していたものは居間に運んでまだ片付かない。なんかの歌みたい。♪土曜日に掃除を始め〜、日・月曜日も片付け続き〜、チュラチュラ・・・、いつ終わるかな?

 昨夜キリー君の姿が見えずびっくりしたが、名前を呼んでみたら出てきた。干して取り込んだまま、いいかげんに積んであった布団の下に出来てたトンネルの中から。今日も、布団の上やら下やらをうろうろしていた。ちょっと肌寒い気候のせいかな?
 
(ばあや) 

逆光のキリー

かっこいいけど、
それは私の布団なの〜
 2003/07/09 (WED) いつのまにかきれい

 部屋中が砂だらけだね〜キリー君。ケージにいる時を見計らって、掃除機出動。怖がるので気の毒なんだけど、ほっとくと砂だらけの所に横たわって毛皮に砂粒が絡みつく。それよりも、汗ばんでる人間の足にもすねにも食い込んでくる被害が大きいが。
 
 気が付いたら、ご本猫様はけっこう綺麗になっていた。どうやってシャンプーしようか悩んでいた日々が嘘のよう。足の裏の茶色の汚れも何時の間にか無くなった。前足の内側と胸のあたりはまだ変色してるけど、だいぶ薄くなった。わき腹のあたりの黒い部分は真っ黒ではなく茶色っぽいが、こういう毛色なのかもしれない。
 
去年はあんなに拭いても拭いても黒ずんでいたり、その後も茶色だったのにどうしたことだろう?汚れていた理由も、綺麗になったわけもよくわかんない。生え変わったということかしら。とにかくとってもゴージャスで美しい(親ばか)ので、サマーカットは止めておこう。さ、ブラッシングがんばろうねー。

(ばあや) 

猫じゃ踊り
決めポーズ
 2003/07/10 (THU) キリー君、利用される

 じいやは嫌なことがあったそうで、不動明王のようなオーラを出しながらやってきた。食事をして睡眠を取ろうと布団に横になったが、「アドレナリン出っ放しで寝られない」のだそうだ。ちょうどお坊ちゃまの腹揉めリクエストに応えていたので、「このお腹に触ればすぐ眠れるよ」と言ったら、にじり寄ってきた。あらら、機嫌が悪い割には素直(笑)。
 仰向けになりっぱなしの無防備なポーズでも、もうキリー君、逃げない。二人でしばし感動。過去が走馬灯のように・・・って縁起でもない(笑)。そのまま腹を揉まれて至福の表情。どうも触り方はじいやの方がうまいらしく、うつろな目をしてよだれをたらして・・・やっぱ怪しいわ、この姿(^^)。ところが、佳境に入ったというのに「あ、ホントだ、もう眠いや」と途中で布団に戻ってしまうじいや。あっけにとられてそれを見つめるキリー君。「ええー、信じられない」というこの表情、撮りたかったなあ〜、実に残念。
 気の毒に思って交代するも、すぐに興奮モード。八つ当たりなのかすごい勢いで蹴られる。こうして、じいやを癒したキリー君を癒したばあやなのでした。

(ばあや)

うつろな目つき
色っぽいわ(笑)

で、八つ当たり中
耳ねてます(^^)
 2003/07/12〜13 (SAT〜SUN) 毛皮には辛い週末

 突然に気温が上がった週末、皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?キリー君は予想通り呼吸が速くなって、やむを得ず今年初めて冷房を入れました。

 ウチにあるのはサーモスタットがあまり効かない古いエアコンなので、30℃の設定にしていたのに、土曜日は冷えすぎで骨に染みるような気候になってしまった。だけど一転、日曜日はちょうど設定温度くらいで推移。この日はよっぽど暑かったらしい。東京都内では電力不足が危惧されるこの夏、どう乗り越えようか?やっぱり考え直してサマーカットしようか?どうかな、どうする?>キリー君

(ばあや)

暑くないのかなあ
急にお布団好き
(暑かった日曜日)
 2003/07/14 (MON) キリー君、子猫に帰る

 入梅の頃に除湿機を買った。肌寒いけど、もう暖房でも無いだろうという日には室温は上がって湿度は下がり、とても快適。新しい電化製品ってすごいなあ。このくそ暑い週末にはさすがに使えなかったけど、今日はちょうどいい感じ。

 昨夜からお坊ちゃま、すごく積極的。まるで子猫のように、猫じゃらしを追ってジャンプにパンチに大騒ぎ。一騒ぎした後は布団で熟睡。いや、私は無理に誘ったりしてないんですけど。勝手に一人で騒いでるんですのよ、深夜から明け方なのが問題で、とほほほ。
 
 最近こうして毎日のようにキリー君が変わっていく。いや、数時間ごとかもしれない。こっちは去年と比べても特に変わっていないので、本猫に自信がついたって事なのか?蛹が蝶に変態を遂げるような事を今見ているのかなあ。猫飼いベテランの人には当たり前なんだろうか?理由はわからないのだけれど、とても不思議&不可思議なことばかりでうれしい、そしてさっぱりわかんないや、どうして?この急激な変化。

(ばあや)

ばんざーい?
もっと振ってよ、
猫じゃらし

(振ってるのはじいや)

立派な尻尾が
ぶんぶんぶん
 2003/07/16 (WED) 初!添い寝記念日

 夜行性のじいやが、珍しく夜寝た。
 と、書いてはみたものの、なんだろうこの文章?こんなんで始まる日記ってのはどうかと思う(^^;
 
 まあそれは置いといて、じいやが、ちゃんと夜、それも布団で寝ていた(いつもは床にごろ寝)時のことだった。ふと気が付くと、ふくらはぎの辺りに寄り添ってキリー君が寝ていたのだそうだ。かまってくれと言ってくる時には、けっこういろいろできるようになったけど、自発的に寄り添って寝るなんてね!初めてじゃ。何時の間にか愛されていたのね。>じいや

(ばあや)

じいやにウィンク
うふーん
 2003/07/17 (THU) ミャウリンガル今秋発売

 やっぱり出るんですね。とうとうミャウリンガルが11月に発売されるのだそうで、本日発表会があった模様。
 
 じいやは仕事関係の知人が渡米することになり、その壮行会に出かけたのだが、そこで猫馬鹿度をご存知の方々(ばかりだったらしい)に「大原さんは当然取材に行ったんでしょう?」と聞かれたらしい。いや、行ってないし、専門分野とは言えないと思うけど(笑)。
 だいたい、私たちの理解できるのは「めしー!」とか「まずい!」とか「腹を揉め!」とか「掻け!」とか命令口調ばかりで、それも主にはボディランゲージだし、ものすごくボキャブラリー貧困。あまり複雑な感情が表示されたら、自分の猫語学力の無さに落ち込むかも・・・?


#でも試してみたいな〜

(ばあや)

「いいかげんに
しなさい!」
ってのもあるのかな?

(ブラッシングに
飽きてきたところ)
 2003/07/19 (SAT) キリー君、定期検診に行く

 「前回は血液検査の結果が少しおかしかったですし、そろそろ再検査しませんか?」と先日病院で言われた事もあって、久しぶりに病院に連れてゆく。まずは朝食を食べさせ、満腹になったところで更にマタタビを投入(笑)半ばベロベロにしたところで捕まえて、そのままキャリングバッグに。入れられた時だけはちょっと抵抗したけど、あとは大人しいもの。しかしだ、全然重さが減ってない気がする。が、ばあやは「以前はバッグが持ち上がらなかったのに、今回は一応持てるから、軽くなったよ」と強硬に主張する。
 病院に連れてゆくと、まるで借りてきた猫状態で、暴れたり騒いだりしない。でも、尻尾を腹の下にたくし込み、耳は完全に寝てるんですが....ちなみに体重は「5.8Kg」。ま、たしかに100gほど軽くはなったね>ばあや。
 血液検査の結果は、前回よりは多少良くなってるとの事。ただ、そろそろ6歳(推定)だし、腎臓の負担を減らすような食事に切り替えていかないといけませんねぇ、なんて話になる。あとは「ちょっと太めな事以外は特に問題ありませんねぇ」だそうで。本当は尿検査もしたかったのだが、おしっこが出なかったので、「ご自宅で採集していただけますか」なん言われるが、さてそんな事が可能かどうか。

 帰宅してみると案の定、おびえまくり。ここ1週間ちょい、急速にフレンドリーになってきた矢先の出来事だっただけに、ものすごくショックだったようで、ケージの奥でおびえたまま、反応も悪い。結局19日はそのままそっとしておき、翌日から色々と世話を試みるが、反応悪し。精神的ショックでか、食欲がめっきり落ちてしまう。予想はしていたけれど、本当にノミの心臓だねぇ>キリー もっとも20日夜あたりからはだいぶ落ち着いてきたようで、これを書いている今(21日の朝)はマタタビをもらってご機嫌になってたりするので、もう数日もすれば元通りになってくれる....といいなぁ。

(じいや)
 2003/07/22 (TUE) ボクって繊細 (T_T)

 外出して戻ると、「フェフェーン」と鳴いて、いそいそ出て来て布団に寝そべり、腹を見せてきた。ほっ、やっと元通りかな。
 食欲が無かったのは発熱のせいもあったかも。病院でも38.9℃と、ちょっと体温高めだったけど、一昨日じいやが触ってみたら耳が温かった。が、昨日から平熱に戻ったようだ。食欲はまだ元通りとは言えないけど、お気に入りの缶詰を結構食べるようになった。
 腎臓に良い療法食もいただいたのだけれど、しばらくは切り替えるどころじゃ無いなあ。

 今の口の開き加減では麻酔はかけられないそうなので、サマーカットはしないつもりだった。けれどスタッフの方がとても熱心で、しかもキリー君すごくおとなしかったので、肉球の間の長い毛と、肛門周囲だけ、という話だったのが、お腹側もバリカンで刈られちゃった。今や腹の手触りはビロードみたい。異常なまでに気持ちいい(笑)。だけど、よく舐める脇の横の毛皮が変色してガビガビ。良く見るとちょっと禿げている。うーん、これだから毛球がお腹にたまっちゃうわけね。
 
 キリー君が大人しいのは、嫌なことがあると、とりあえず固まってるだけなんだな、と改めて思う。我慢しちゃうんだね。うーん、、、こっちとしても病院に連れて行きたくはないんだけどね。歯磨きとリハビリ、自分でしてくれない?

(ばあや)

苦しゅうない
はよう揉め


右手の下、濡れたように見えるのがハゲ(T_T)
反対側にも有り
 2003/07/23 (WED) 寒い一日

 今日は「大暑」という日なのだそうだ、初めて知ったんだけど(^^;。それも名前に反して五月中旬の陽気だというニュースが駆け巡ったから。うーん、涼しいを通り越してる。
 キリー君も今日はベッドに張り付きっぱなし。お腹がなあ、寒そうだしなあ、と思って、とっくにしまったセラミックファンヒーターを引っ張り出そうかと思ったら、じいやに笑われた。やあねえ、本気じゃないってば(嘘)。
 
 それにしても、食事に気をつけてたのに体重が減らないのはどうして?と腑に落ちない。特に最近お気に入りの缶詰は、カロリーも低く、これを常食しているうちに胃が小さくなったのか、むしろ小食なのを心配してたのに。まあ、太らなかったってことは、食事はこんなもんでいいのかな。あとは・・・もっと遊ぼうね!キリー。
 
 先日の通院時、耳を見せてね〜と言われてドキ!そういえば耳掃除を怠っていた。が、いつも右側だけ妙に汚れてた耳、それが気が付かないうちに綺麗になっていた。奥の方はまだ汚れが見えるけど、二日おきくらいにガーゼで拭いていたのが嘘のよう。何もしてないのに。だんだん良くなってるんだなあ。

(ばあや)

「・・・・・」
 2003/07/28 (MON) これ、まずいです

 だいぶ通院の痛手から立ち直った様子なので、病院からいただいてきた腎臓病に配慮した療法食を一通り試してみた。全部で4種類。いずれも今までのお気に入り缶詰と半々くらいに混ぜて給餌。

 試食してみたところ、どれもこれもまったく味気ない。塩分を抜くとこんな味なのか。なるほど普通の猫缶っておいしいんだなあ。食いつきが悪そうなので、お腹がすいたよ〜というパフォーマンスにも動じず、しばらくほっておく。そして、ほーら、ご飯だよ〜と準備しつつ、まず飲み水を取り替えたりしてじらしてからお食事スタート。
 
 なんて気を使っても「まずいものはまずい」そうです。当たり前か。さすがにお腹ペコペコなので食べるんだけど、ケージの前に残りご飯を置いといたら、わざわざ出てきて砂をかけるしぐさを始めた。しかも丸い容器の周りを回って、それはそれは万遍なく丁寧に引っかく。そしてカーペットには放射状の爪あと・・・・・・それ、お花の絵?

(ばあや)

じいや〜〜

ふぇふぇ〜
 2003/07/31 (WED) 何やってんの〜?

 「23匹の成猫の里親さん大募集!」を引越し&リニューアルし、新しいサイト「子猫の里親募集」を立ち上げました。
お引越し先は、nekobaka.com 内です。回線速度が速くなったので、快適になったと思います。(と、じいやが申しておりました)改めて宜しくお願いします。

 というわけで、ここんとこPCに向かってせっせと作業していた。このPCの置いてある居間というか茶の間というかは、キリー君にはまだ怖い場所らしく、やって来るのはお腹が減っている時のみ。で、ケージのある寝室に行くと、鳴きながら伸びをしながら腹を揉めと出てくる。これが毎回なので、けっこう律儀な奴である。
 ところで、私は夢中になると他のことが眼中に無くなるタイプ(笑)。ルーチンはこなしていたけど、隣の部屋にいるのにかまってもらえないお坊ちゃま、不満がたまってとうとう居間にも遠征してきた。撫でるとびくびくっとしてすぐに戻って行っちゃうんだけど、PCに焼餅?うれしいなあ。
 

(ばあや)

これも28日の写真

伸びると、ホントに
この猫じゃらしの
2倍になるんです。
なかなか撮れない(^^)
 

≪前の月へ      back to TopPage     次の月へ≫

_