80爺が1人で、
猫たちの為に
頑張りました。




あなたにも、きっと出来る筈です。




80爺が猫たちの為に、1人で頑張った事

練馬区から武蔵野市の某所へ、毎日自転車かバスで通い、猫7匹の面倒をみました。
月2万円のお昼の食事代を切り詰めて、猫たちの餌代、治療代などを捻出しました。

猫たちに餌付けをしながら、1人でも、猫の捕獲をし、病院への送迎をしました。
4畳の1室で、最大事には、猫3匹をケージに入れて、保護・治療をしました。
管理事務所に頭を下げてお願いをし、餌場の許可を貰いました。
餌場周辺の1軒1軒を回り、ビラを配布し、ご理解のお願いをしました。


経緯

2001年3月、猫たちの悲惨さ、餌場の劣悪な環境を見兼ねた相談者が、
保健所からの紹介を受けて、電話をかけて来た事がはじまりませした。

某公園と住宅地の境目の場所。猫数は、子猫・成猫の約8匹。
顔、目、口、が腫れている猫たち、腹の大きい猫たち、がいました。
子猫は、生まれても悲惨な状態になり、育たずに命を落としていました。

猫たちへの毎日の餌やりは、80才のおじいさんが行い、通りすがりの人や住民たちも、
不定期的に餌を与えていましたが、手術をしようと考える人はいませんでした。

餌場には、小屋や物がゴチャゴチャと置かれ、大変不潔な状態でした。
公園管理事務所や三鷹警察からの、餌場撤去を求める注意書きも、張られてありました。

改善の為には、猫全部に避妊・去勢手術をする事、餌場周辺を奇麗に片付ける事、
などの説明をする一方で、住民への声がけやビラの配布を行いました。

猫たちへ手術については、悲惨になる子猫たちを可哀想だと思う人の中でも、
猫は自然のままが一番良い、などと反対する人もいました。
その影響を受けてか、80才のおじいさんも、最初は少し迷いました。
でも、猫たちの為に手術をしたい、今後は頑張る、と言ってくれました。


80爺の頑張り

猫たちは、全員疥癬にかかっていた為、なかなか引き受けてくれる病院はありません。
でも、おじいさんの熱意と頑張りが、獣医さんの心をも動かしました。
三鷹市内の獣医さんが、引き受け、特別に料金も少し安くして下さいました。

おじいさんは、猫と関わる事を、ご家族から禁止されています。
昼間は、何故か家には戻れず、あてがわれた4畳のアパート一室で過ごしています。
●毎日、練馬区から、バスか自転車で通い、猫たちの世話をする。
月2万円の昼食費などを切り詰めて、缶詰やドライフードを購入している。
ワクチン費用、手術費用も無理して少し出しましたので、残りはカンパしました。


●猫たちへの手術の為に、家族に嘘を付き頭を下げて、お小遣いの前借りまでした。

●猫を捕獲した後、三鷹市内の病院まで、必ず一緒に連れて行った。

●疥癬治療には、猫1匹に付き、月4回の通院が必要。
部屋が狭くて、足の踏み場も無いのに、多い時で猫3匹を別々のケージに入れて、
4畳半のアパートで保護世話もした。練馬区から三鷹の病院へも通い続けた。


●猫の捕獲方法を教えたところ、自分で3匹も捕獲し、三鷹市内の病院まで連れて行った。

●公園管理事務所にもお願いをしに行き、頑張りを見て頂ける事にもなった。

●餌場の、猫たちの寝床などを奇麗に片付けた。


●餌の容器、水の容器、餌の入った箱、を常時置かせて貰える様、1人で公園管理事務所へお願いに行き、認めて貰えた。


●広報ビラ、住民向けのビラをもっと欲しいと、ビラの配布に意欲的になっている。




これまでに応援した事

里子に出した猫・・・・・・・・・子猫4匹、成猫1匹、
保護・治療した猫・・・・・・・・子猫4匹、成猫7匹(疥癬治療4回、風邪などの病気治療、
ワクチン接種、血液検査、駆虫、ノミ駆除)
手術した猫たち・・・・・・・・・・成猫6匹(1匹は、年寄り猫の為、手術を見合わせました。)
猫の預かり、里親探し・・・・・子猫4匹、成猫1匹。
一生懸命なおじいさんの負担を減らす為に、協力しました。
ビラ配布、住民へのご説明など




戻る