動物取扱業、特定動物等に係る改正法の施行等の在り方に関する意見の募集(パブリックコメント)について

意見募集期間  平成17年11月17日(木)18:00必着



■資料1 動物取扱業に関する基準等(素案) 
2 飼育施設の構造、規模及び管理関係

〈該当個所〉
2−(4) 規模及び構造が取り扱う動物の種類及び最大取扱数にかんがみ著しく適切を欠くものでないこと。

〈修正文(意見)〉
「著しく」を削除すべき。
「適切を欠く」の前に、「動物が自然な姿勢で立ち上がり、横たわり、走れる、ジャンプする、登る、飛ぶ、
羽ばたく等の日常的な動作を容易にできるための」を追加すべき。

〈理由〉
「著しく」についての明確な客観的基準はなく、個々に判断余地を残せば、悪質な業者の脱法行為をも容易に
し兼ねず、優良な業者を増やすためにも、「適切を欠くものではない」ための明確な基準を明記すべきである。


第2 登録の遵守基準 

1 飼養施設の規模、構造等

〈該当個所〉
1−(1) ただし、一時的に養又は保管をする場合等の特別な事情がある場合はこの限りでない。

〈修正文(意見)〉
「一時的に」を「二日以内の一時的な」 に修正すべき。

〈理由〉
「一時的」な期間についての明確な客観的基準はなく、個々に判断余地を残せば、悪質な業者の脱法行為を
も容易にし兼ねない。

本来、給餌給水及び糞尿処理は毎日行うべき最低限の業務内容であり、命ある動物の生命や精神面等を尊重
すると共に、動物の習性や健康面や衛生面及び精神的ストレス等を考慮し、優良な業者を増やすためにも、
明確な期間を明記すべきである。


〈該当個所〉
1−(2) ケージ等の個別保管設備には、動物の生態及び習性並びに飼養期間の長短に応じて、遊具、止まり木、
砂場及び水浴び、休息等ができる設備を備えること。

〈修正文(意見)〉
「飼育期間の長短に応じて、」を 「飼養期間が一週間を超える場合には、」に修正すべき。
「走る、ジャンプする、登る、飛ぶ等の運動、」を追加すべき。

〈理由〉
「飼養期間の長短」を判断する明確な客観的基準はなく、個々に判断余地を残せば、悪質な業者の脱法行為を
も容易にし兼ねない。

特に、猫は習性上、走る、ジャンプする、登る等の日常的な動作によりストレスの強弱に多大な違いが生じることから、
命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性や精神面や健康面及び精神的ストレス等を考慮し、
優良な業者を増やすためにも、明確な期間を明記すべきである。


〈該当個所〉
1−(7) ケージ等の個別保管設備は、個々の動物が自然な姿勢で立ち上がり、横たわり、羽ばたく等の日常的
な動作を容易に行うための十分な広さ及び空間を有した規模とすること。また、飼養期間が長時間にわたる場合
にあっては、必要に応じて、走る、登る、泳ぐ、飛ぶ等の運動ができるように、より一層の広さ及び空間を有した
規模とすること。ただし、傷病動物を飼養又は保管をする場合、一時的に保管する場合等の特別な事情がある
場合にあってはこの限りでない。

〈修正文(意見)〉
「日常的な動作」として、「ジャンプする、走る、登る」を追加すべき。
「飼養期間が長時間にわたる場合」を 「飼養期間が一週間を超える場合」に修正すべき。
「必要に応じて」を削除すべき。
「一時的に保管」を 「一週間以内の一時的な保管」に修正すべき。

〈理由〉
猫等の動物は習性上、走る、ジャンプする、登る等の日常的な動作によりストレスの強弱にも多大な違いが生じる
ことから、その習性等を十分に考慮し、精神的ストレス等の緩和について明記すべきである。
また、「飼養期間が長時間にわたる場合」及び「一時的に保管する場合」の期間についても明確な客観的基準は
なく、命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性や精神面や健康面及び精神的ストレス等を
考慮して、明確な判断基準を明記すべきである。

尚、上記のことは、動物の習性等に照らし合わせれば「必要に応じて」という程度の軽い事柄では決してなく、
個々に判断余地を残せば悪質な業者の脱法行為をも容易にし兼ねないことから、優良な業者を増やすためにも、
業者の義務として明記すべきである。


〈該当個所〉
1−(11) 過度な動物間の闘争の発生を避けること。

〈修正文(意見)〉
「過度な動物間の闘争の発生を避けること。」の前に、「 動物の走る、ジャンプする、登る、泳ぐ、飛ぶ等の運動
及び休息が十分に行われ、動物が人目を避けて単独でストレスを癒せる隠れ場を確保することにより、」を追加
すべき。

〈理由〉
「過度な動物間の闘争の発生」原因を回避し得る具体策を明記しなければ、個々の判断に任せるだけでは
本項の精神を担保するものはなく、未然防止・再発防止においての効果が十分発揮されるとは考え難い。


2 飼養施設の管理

〈該当個所〉
2−(2) ケージ等の個別保管設備については、一日一回以上の清掃を行い、残さ、糞尿等は適切に処理すること。

〈修正文(意見)〉
「一日一回以上の清掃」を 「一日二回以上の清掃」に修正すべき。

〈理由〉
特に糞と尿については、合計で一日最低二回となるため、一日1回以上では動物にとっての衛生面・健康面・精神面
における多大な心配が残る。最低一日二回以上とすべきである。


3 動物の管理

〈該当個所〉
(1)ー@ 販売業者にあっては、離乳等を終えて当該動物種と同じ種類の餌を自力で食べることができるように
なった個体を販売に供するものであること

〈修正文(意見)〉
「離乳等を終えて当該動物種と同じ種類の餌を自力で食べることができるようになった個体」を 
「離乳等を完全に終えた生後3ヶ月過ぎの個体」に修正すべき。

〈理由〉
猫については、自力で食べられる様になっても完全に離乳を終えるのは生後3ヶ月後である。
また、飼い主との素晴らしい関係を構築できる様に社会性を身に付かせるという観点からも、子猫の生命の安全や
健康等の観点からも、生後3ヶ月までは母猫や兄弟猫と共に過ごさせることが必要である。

他方、東京都の動物愛護センターでの実務面における子猫の譲渡について、その健全な育成及び社会化の観点
において、実現が不可能であり且つ飼育が困難との理由から、生後九十日(生後三ヶ月)未満の子猫は譲渡の対象外
ともなっている。動物愛護センターにおける実務面について、民間業者も合わせるべきである。


〈該当個所〉
(1)− A 販売業者及び貸出し業者にあっては、飼養環境の変化及び輸送に対して十分な耐性が備わった個体を
販売又は貸出しに供するものであること。

〈修正文(意見)〉
「十分な耐性が備わった個体」を 「十分な耐性が備わったと思われる生後三ヶ月過ぎの個体」に修正すべき。

〈理由〉
猫については、健康且つ元気で育つ猫であるかどうかは、完全な離乳が終了する生後三ヶ月後に明確になる。
生後三ヶ月未満の時期は、些細な事から子猫が命を落とすケースも少なくない。
猫の出産数の多さに反して、成猫に成長する数の少なさがそれを裏付けている。生後三ヶ月未満の子猫については、
十分な耐性が備わったと判断するには余りに軽率で早急過ぎると言わざるを得ない。

同時に、その健全な育成及び社会化の観点において、実現が不可能であり且つ飼育が困難との理由から、
生後3ヶ月未満の子猫が譲渡対象外となる東京都の動物愛護センターの実務面について、民間業者も合わせるべき
である。


〈該当個所〉
(1)−B 販売業者及び貸出し業者にあっては、二日間以上にわたって動物の状態(下痢、嘔吐、四肢の麻痺等
外見上判別できるものに限る。)を観察し、動物の健康及び安全上の問題がないことを目視によって確認できた
動物を販売又は貸出しに供するものであること。

〈修正文(意見)〉
「目視によって確認できた動物」を 「目視によって確認でき、獣医師による健康診断を実施した動物」に修正すべき。

〈理由〉
目視のみで健康状態を判断することは、余りにも非医学的行為であり、個々の判断により判断結果が左右されて
しまうため、無責任な脱法行為を容易にし、既に訴訟問題等も発生している前例をかんがみても、
後々の法的等トラブルをも誘発し兼ねない。

飼い主にとって、または、里親募集・譲渡を行う民間のボランティアにとって、獣医師に健康診断を依頼することは
既に社会的に広く普及していることであり、同時に、動物愛護センター及び飼育関連の書物等においても適性飼育
の一貫として提唱している現代において、優良な業者を増やすためにも、法的にも道義的にも社会的責任の伴う
業者の業務全般についは、専門家である獣医師による健康診断の実施等を義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(1)− C 販売業者、貸出し業者及び展示業者にあっては、顧客等が動物に接触する場合には、動物に過度な
ストレスがかからないよう、顧客等が危害を受けないよう、又は動物若しくは顧客等が人と動物の共通感染症に
かからないよう、顧客等に対して当該動物への接触方法について指導するとともに、動物に適度な休息を与えること。

〈修正文(意見)〉
「過度な」を削除すべき。
「動物が人の視線から逃れてストレスを癒せる隠れ場を確保すること。」を追加すべき。

「適度な休息」を 「二時間毎に一時間の休息時間」に修正すべき。

〈理由〉
虐待が心身に対しての苦痛を与えることであるとするならば、過度なストレスを与えることは虐待であると言う他
はなく、法は虐待行為に対して寛容であるべきではない。

命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレス
により健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、
法の精神に照らし合わせて隠れ場が確保される構造及び休息時間等については具体的に明記すべきである。


〈該当個所〉
(1)−D 販売業者にあっては、当該飼養施設における飼養中(取次ぎ又は代理を行っている場合を含む。)に
ワクチン接種が行われ、又は疾病等に係る獣医療が行われた動物を販売する場合には、獣医師が発行した
証明書類を添付すること。また、動物の仕入先から受け取った当該証明書類がある場合には、それらも併せて
添付すること。

〈修正文(意見)〉
「ワクチン接種が行われ」を 「必ずワクチン接種を行い」に修正すべき。
「獣医療が行われた動物を販売する場合には」を 「獣医療が行われた動物を販売することとし、」に修正すべき。

〈理由〉
飼い主にとって、または、里親募集・譲渡を行う民間のボランティアにとって、獣医師にワクチン接種や健康診断
及び治療を依頼することは既に社会的に広く普及していることであり、同時に、動物愛護センター及び飼育関連の
書物等においても適性飼育の一貫として提唱している現代において、既に訴訟問題等が発生している前例をかんが
みても、後々の法的等トラブルを回避するためにも、優良な業者を増やすためにも、法的にも道義的にも社会的責任
の伴う業者の業務全般についは、専門家である獣医師によるワクチン接種及び健康診断や獣医療の実施を明確に
義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(2)ー@ 飼養施設及びケージ等の個別保管設備の外で飼養又は保管をしないこと。ただし、管理の徹底策を
講じた上で一時的に当該施設等の外で飼養又は保管をする場合はこの限りでない。

〈修正文(意見)〉
「管理の徹底策」の前に、「防寒、防暑、十分な餌と水の給与、人の視線から逃れてストレスを癒せる隠れ場の確保
等の」を追加すべき。

〈理由〉
「管理の徹底策」のみでは、個々の判断により左右され兼ねず、 命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、
動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害すことのない様に、または、
後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に照らし合わせて管理の徹底策
を具体的に明記すべきである。


〈該当個所〉
(2)−A 飼養又は保管をする動物の種類及び数は、施設の構造及び規模並びに職員数に見合ったものとすること。

〈修正文(意見)〉
「過密による動物間での病気の蔓延やストレスや闘争の発生を防止するために、動物の走る、ジャンプする、登る、
泳ぐ、飛ぶ等の運動及び休息が十分に確保されるものとすること。」を追加すべき。

〈理由〉
「見合ったもの」についての明確な客観的基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、命ある動物の生命や
精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が
精神的ストレスにより健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を
増やすためにも、法の精神に照らし合わせて見合ったものとなるための具体的な基準を明記すべきである。


〈該当個所〉
(2)−B ケージ等の個別保管設備に入れる動物の種類及び数は、その構造及び規模に見合ったものとすること

〈修正文(意見)〉
「過密による動物間での病気の蔓延やストレスや闘争の発生を防止するために、動物の走る、ジャンプする、登る、
泳ぐ、飛ぶ等の運動及び休息が十分に確保されるものとすること。」を追加すべき。

〈理由〉
「見合ったもの」についての明確な客観的基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、命ある動物の生命や
精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害す
ことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に
照らし合わせて見合ったものとなるための具体的な基準を明記すべきである。


〈該当個所〉
(2)−E 展示業者及び販売業者にあっては、長時間の連続展示を行う場合には、動物のストレスを軽減するため、
必要に応じて展示を行わない時間を設けること。

〈修正文(意見)〉
「必要に応じて展示を行わない時間」を 「二時間毎に一時間の休憩時間」に修正すべき。
「動物が人の視線から逃れて個別でストレスを癒せる隠れ場を設けること。」を追加すべき。

〈理由〉
「必要に応じて」についての明確な客観的基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、命ある動物の生命や
精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害す
ことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に
照らし合わせて休息時間及び隠れ家を設けること
については具体的に明記すべきである。


〈該当個所〉
(2)−F 走る、登る、泳ぐ、飛ぶ等の運動が困難な個別保管設備において動物の飼養又は保管をする場合には、
そのことによる動物のストレスを軽減するために、必要に応じて運動の時間を設けること。

〈修正文(意見)〉
「ジャンプする」を追加すべき。
「必要に応じて運動の時間を設けること。」を 「一日に最低3時間の運動の時間を設けること。」に修正すべき。

〈理由〉
猫の習性上、ジャンプをすることは日常行動の一貫であり、ジャンプをすることによるストレスの軽減にもつながる
ことから、「必要に応じて」のみでは明確な客観的基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、命ある動物の生命
や精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害す
ことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に照らし
合わせて運動時間についても具体的に明記し義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(2)−G 幼齢な犬、ねこ等の社会化期を必要とする動物については、その健全な育成及び社会化を推進する
ために、適切な期間、親子又は同胎動物と共に飼養すること。

〈修正文(意見)〉
「適切な期間、」を 「生後から90日間」に修正すべき。

〈理由〉
猫については、その健全な育成及び社会化の観点において、実現が不可能であり且つ飼育が困難との理由から、
東京都の動物愛護センターでの実務面では生後九十日(生後三ヶ月)未満の子猫を譲渡の対象外としてきた。
動物愛護センターにおける実務面について、民間業者も合わせるべきである。


〈該当個所〉
(2)−I 汚物、残さ等の廃棄物及び動物の死体は、速やかに適正に処理すること。


〈修正文(意見)〉
「速やかに」を 「直ちに」に修正すべき。

〈理由〉
「速やか」についての明確な客観的基準がなく、個々の判断により左右され兼ねず、命ある動物の生命や精神面等
を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害すことのない
様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に照らし合わせて
直ちに適切な処理をする様に定めるべきである。


〈該当個所〉
(2)−L 展示業者及び訓練業者にあっては、動物に演芸又は訓練をさせる場合には、動物の生理、生態、習性等
に配慮し、演芸及び訓練が過酷なものとならないようにすること。

〈修正文(意見)〉
「動物の身体に対して暴力を振るう等の虐待行為をしてはならない、」を追加すべき。


〈理由〉
例えば、聴導犬の訓練。日本では犬の身体に対し暴力を振い強制することが一般的な訓練方法だとして、それとは
相反して愛情を込めて根気強く優しく訓練を行った結果、優秀な聴導犬が沢山誕生したとの実例がある。動物の身体
をぶつ、叩く、蹴る、放り投げる等の訓練方法は、命ある動物の習性や精神面や健康面等を傷つける暴力行為を
具体的な虐待行為であるとして明記し禁止行為とすべきである。


〈該当個所〉
(2)−M 貸出し業者にあっては、貸し出した動物が撮影に使用される場合には、動物本来の生態及び習性に関して
一般人に誤解を与えるおそれのある形態による撮影が行われないようにすること。また、撮影等の貸出し先における
利用の時間、環境等を適切なものとし、動物に過度の苦痛を与えないようにすること。


〈修正文(意見)〉
「利用の時間」を 「利用の時間の2時間毎に一時間の休憩を取らせ」に修正すべき。

「過度の苦痛」を 「苦痛やストレス」に修正すべき。

〈理由〉
虐待が心身に対しての苦痛を与えることであるとするならば、過度な苦痛を与えることは虐待であると言う他はなく、
法は虐待行為に対して寛容であるべきではない。

命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレス
により健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、
法の精神に照らし合わせて具体的に利用時間及び苦痛を与えないことを明記すべきである。


〈該当個所〉
(2)−O 販売業者、展示業者及び貸出し業者にあっては、野生動物又はこれに類した動物を業の実施に供する
場合には、その飼養可能性にかんがみ、適切な種を選択すること。
また、その生理、生態及び習性を踏まえて、導入に当たっては、必要に応じた馴化措置を講じること。

〈修正文(意見)〉
「適切な種を選択すること」を 「人との共生に適切な種を選択すること」に修正すべき。

〈理由〉
「適切な種」についての明確な客観的基準がないため、人による飼育可能性にかんがみ、人との共生を判断基準
として明記すべきである。


〈該当個所〉
(3)ー@ チ 不妊又は去勢の方法及び費用その他の適正な飼養又は保管の方法(哺乳類に限る。)

〈修正文(意見)〉
「不妊又は去勢の方法」を 「不妊又は去勢の必要性や方法」に修正すべき。

〈理由〉
不妊又は去勢の必要性を十分に理解しないまま動物を飼育し、結果として数が増えて処置に困り、動物を遺棄する
飼い主も少なくなく、大きな社会問題の一つともなっている。

公的にも道義的にも、業者は法を厳守し社会秩序を維持するための義務と責任の一端を担っており、優良な業者を
増やすためにも、不妊又は去勢の必要性についての説明責任と説明義務を明記すべきである。


〈該当個所〉
(4)−@ 新たな動物を飼養施設に導入するに当たっては、当該動物が健康であることを外見による目視又は顧客
からの聞き取りにより確認することとし、それまでの間、必要に応じて他の飼養中の動物と接触させないようにすること。

〈修正文(意見)〉
「確認することとし」を 「確認する他、獣医師による健康診断証明書を付けることとし」に修正すべき。

〈理由〉
目視または顧客からの聞き取りのみによる健康状態の判断は、余りにも非医学的行為であり、個々の判断により
左右され兼ねず、無責任な脱法行為を容易にし後々の法的等トラブルをも誘発し兼ねない。

飼い主にとって、または、里親募集・譲渡を行う民間のボランティアにとって、獣医師に健康診断を依頼し獣医師による
健康診断証明書を付けることが社会的にも広く普及していることであり、同時に、動物愛護センター及び飼育関連の
書物等においても適性飼育の一貫として獣医師による健康診断を提唱している現代において、優良な業者を増やす
ためにも、法的にも道義的にも社会的責任の伴う業者の業務全般についは、専門家である獣医師による健康診断の
実施及び健康診断証明書を付けることを明確に義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(4)−A 飼養する動物の疾病及びけがの予防、寄生虫の防除等日常的な健康管理に努めること。

〈修正文(意見)〉
「努めること。」を 「細心の注意をすること。」に修正すべき。

〈理由〉
日常的な動物の健康管理は、業者の重要な業務内容の一つであり、同時に、後々の法的等のトラブルを回避すること
は業者の重要な社会的責任でもあるため、命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の健康面や精神面
を考慮し、業者の責任と義務を明記すべきである。


〈該当個所〉
(4)−B 疾病の予防等のために、必要に応じてワクチン接種を行うこと。

〈修正文(意見)〉
「必要に応じて」を削除すべき。
「ワクチン接種を行うこと。」を 「 獣医師によるワクチン接種を行うこと。」に修正すべき。

〈理由〉
飼い主にとって、または、里親募集・譲渡を行う民間のボランティアにとって、獣医師によるワクチン接種を行うことは
既に社会的にも広く普及していることであり、同時に、動物愛護センター及び飼育関連の書物等においても適性飼育
の一貫として提唱している現代において、優良な業者を増やすためにも、法的にも道義的にも社会的責任の伴う業者
の業務全般についは、専門家である獣医師によるワクチン接種の実施等を明確に義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(4)− C 動物が疾病にかかり、又は負傷した場合には、速やかに必要な処置を行うとともに、必要に応じて獣医師
による診療を受けさせること。

〈修正文(意見)〉
「速やかに」を 「直ちに」に修正すべき。
「必要に応じて」を削除すべき。

〈理由〉
「速やかに」の明確な客観的基準が曖昧で、結果的に動物が放置されることにもつながり兼ねない。
また、疾病にかかり、又は負傷した動物を獣医師に診せることは業者の重要な業務内容の一つであり、同時に、
命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の健康面や精神面も考慮し、優良な業者を増やすためにも、
法的にも道義的にも社会的責任の伴う業者の業務全般についは、その責任と義務を明確に明記すべきである。


〈該当個所〉
(5)ー@ 販売業者、展示業者及び貸出し業者にあっては、販売、展示又は貸出しのために動物を繁殖させる場合
には、遺伝性疾患等の問題が生じるおそれのある動物(合せを含む。)、幼齢な動物又は高齢な動物を繁殖の用に
供さないこと。

〈修正文(意見)〉
「幼齢な動物」を 「生後7ヶ月未満の動物且つ自然な最初の発情を迎える前の動物」に修正すべき。
「高齢な動物」を 「6才以上の動物」に修正すべき。

〈理由〉
繁殖に不適切である「幼齢、高齢」についての明確な客観的判断基準が曖昧であり、個々の判断に任せるだけでは、
統一性や本項の精神が十分に実現され得るとは言い難く、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の
習性や健康面等をも考慮し、繁殖に適切な年齢については明記すべきである。


〈該当個所〉
(5)−A 販売業者、展示業者及び貸出し業者にあっては、販売、展示又は貸出しのために動物を繁殖させる場合
には、みだりに繁殖させることにより母体に過度な負担がかかることを避け、その繁殖の回数を適切なものとすること。

〈修正文(意見)〉
「その繁殖の回数を適切なものとすること。」を 「その繁殖の回数を六回以内とすること。」に修正すべき。

〈理由〉
繁殖の回数として「適切なもの」についての明確な客観的判断基準は曖昧であり、個々の判断に任せるだけでは、
統一性や本項の精神が十分に実現され得るとは言い難く、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、
母体の健康面や体力面を考慮し、繁殖回数については明記すべきである。


〈該当個所〉
(5)ーB 販売業者、展示業者及び貸出し業者にあっては、施設の構造及び規模、職員数等を踏まえ、計画的な繁殖
を行うようにすること。また、必要に応じて、繁殖を制限するための措置を講じること。


〈修正文(意見)〉
「必要に応じて、」を 「計画以上に動物の数が増える恐れのある場合は、」に修正すべき。

〈理由〉
近年、業者による無計画に繁殖させた動物の大量放置または大量遺棄、悪環境での飼育または虐待等が社会問題
の一つとなっている。同時に、命ある動物が大量消費される物品と同様に扱われ、無責任な動物販売業者、無責任な
飼い主により、街中では遺棄され行き場を失う動物が後を絶たず、動物愛護センターに持ち込まれる動物の数及び
動物の殺処分数や使われる国民の血税も一向に減ることはない。

これらのことは、社会環境や家庭環境等における青少年たちに対しても多大な悪影響を与え兼ねず、教育的観点から
かんがみても、到底無視することのできない由々しき問題だと言わざるを得ない。

「必要に応じて」との曖昧な表現に留める限り、無責任な業者の蔓延る土壌を温存することにもつながり兼ねない。
業者には、公的にも道義的にも、法を厳守し社会秩序を維持するための社会的な義務や責任がある。

各業者には、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、繁殖を施設の規模等に照らし合わせた繁殖計画内に
留めさせ、繁殖数が計画を超える場合においては、厳正な罰則を設けると共に、優良な業者を増やすためにも、
計画以上に動物の数が増えることを未然防止するための繁殖制限措置としての不妊・去勢手術の実施を義務付ける
べきである。

また、命ある動物を業として取り扱うことによる公的にも道義的にも大きな社会的な義務と責任を負うことについての
十分な自覚と信念を持った、同時に、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうすること
の出来る飼い主の育成及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、その社会的な責任と義務を
果たすことの出来る優良な業者を増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等からかんがみても、国家の利益
となる重要な課題である。

そのためには、安易な他への譲渡ではなく、動物の生命等を尊重した計画的な繁殖を自らの責任において行うことが、
命ある動物を扱う業者としての義務と責任であるとして厳格に明記すべきである。


〈該当個所〉
(6)ーC ケージ等の個別保管設備は、個々の動物が自然な姿勢で立ち上がり、横たわり、羽ばたく等日常的な
動作を容易に行うための十分な広さ及び空間を有したものであること。
ただし、動物の健康及び安全を守るための特別な事情がある場合は、この限りでない。


〈修正文(意見)〉
「走る、登る、ジャンプする、」を追加すべき。
「獣医師の診断により、」を追加すべき。
「特別な事情」を 「真に止むを得ない特別な事情」に修正すべき。

〈理由〉
猫の習性上、走る、ジャンプする、登るは日常的に行う動作であり、それにより精神的ストレスの強弱にも多大な違い
が生じることから、猫の習性等にも十分に考慮し明記すべきである。また、命ある動物の生命や健康面等を尊重する
と共に、動物の健康及び安全を守るためには、個々の判断に任せるだけでは十分に担保されるとは言い難く、
明確な客観性を有する専門家である獣医師の診断を必要条件として明記すべきである。



〈該当個所〉
(6)ーE ただし、動物の生理、生態及び習性により、温度調整、換気等を行う必要がない場合並びに動物の健康
及び安全を守るための特別な事情がある場合は、この限りでない。

〈修正文(意見)〉
「獣医師の診断により、」を追加すべき。
「特別な事情」を 「真に止むを得ない特別な事情」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の健康及び安全を守るためには、明確な客観的判断基準が
曖昧では個々の判断に任せるだけでは十分に担保されるとは言い難く、明確な客観性を有する専門家である獣医師
の診断を必要条件として明記すべきである。


〈該当個所〉
(6)ーF飼養する動物の種類、数、発育状況及び健康状態に応じ、適切な種類、量及び回数により給餌給水が
行われること。ただし、動物の健康及び安全を守るための特別な事情がある場合は、この限りでない。

〈修正文(意見)〉
「獣医師の診断により、」を追加すべき。
「特別な事情」を 「真に止むを得ない特別な事情」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の健康及び安全を守るためには、明確な客観的判断基準が
曖昧では個々の判断に任せるだけでは十分に担保されるとは言い難く、明確な客観性を有する専門家である獣医師
の診断を必要条件として明記すべきである。


〈該当個所〉
(6)ーG 動物の疲労又は苦痛を軽減するために、輸送時間はできる限り短くするとともに、輸送中は、必要に応じて
休息又は運動のための時間を確保すること。

〈修正文(意見)〉
「必要に応じて」を削除すべき。
「休息又は運動」を 「二時間毎に10分以上の休息又は運動」に修正すべき。

〈理由〉
「必要に応じて」についての明確な客観的判断基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、動物の疲労又は苦痛
を軽減させるためには、命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、
動物が精神的ストレスにより健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、
優良な業者を増やすためにも、法の精神に照らし合わせて休息又は運動についての具体的な基準を明記すべきである。


〈該当個所〉
(7)ーA 安易な飼養の助長を防止するため、事実に反した飼養の容易さ、幼齢時の一過性の愛らしさ、生態及び習性
に反した行動等を誇張すること等により、顧客等に動物に関して誤った理解を与えることのない内容とすること。

〈修正文(意見)〉
「飼い主の義務と責任の不明記、」を追加すべき。

〈理由〉
飼い主の義務と責任を十分に理解しないまま動物を飼った結果、街中への遺棄等をする無責任な飼い主が後を絶たない。

飼い主に義務と責任を正しく理解させることは、動物販売業者が法を厳守し社会秩序を維持するための社会的な義務と
責任を果たすことにもつながると同時に、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうする
ことの出来る飼い主の育成及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現することにもつながるため、
飼い主の義務と責任を明記することを業者の義務と責任として明確に義務付けるべきである。


〈該当個所〉
(9)ーA 業の廃止等により、業の実施の用に供することが困難な動物が生じた場合は、動物が命あるものであること
にかんがみ、譲渡し等によって生存の機会を与える努力をすること。殺処分しなければならない場合等にあっては、
できる限りその動物に苦痛を与えない方法によること。

〈修正文(意見)〉
「生存の機会を与える努力をすること。」を 「生存の機会を与えること。」に修正すべき。
「殺処分しなければならない場合」の前に 「真に止むを得ない特別な事情により」を追加すべき。
「できる限り」を削除すべき。
「その動物に苦痛を与えない方法によること。」を 「その動物に苦痛を与えない方法を獣医師により行うこと。」に修正
すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、その命ある動物を大量消費の物品と同一視して安易に業として動物を
取り扱うことによる、法の厳守や社会秩序の維持等の社会的な義務と責任を十分に果たせない業者をなくしていくこと
は、また、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうすることの出来る飼い主の育成
及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、公的にも道義的にも大きな社会的な義務と責任を負う
ことについての十分な自覚と信念を持った、更には、その社会的な責任と義務を果たすことの出来る優良な業者を
増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等からかんがみても、国家の利益となる重要な課題である。

そのためには、安易な動物の殺処分を原則認めず、命ある動物を業として取り扱うことによる公的にも道義的にも
大きな社会的な義務と責任を負うことについての十分な自覚を業者には持たせることが必要であり、また、みだりに
業者自身等が行うことのない様に、専門家である獣医師により動物に苦痛を与えない方法を用いることを、
命ある動物を扱う業者としての義務と責任であるとして、厳格に明記すべきである。


〈該当個所〉
(9)ーB 疾病の回復の見込みがない場合等やむを得ず動物を殺処分しなければならない場合は、できる限り
その動物に苦痛を与えない方法によること。

〈修正文(意見)〉
「疾病の回復の見込みがない場合」の前に 「獣医師の診断により、」を追加すべき。

「できる限り」を削除すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の健康及び安全を守るためには、明確な客観的判断基準
が曖昧では個々の判断に任せるだけでは十分に担保されるとは言い難く、明確な客観性を有する専門家である
獣医師の診断を必要条件として明記すべきである。


第4−1 動物取扱責任者の選任

〈該当個所〉
(4)−@ 当該業に係る半年以上の実務経験があること。

〈修正文(意見)〉
「半年以上」を 「一年以上」とすべき。

〈理由〉
社会通念上、半年間とは試用期間を終えてやっと本格的な仕事を覚える段階であり、知識や経験は浅く、仕事上の
責任を負える段階にはない。一方、他の該当条件との比較においても、知識や技術等の均等性を保持することが
困難と予想されることから、条件が緩過ぎると言わざるを得ない。



■資料3 動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置要領(素案)

第4 動物の健康及び安全の保持

〈該当個所〉
識別器具の装着に当たっては、動物に過度の負担がかからないような方法で行うこと。特にマイクロチップ等のように、
その装着に当たって外科的な措置が必要な識別器具に関しては、できるだけ獣医師等の専門家の施術によって装着
されるようにすること。

〈修正文(意見)〉
「できるだけ獣医師等の専門家」の「できるだけ」を削除すべき

〈理由〉
命ある動物の生命や健康や安全等を尊重すれば、外科的な措置は、動物の生命や健康及び安全を脅かし兼ねない
危険行為であり、みだりに業者自身等が行うことのない様に、専門家である獣医師が実施することを明記すべきである。


■資料4 「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準の改定素案」
第1 一般原則

〈該当個所〉 現行の基準
1−1 家庭動物等の所有者又は占有者(以下「所有者等」という。)は、命あるものである家庭動物等の適正な飼養
及び保管に責任を負う者として、動物の生態、習性及び生理を理解し、愛情をもって家庭動物等を取り扱うとともに、
その所有者は、家庭動物等を終生飼養するように努めること。

〈修正文(意見)〉
「終生飼養するように努めること」を 「終生飼育する義務と責任を負う」と修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の適性飼育に責任を負う者が、終生飼育についての責任を負えないことは矛盾である。
飼い主又は占有者による安易な動物の遺棄や飼育及び保管の放棄またはそれを側面的に押し薦める他者の存在は、
今日の各地域内における動物を巡る全国的な社会問題をもたらす結果となっている。所有者又は占有者は、動物の
終生飼育についての義務と責任を負うことを明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
1−5  繁殖制限 所有者は、その飼養及び保管する家庭動物等が繁殖し、飼養数が増加しても、適切な飼養環境
及び終生飼養の確保又は適切な譲渡が自らの責任において可能である場合を除き、原則としてその家庭動物等に
ついて去勢手術、不妊手術、雌雄の分別飼育等その繁殖を制限するための措置を講じること。

〈修正文(意見)〉
「又は適切な譲渡」を削除すべき。
「雌雄の分別飼育等」を削除すべき。

〈理由〉
終生飼育は、飼い主の義務と責任であり、その飼い主が自ら望んで出産させた動物についても、当然ながら終生飼育
の義務と責任を負うものである。また、発情は動物の精神面に多大なストレスを与えるのみならず、健康面への悪影響
も心配されることから、愛情をもって命ある動物のストレスを解消させ健康の管理と維持をすることは、飼い主が
適性飼育をするための当然な義務と責任でもある。
であるにもかかわらず、譲渡及び雌雄の分別飼育等は、終生飼育や適性飼育の義務と責任とは相反する行為であり、
飼い主としての欲望を満たすためだけの義務と責任の放棄であると言わざるを得ない。



〈該当個所〉 改正案
1−6  その飼養及び保管に当たっては、感染の可能性に留意し、適度な接触にとどめるなどの予防のために
必要な注意を払うことにより、自らの感染のみならず、他の者への感染の防止にも努めること。

〈修正文(意見)〉
「適度な接触にとどめる」を削除すべき。

〈理由〉
「適度な接触」についての明確な客観的基準はなく、「正しい接触」の知識については十分に理解されないまま、
感染を恐れて動物との接触を躊躇することが先行し兼ねないため、人と動物とのより素晴らしい関係の構築という観点
からかんがみれば、この一文は人と動物との関係に対して誤解を与え兼ねない。

「正しい接触」についての知識を積極的に提供することを通して、動物との接触に対する恐れが払拭され、同時に正しい
知識に基づく動物との適当な接触も実現可能となる筈である。


第5 犬の飼養及び保管に関する基準

〈該当個所〉 改正案
5−7  犬の所有者は、やむを得ず犬を継続して飼養することができなくなった場合には、適正に飼養することの
できる者に当該犬を譲渡するように努め、新たな飼養者を見いだすことができない場合に限り、都道府県等
(動物の愛護及び管理に関する法律第35条第1項に規定する都道府県等をいう。以下同じ。)に引取りを求めること。

〈修正文(意見)〉
「やむを得ず」を 「真に止むを得ない特別な事情により」に修正すべき。
「譲渡するように努め」を 「譲渡することとし」に修正すべき。

〈理由〉
命ある犬の飼い主は、その犬の生命や健康や安全等において、適性飼育と終生飼育の義務と責任を負う。継続して
飼育することが出来なくなった場合においても、自助努力により飼育の継続を模索することが義務と責任を果たすこと
であり、真にそれが駄目な場合においても、その犬の生命や健康や安全等を守るために譲渡をすることが、飼い主
としての義務と責任を果たすことである。

都道府県等への引取り依頼は、その犬の生命や健康や安全等を守るためべき飼い主の義務と責任とは相反する
安易な選択であり、飼い主としての義務と責任の放棄であると言わざるを得ず、安易に薦めるべきではない。


第6 ねこの飼養及び保管に関する基準

〈該当個所〉 現行の基準
6−4  ねこの所有者は、やむを得ずねこを継続して飼養することができなくなった場合には、適正に飼養すること
のできる者に当該ねこを譲渡するように努め、新たな飼養者を見いだすことができない場合に限り、都道府県等に
引き取りを求めること。

〈修正文(意見)〉
「やむを得ず」を 「真に止むを得ない特別な事情により」に修正すべき。
「譲渡するように努め」を 「譲渡することとし」に修正すべき。

〈理由〉
命ある猫の飼い主は、その猫の生命や健康や安全等において、適性飼育と終生飼育の義務と責任を負う。
継続して飼育することが出来なくなった場合においても、自助努力により飼育の継続を模索することが義務と責任を
果たすことであり、真にそれが駄目な場合においても、その猫の生命や健康や安全等を守るために譲渡をすることが、
飼い主としての義務と責任を果たすことである。

都道府県等への引取り依頼は、その猫の生命や健康や安全等を守るためべき飼い主の義務と責任とは相反する
安易な選択であり、飼い主としての義務と責任の放棄であると言わざるを得ず、安易に薦めるべきではない。


第7 学校、福祉施設等における飼養及び保管

〈該当個所〉 改正案
7−6  管理者は、飼養及び保管する動物に対して飼養に当たる者以外の者からみだりに食物等を与えられ、
又は動物が傷つけられ、若しくは苦しめられることがないよう、その予防のための措置を講じるよう努めること。

〈修正文(意見)〉
「講じるよう努めること。」を 「講じること」に修正すべき。

〈理由〉
公共施設における動物の飼育及び保管については、社会や地域や家庭や生徒たち等に対して与える影響が多大
であり、管理者が予防のための措置を講じることは職務上の当然な義務であり責任である。



■資料5 「展示動物の飼養及び保管に関する基準の改定素案」
第1 一般原則

〈該当個所〉 現行の基準
1−3  計画的な繁殖等
管理者は、みだりに繁殖させることにより展示動物の適正な飼養及び保管等に支障が生じないよう、自己の管理する
施設の収容力、展示動物の年齢、健康状態等を勘案し、計画的な繁殖を行うように努めること。また、必要に応じて、
去勢手術、不妊手術、雌雄の分別飼育等その繁殖を制限するための措置又は施設への譲渡し若しくは貸出しの措置
を適切に講ずるように努めること。さらに、遺伝性疾患が生じるおそれのある動物を繁殖の用に供さないように努める
とともに、遺伝性疾患が生じるおそれが高いことから過度な近親交配を行わないように努めること。

〈修正文(意見)〉
「計画的な繁殖を行うように努めること。」を「計画的な繁殖を行うこと。」に修正すべき。
「必要に応じて、」を 「計画以上に動物の数が増える恐れのある場合は、」に修正すべき。
「又は施設への譲渡し若しくは貸出しの措置を適切に講ずるように努めること」を 削除すべき。
「適切に講ずるように努めること」を 「適切に講ずること」に修正すべき。
「供さないように努めるとともに、」を 「供さないようにするとともに、」に修正すべき。
「行わないように努めること。」を 「行わないようにすること。」 に修正すべき。


〈理由〉
近年、業者による無計画に繁殖させた動物の大量放置または大量遺棄、悪環境での飼育または虐待等が社会問題の
一つとなっている。同時に、命ある動物が大量消費される物品と同様に扱われ、無責任な動物販売業者、無責任な
飼い主により、街中では遺棄され行き場を失う動物が後を絶たず、動物愛護センターに持ち込まれる動物の数及び
動物の殺処分数や使われる国民の血税も一向に減ることはない。

これらのことは、社会環境や家庭環境等における青少年たちに対しても多大な悪影響を与え兼ねず、教育的観点から
かんがみても、到底無視することのできない由々しき問題だと言わざるを得ない。

「努める、必要に応じて、他への譲渡、」などの表現は、無責任な業者の蔓延る土壌を温存することにもつながり兼ねない。
業者には、公的にも道義的にも、法を厳守し社会秩序を維持するための社会的な義務や責任がある。

各業者には、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、繁殖を施設の規模等に照らし合わせた繁殖計画内に
留めさせ、繁殖数が計画を超える場合においては、厳正な罰則を設けると共に、優良な業者を増やすためにも、
計画以上に動物の数が増えることを未然防止するための繁殖制限措置としての不妊・去勢手術の実施を義務付ける
べきである。

また、命ある動物を業として取り扱うことによる公的にも道義的にも大きな社会的な義務と責任を負うことについての
十分な自覚と信念を持った、同時に、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうすること
の出来る飼い主の育成及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、その社会的な責任と義務を
果たすことの出来る優良な業者を増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等からかんがみても、
国家の利益となる重要な課題である。

そのためには、安易な他への譲渡ではなく、動物の生命等を尊重した計画的な繁殖を自らの責任において行うことが、
命ある動物を扱う業者としての義務と責任であるとして、厳格に明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
4 終生飼養等
管理者は、希少な野生動物等の保護増殖を行う場合を除き、展示動物が終生飼養されるよう努めること。ただし、
展示動物が感染性の疾病にかかり、人又は他の動物に著しい被害を及ぼす恐れのある場合、苦痛が甚だしく、
かつ、治癒の見込みのない疾病にかかり、又は負傷をしている場合、甚だしく凶暴であり、かつ、飼養を続けること
が著しく困難である場合等やむを得ない場合は、この限りではない。なお、展示動物を処分しなければならないときは、
動物が命あるものであることにかんがみ、できるだけ生存の機会を与えるように努めること。また、やむを得ず殺処分
しなければならないときであっても、できる限り、苦痛(恐怖及びストレスを含む。以下同じ。)を与えない適切な方法を
採るとともに、獣医師等によって行われるように努めること。

〈修正文(意見)〉
「終生飼養されるよう努めること。」を 「終生飼養されるようにすること。」に修正すべき。
「やむを得ない場合は、」を 「獣医師の診断により真に止むを得ない場合は、」に修正すべき。
「できるだけ生存の機会」の 「できるだけ」を削除すべき。
「生存の機会を与えるように努めること。」を 「生存の機会を与えるようにすること。」に修正すべき。
「できる限り、」を削除すべき。
「獣医師等によって行われるように努めること。」を 「獣医師によって行うようにすること。」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物を業として取り扱うことによる公的にも道義的にも大きな社会的な義務と責任を負うことについての十分な
自覚と信念を持った、同時に、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうすることの
出来る飼い主の育成及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、その社会的な責任と義務を果たす
ことの出来る優良な業者を増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等からかんがみても、国家の利益と
なる重要な課題である。

そのためには、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の健康及び安全を守るためには、自らの責任
において動物に生存機会を与えること、同時に、安易な動物の殺処分を原則認めず、みだりに業者自身等が行うこと
のない様に、専門家である獣医師により動物に苦痛を与えない方法を用いることを、命ある動物を業として扱う業者
としての義務と責任についての十分な自覚を持たせることが必要であり、その義務と責任を厳格に明記すべきである。


第2 定義

〈該当個所〉 改定案
(3)販売 動物の譲渡しを行う事業者が、動物を有償又は無償で譲渡することをいう。


〈修正文(意見)〉
「又は無償」を削除すべき。

〈理由〉
本来、販売とは有償の意味合いが濃い。一方、無償の譲渡について、原則有料・例外的に無料の事業者のみならず、
原則無料のボランティアや個人も行っている。そのため、販売の中に業者の例外的な無償譲渡をも含めてしまうと、
ボランティアや個人たちに対する誤解を招き兼ねず、無償での動物の保護や里親探しや譲渡等の一連の活動に
ついても、悪影響を及ぼし兼ねず活動に支障をきたし兼ねない。


3 共通基準
1 動物の健康及び安全の保持

〈該当個所〉 改正案
(1)飼養及び保管の方法  管理者及び飼養保管者は、その飼養及び保管に当たっては、次に掲げる事項に留意
しつつ、展示動物に必要な運動、休息及び睡眠を確保するとともに、健全に成長し、かつ、本来の習性が発現できる
ように努めること。

〈修正文(意見)〉
「努めること。」を 「すること。」に修正すべき。

〈理由〉
飼養及び保管をする者の義務と責任を厳格に明記すべきである。


〈該当個所〉 改正案
(1)−イ. また、傷病のみだりな放置は、動物の虐待を招きかねないことについて十分に認識すること。

〈修正文(意見)〉
「動物の虐待を招きかねないこと」を 「動物の虐待であること」に修正すべき。

〈理由〉
虐待を招きかねないという表現については、放置した者による虐待ではなく、他の第三者によってなされる虐待である
かの印象を与える。しかし、放置する者以外に虐待をはじめる第三者の出現が果たして現実にはあり得るかどうか
については、その対象が曖昧であり不明確である。よって、適切な表現であるとは言えず、本項の精神が十分に発揮
されるとは考え難い。

命ある動物の生命や精神面や健康面等を尊重し、虐待が動物の心身に対しての苦痛を与えることであるとするならば、
傷病のみだりな放置についても同等であり、虐待であると言う他はないため、動物を現に放置しているその者こそが
動物を虐待している者であると明記し、その虐待行為については禁止を明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(1)−ウ. 捕獲後間もない動物、他の施設から譲り受け、若しくは借り受けた動物を施設内に搬入するに当たっては、
当該動物が健康であることを確認するまでの間、他の動物との接触若しくは展示又は販売若しくは貸出しをしないよう
にするとともに、飼養環境への順化順応を図るために必要な措置を講ずること。

〈修正文(意見)〉
「健康であることを確認するまでの間」の前に、「獣医師の診断により」を追加すべき。


〈理由〉
命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、優良な業者を増やすためにも、明確な客観性を有する専門家である
獣医師の診断を必要条件として明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(1)−カ.幼齢時に社会化が必要な動物については、一定期間内、親子等を共に飼養すること。

〈修正文(意見)〉
「一定期間内、」を 「生後から90日間」に修正すべき。

〈理由〉
特に猫については、その健全な育成及び社会化の観点において、実現が不可能であり且つ飼育が困難との理由から、
東京都の動物愛護センターでの実務面では生後九十日(生後三ヶ月)未満の子猫を譲渡の対象外としてきた。
民間業者もそれに合わせるべきであり、一定期間を生後3ヶ月間とすべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(1)−キ.疾病にかかり、若しくは負傷した動物、妊娠中若しくは幼齢な動物を育成中の動物又は高齢な動物について
は、隔離又は治療する等の必要な措置を講ずるとともに、適切な給餌及び給水を行い、並びに休息を与えること。

〈修正文(意見)〉
「隔離又は治療する等の必要な措置を講ずるとともに、」の前に「獣医師の診断により」を追加すべき。
「休息を与えること。」を 「十分な休息を与えること。」に修正すべき。

〈理由〉
疾病にかかり、若しくは負傷した動物に対する医療行為については、みだりに業者自身等が行うことのない様に、
専門家である獣医師が行うことを明記すべきである。また、動物の心身の健康と安全を守る観点から、動物が十分
に休息を取れる様にも明記すべきである。


(2)施設の構造等

〈該当個所〉 現行の基準
(2)−ア. 個々の動物が、自然な姿勢で立ち上がり、横たわり、羽ばたき、泳ぐ等日常的な動作を容易に行うための
十分な広さと空間を備えること。また、展示動物の飼養及び保管の環境の向上を図るため、隠れ場、遊び場等の設備
を備えた豊かな飼養及び保管の環境を構築すること。

〈修正文(意見)〉
「走る、ジャンプする、登る、」を追加すべき。

〈理由〉
猫は習性上、走る、ジャンプする、登る等が日常的な動作であり、それにより精神的ストレスの強弱にも多大な違いが
生じることから、猫の習性等をも十分に考慮し明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(2)−ウ.過度なストレスがかからないように、適切な温度、通風及び明るさ等が保たれる構造にすること、又はその
ような状態に保つための設備を備えること。

〈修正文(意見)〉
「過度なストレス」を 「苦痛やストレス」に修正すべき。
「人の視線から逃れてストレスを癒せる隠れ場が確保される構造」を追加すべき。

〈理由〉
虐待が心身に対しての苦痛を与えることであるとするならば、過度なストレスを与えることは虐待であると言う他はなく、
法は虐待行為に対して寛容であるべきではない。命ある動物の生命や健康や安全等を尊重すると共に、動物の習性
及び健康面や精神面を考慮し、動物が精神的ストレスにより健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブル
を誘発しない様に、優良な業者を増やすためにも、法の精神に照らし合わせて隠れ場が確保される構造についても
明記すべきである。


3 危害等の防止

〈該当個所〉 現行の基準
(1)−ウ.施設について日常的な管理及び保守点検を行うとともに、定期的に巡回を行い、飼養及び保管する
展示動物の数及び状態を確認すること。

〈修正文(意見)〉
「状態」を 「健康状態」に修正すべき。

〈理由〉
動物の健康状態を管理し維持し正しく把握することは、命ある動物を扱う業者としての当然な職務責任であり、
健康状態について明記すべきである。


4 人と動物との共通感染症

〈該当個所〉 改正案
4  排せつ物等を適切に処理するように努めること。

〈修正文(意見)〉
「適切に処理するように努めること。」を「直ちに適切な処理をすること。」に修正すべき。

〈理由〉
排せつ物等を適切に処理することは、命ある動物を扱う業者としての当然な職務責任であるとして明記すべきである。


6 輸送時の取扱い

〈該当個所〉 現行の基準
6−(1)展示動物の疲労及び苦痛を軽減するため、できるだけ短い時間により輸送できる方法を採るとともに、
必要に応じ適切な休憩時間を確保すること。

〈修正文(意見)〉
「必要に応じ適切な休憩時間を確保すること。」を 「「二時間毎に10分以上の休憩時間を確保すること。」に修正すべき。

〈理由〉
「必要に応じて」についての明確な客観的判断基準はなく、個々の判断により左右され兼ねず、動物の疲労又は苦痛を
軽減させるためには、命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性及び健康面や精神面を考慮し、
動物が精神的ストレスにより健康を害すことのない様に、または、後々の法的等トラブルを誘発しない様に、優良な業者を
増やすためにも、法の精神に照らし合わせて休息又は運動についての具体的な基準を明記すべきである。


7 施設廃止時の取扱い

〈該当個所〉 現行の基準
7 管理者は、施設の廃止に当たっては、展示動物が命あるものであることにかんがみ、できるだけ生存の機会を与える
ように努め、飼養及び保管している展示動物を他の施設へ譲り渡すように努めること。やむを得ず展示動物を殺処分
しなければならない場合は、できる限り、苦痛を与えない適切な方法を採るとともに、獣医師等によって行われるように
努めること。

〈修正文(意見)〉
「できるだけ生存の機会・・・」の「できるだけ」を削除すべき。
「生存の機会を与えるように努め、」を 「生存の機会を与え、」に修正すべき。
「やむを得ず」を削除すべき。
「殺処分しなければならない場合」の前に 「真に止むを得ない特別な事情により」を追加すべき。
「できる限り」を削除すべき。
「獣医師等によって行われるように努めること。」を 「獣医師等によって行われるようにすること。」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、その命ある動物を大量消費の物品と同一視して安易に業として動物を
取り扱うことによる、法の厳守や社会秩序の維持等の社会的な義務と責任を十分に果たせない業者をなくしていくこと
は、また、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等の義務と責任をまっとうすることの出来る飼い主の育成
及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、公的にも道義的にも大きな社会的な義務と責任を負う
ことについての十分な自覚と信念を持った、更には、その社会的な責任と義務を果たすことの出来る優良な業者を
増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等からかんがみても、国家の利益となる重要な課題である。

そのためには、命ある動物の生命や健康面等を尊重すると共に、動物の健康及び安全を守るためには、安易な動物
の殺処分及び安易な他への譲渡を原則認めず、自らの責任において動物に生存機会を与えること、同時に、
安易な動物の殺処分を原則認めず、みだりに業者自身等が行うことのない様に、専門家である獣医師により動物に
苦痛を与えない方法を用いることを、命ある動物を業として扱う業者としての義務と責任についての十分な自覚を業者
には持たせることが必要であり、その義務と責任を厳格に明記すべきである。


第4 個別基準
(1)展示方法

〈該当個所〉 改正案
(1)−ウ.動物に演芸をさせる場合には、演芸及びその訓練は、動物の生態、習性、生理等に配慮し、動物をみだり
に殴打し、酷使する等の虐待を招きかねない過酷なものとならないようにすること。

〈修正文(意見)〉
「みだりに」を削除すべき。
「虐待を招きかねない過酷なものとならないようにすること。」を 「虐待行為をしてはならず、過酷なものとならないよう
にすること。」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の身体を殴打し酷使することは、動物に苦痛を与えることであり、苦痛を与えることは虐待であると言う他
はなく、法は虐待行為に対して寛容であるべきではない。
また、虐待を招きかねないという表現は、動物を殴打等している者ではなく、他の第三者によってなされる虐待である
かの印象を与える。しかし、殴打等をしている者以外に虐待をはじめる第三者の出現が果たして現実にはあり得るか
どうかについては、その対象が曖昧であり不明確である。よって、適切な表現であるとは言えず、本項の精神が十分
に発揮されるとは考え難い。

命ある動物の生命や精神面や健康面等を尊重し、動物の身体に苦痛を与えることが虐待であるとするならば、動物を
殴打等しているその者こそが現に動物を虐待している者であると明記し、その虐待行為については禁止を明記すべき
である。


〈該当個所〉 現行の基準
(1)−エ. 生きている動物を餌として与える場合は、その必要性について観覧者に対して十分な説明を行うとともに、
餌となる動物の苦痛を軽減すること。

〈修正文(意見)〉
「生きている動物を餌として与える場合は、」を削除すべき。
または、 「生きている動物を餌として与えてはならない。」に修正すべき。

〈理由〉
人の手によって飼育された動物に生きた動物を餌として与えることは、自然界における動物間での生存競争とは全く
意味合いが異なっており、真に不可欠な必要性があるとは言えない。
その様な光景は見る人に対しては、心に残虐性を残し傷つけるか、心の残虐性を呼び起こし実社会に向けさせるか、
のどちらかの効果以外に、如何なる効果や必要性があるのでしょうか。

命ある動物の生命や精神面や健康面等を尊重し、動物の身体に苦痛を与えることが虐待であるとするならば、
人の手によって生きた動物が餌とされる行為それ自体が、まさに虐待に他ならない。
法は虐待について寛容であるべきではない。また、法は虐待行為を自ら容認すべきでもない。
21世紀の日本において、今尚この様な条文が残っていることは日本人の野蛮性を示すだけのことであり、削除または
修正をすべきである。


(5)展示動物との接触

〈該当個所〉 現行の基準
(5)−イ.観覧者と動物園動物及びふれあい動物との接触を行う場合には、観覧者に対しその動物に過度な苦痛を
与えないように指導するとともに、その動物に適度な休息を与えること。

〈修正文(意見)〉
「過度な苦痛」を 「苦痛やストレス」に修正すべき。
「適度な休息」を 「二時間毎に三十分以上の十分な休息」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性等を無視した動物の心身に苦痛を与えることは虐待
であると言う他はなく、法は虐待について寛容であるべきではない。
また、「適当な休息」についての明確な客観的判断基準は曖昧であり、個々の判断により判断結果が左右されるため、
本項の精神が反映されない懸念が残る。具体的な時間を明記すべきである。


2 販売

〈該当個所〉 現行の基準
2−(1) 販売動物に過度の苦痛を与えないように、展示の時間及び当該施設内の音、照明等を適切なものとすること。

〈修正文(意見)〉
「過度の苦痛」を 「苦痛とストレス」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性等を無視した動物の心身に苦痛を与えることは虐待で
あると言う他はなく、法は虐待について寛容であるべきではない。


〈該当個所〉 現行の基準
(2)繁殖方法遺伝性疾患が生じるおそれのある動物、幼齢な動物又は高齢な動物を繁殖の用に供さないこと。また、
みだりに繁殖させることによる過度の負担を避け、その繁殖の回数を適切なものとすること。

〈修正文(意見)〉
「幼齢な動物」を 「生後7ヶ月未満の動物且つ自然な最初の発情を迎える前の動物」に修正すべき。
「高齢な動物」を 「6才以上の動物」に修正すべき。
「過度な」を削除すべき。
「繁殖の回数を適切なものとすること。」を 「「繁殖の回数を六回以内とすること。」に修正すべき。

〈理由〉
繁殖に不適切である「幼齢、高齢」及び繁殖の回数として「適切なもの」についての明確な客観的判断基準が曖昧であり、
個々の判断に任せるだけでは、統一性や本項の精神が十分に実現され得るとは言い難く、命ある動物の生命や健康面
等を尊重すると共に、動物の習性や健康面等の他、母体の健康面や体力面を考慮し、繁殖に適切な年齢及び繁殖回数
については明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(3)−ア.販売の方法は、幼齢な動物における社会化期の確保等、販売動物の種類に応じ、その生態、習性及び生理
に配慮した適切なものとすること。

〈修正文(意見)〉
「猫については、生後から90日を過ぎてからの販売とすること。」を追加すべき。

〈理由〉
猫については、その健全な育成及び社会化の観点において、実現が不可能であり且つ飼育が困難との理由から、
東京都の動物愛護センターでの実務面では生後九十日(生後三ヶ月)未満の子猫を譲渡の対象外としてきた。
動物愛護センターにおける実務面について、民間業者も合わせるべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(3)−イ.販売に当たっては、動物が命あるものであることにかんがみ、販売先における終生飼養の実施の可能性を、
確実な方法により確認すること。

〈修正文(意見)〉
「販売先における終生飼養の実施の可能性」に「適性飼育」を追加すべき。
「確実な方法」を 「意識調査や信用調査及び飼育環境等についての環境実地調査等の厳選な審査方法」に修正すべき。

〈理由〉
近年、命ある動物が大量消費される物品と同様に扱われ、無責任な動物販売業者、無責任な飼い主により、街中では
遺棄され行き場を失う動物が後を絶たず、動物愛護センターに持ち込まれる動物の数及び動物の殺処分数や使われる
国民の血税も一向に減ることはない。
これらのことは、社会環境や家庭環境等における青少年たちに対しても多大な悪影響を与え兼ねず、教育的観点から
かんがみても、到底無視することのできない由々しき問題だと言わざるを得ない。

業者には、公的にも道義的にも、法を厳守し社会秩序を維持するための社会的な義務や責任がある。また、命ある動物
の生命や健康面等を尊重すると共に、命ある動物を業として取り扱うことによる、公的にも道義的にも大きな社会的な
義務と責任を負うことについての十分な自覚と信念を持った、同時に、動物愛護精神の普及や動物に対する終生飼育等
の義務と責任をまっとうすることの出来る飼い主の育成及び動物の遺棄等の社会問題を解決し法の精神を実現すべく、
その社会的な責任と義務を果たすことの出来る優良な業者を増やしていくことが、社会に及ぼす影響や教育的観点等
からかんがみても、国家の利益となる重要な課題である。

そのためには、安易な販売に留まらせず、民間のボランティアや個人及び動物愛護センターにおける譲渡時においても
既に広く実施されている、適性飼育や終生飼育についての可能性調査、意識調査や信用調査及び飼育環境等について
の実地調査等の厳選な審査方法を採用することが、命ある動物を扱う業者としての義務と責任であるとして厳格に義務
付けるべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(3)−ウ.販売動物の販売に当たっては、その生態、習性、生理、適正な飼養及び保管の方法、感染性の疾病等に
関する情報を提供し、購入者に対する説明責任を果たすこと。

〈修正文(意見)〉
「飼い主の終生飼育の義務と責任、繁殖制限防止の必要性と方法、法律及び条令、」を追加すべき。

〈理由〉
不妊又は去勢の必要性を十分に理解しないまま動物を飼育し、結果として数が増えて処置に困り、動物を遺棄する
飼い主は少なくなく、大きな社会問題の一つともなっている。
公的にも道義的にも、業者は法を厳守し社会秩序を維持するための義務と責任の一端を担っており、優良な業者を
増やすためにも、購入者に対しては飼い主としての終生飼育の義務と責任、繁殖制限防止の必要性と方法、法律及び
条令等についての説明責任と説明義務を厳格に明記すべきである。


〈該当個所〉 現行の基準
(3)−オ.必要に応じて、ワクチンの接種後に販売するとともに、その健康管理並びに健全な育成及び社会化に関する
情報を購入者に提供すること。また、ワクチン接種済みの動物を販売する場合には、獣医師が発行した証明書類を添付
すること。

〈修正文(意見)〉
「必要に応じて」を削除すべき。
「ワクチン接種済みの動物を販売する場合には、」を削除すべき。

〈理由〉
飼い主にとって、または、里親募集・譲渡を行う民間のボランティアや個人にとって、獣医師にワクチン接種や健康診断
及び治療を依頼することは既に社会的に広く普及していることであり、同時に、動物愛護センター及び飼育関連の書物等
においても適性飼育の一貫として提唱している現代において、既に訴訟問題等が発生している前例をかんがみても、
後々の法的等トラブルを回避するためと優良な業者を増やすためにも、法的にも道義的にも社会的責任の伴う業者の
業務全般についは、専門家である獣医師によるワクチン接種及び健康診断や獣医療の実施を明確に義務付けるべき
である。


3 撮影

〈該当個所〉 現行の基準
また、撮影の時間、環境等を適切なものとし、撮影動物に過度の苦痛を与えないようにすること。

〈修正文(意見)〉
「過度の苦痛」 を「苦痛とストレス」に修正すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や精神面等を尊重すると共に、動物の習性等を無視し動物の心身に苦痛を与えることは虐待である
と言う他はなく、法は虐待について寛容であるべきではない。



■資料6 「犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置要領の改定素
第1 犬及びねこの引取り (以下全て改正案について)

〈該当個所〉
1−1 犬又はねこを引き取るべき場所、日時及び費用の指定に当たっては、住民の便宜を考慮するように努めると
ともに、犬及びねこの引取り措置は、終生飼養及びみだりな繁殖防止等の飼主責任の徹底につれて減少していくべき
緊急避難的措置として位置付けられたものであることについても配慮すること。

〈修正文(意見)〉
「住民の便宜を考慮するように努めるとともに、」を削除すべき。
「配慮をすること。」を 「配慮し、飼い主又は引き取り依頼者に対しては、再度の犬又は猫の終生飼育にむけた諸助言
と自助努力の促しを十分に行い、それでも尚引き取り依頼者の意思が強固な時は、引取後の犬又は猫の処遇について
の十分な説明を行い同意を得ること。」に修正すべき。

〈理由〉
犬又はねこの引き取り依頼者は、本来ならば、その犬又はねこについての適性飼育及び終生飼育の義務と責任が
あるにもかかわらず、自らの事情によりその義務と責任を放棄した者である。
その者に対しては、自らの行為の結果または自らの義務や責任について、重く受け止めてもらうことこそが再発防止
につながるという観点からかんがみれば、便宜を考慮することは、引き取り依頼者の自覚に対して何かしらの誤解を
与え兼ねず、再発防止の妨げともなり兼ねない。
また、犬又はねこを飼育する多数の国民に対して、適性飼育及び終生飼育の義務と責任を正しく認識させ厳守して
もらう観点からかんがみれば、全体に対しても良い影響を与えるとは決して言えない。


一方、引き取り依頼者の中には、「動物愛護センターで飼ってもらえる」と動物愛護センターの名称から受ける印象
だけで、安易な気持ちから業務内容を十分に把握しないまま、引き取り依頼をした人たちもいる。後に引き取り依頼した
動物の処遇を知り、それならばなんとしてでも自分で飼ったのにと話す人たちも全くいない訳ではない。
引取後の犬又は猫の処遇についての十分な説明を行い同意を得ることは、動物愛護センターにおける業務が最終的
には殺処分であるとの性質をかんがみれば、引き取り依頼者に対しては正確に情報を開示する責務がある。

引き取り依頼をする段階とは、引き取り依頼者にとってのその犬またはねことの別れの段階であり、もはや後になって
後悔をしてもやり直すことの出来ない段階である。動物愛護精神に基づき、犬又はねこの生命や安全等を尊重する観点
からかんがみれば、再度の犬又はねこの終生飼育にむけた諸助言と自助努力の促しを十分に行うことは、
引き取り依頼者に最終決断の判断材料を提供することになり便宜を図ることにも通じることであるため、動物愛護精神
や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


該当個所〉
1−2  所有者から引取りを求められたときは、終生飼養及びみだりな繁殖防止等の飼主責任の徹底を図る観点から、
その事由、頻度及び頭数に応じて、飼養の継続及び生殖を不能にする不妊又は去勢その他の措置に関する必要な
助言を行うこと。

〈修正文(意見)〉
「観点」の前に、「及び引き取り依頼者が繰り返しの引き取り依頼をすることのない様に再発防止を徹底させる」を追加
すべき。
「助言を行うこと。」を 「助言を行い、動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等の協力者を紹介
すること。」に修正すべき。
「更には、動物愛護センターの医療施設を有効活用し、引き取り依頼者の事情に応じた料金体系で不妊又は去勢手術
の実施支援も行える様にすること。」を追加すべき。

〈理由〉
引き取り依頼者が、繰り返しの引き取り依頼をすることのない様に再発防止を徹底すること、及びそのための具体策
として、協力者としての動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等を紹介しその知識や経験等を
広く活用することは、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。

また、動物愛護センターにおける医療施設が充実しており、更には勤務する職員は皆獣医であるため、個々の
引き取り依頼者の事情に応じた低価額な料金体系を設けて手術を実施することが、不妊又は去勢手術の徹底を図る
ことを通して再発防止する観点からかんがみても効果的である。


〈該当個所〉
1−3 拾得場所を管轄する警察署長に差し出すように当該犬又はねこの引取りを求めた者に教示すること。

〈修正文(意見)〉
「教示すること。」を 「教示し、引取後の犬又は猫の処遇についての十分な説明を行い同意を得ること。」に修正すべき。
「また、犬又は猫の終生飼育にむけた諸助言と自助努力の促しを十分に行い、合わせて動物愛護推進員または民間
の動物愛護団体やボランティア等の協力者を紹介すること。」を追加すべき。

〈理由〉
動物愛護センターに引き取り依頼をした人の中には、「動物愛護センターで飼ってもらえる」と動物愛護センターの名称
から受けた印象だけで、安易な気持ちから業務内容を十分に把握しないまま、引き取り依頼をした人たちもいる。
単に警察に届け出たに過ぎない人たちの場合は、警察に保管された動物が動物愛護センターに送られることもほぼ
殺処分されることも、想像すらできない人も多い。
動物愛護センターにおける業務が最終的には殺処分であるとの性質をかんがみれば、引き取りを求めた者に対しては
正確に情報を開示する責務がある。

また、犬又はねこの終生飼育にむけた諸助言と自助努力の促しを十分に行うことは、引き取りを求めた者に最終決断
の判断材料を提供することになり便宜を図ることにも通ずることであるため、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育
を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
1−4 この場合において、所有者が判明していないときは、都道府県知事等は、拾得場所を管轄する市町村の長に
対し、当該原簿に記入した事項を通知し、狂犬病予防法(昭和25年法律第247号)第6条第8項の規定に準ずる措置
をとるよう協力を求めること。

〈修正文(意見)〉
「同時に、動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請すること。」を追加すべき。

〈理由〉
拾得場所を管轄する市町村の長に対してのみ通知を行っても、情報はそこ止まりとなるだけに過ぎず、その通知の
結果もたらされる所有者判明または収容動物の引き取り先確保等に結びつく効果は事実上期待が出来ない。
動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に有効活用
することは、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


第2 負傷動物等の収容

〈該当個所〉
2−2 都道府県知事等は、1に規定する種類の動物について法第36条第2項の規定による通報があったときは、
公共の場所を管理する者等関係者の協力を得て、当該動物を迅速に収容するように努めること。

〈修正文(意見)〉
「同時に、動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請すること。」を追加すべき。

〈理由〉
動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に有効活用
することは、収容するための迅速な対応や動物愛護センター以外での収容先の確保及び収容後の所有者判明または
収容動物の引き取り先確保等に結びつくため、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致する
ところである。


第3 保管

〈該当個所〉
3−2  都道府県知事等は、施設に保管する犬、ねこ等の動物(以下「保管動物」という。)のうち、所有者がいると
認められる保管動物については公報、インターネット等による情報の提供を行う等により、また、標識番号等が明らか
な保管動物については登録団体等へ照会する等により、当該保管動物の所有者の発見に努年法律第137号)の定める
ところにより処理すること。

〈修正文(意見)〉
「所有者がいると認められる」を削除すべき。
「インターネット等による情報の提供を行う等」を 「インターネット等による情報の提供を行う他、動物愛護推進員または
民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請すること。」に修正すべき。


〈理由〉
猫は習性上、環境の変化如何によっては飼い主であると言えども強い警戒心を示すため、飼い主以外に対して簡単に
警戒心を解くことはそうそう簡単にはあり得ない。その猫の習性に照らし合わせれば、「所有者がいると認められる」と
いう判断基準は、実に曖昧であり不正確なものであると言わざるを得ない。
飼い猫であっても所有者がいないと認められる恐れは十分にあるため、猫の生命等を尊重すると共にその生命と安全
を守るためには、この一文は脅威であり削除すべきである。

また、動物愛護推進員もしくは民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に
有効活用することは、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
3−3 適性があると認められる性状のものについては、飼養することを希望する者の発見に努める等により、できる
だけ生存の機会を与えるようにすること。

〈修正文(意見)〉
「飼養することを希望する者の発見に努める」を 「飼養することを希望する者または保護を希望する者の発見に
努める他、動物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請すること」を追加すべき。

〈理由〉
民間においては、動物愛護推進員または動物愛護団体やボランティアや個人たちは、所有者のいない動物を自宅で
保護し新たな所有者を見つけて譲渡する活動等を広く行っている。
その活動の一環として、飼養することを希望する者のみならず、保護を希望する者の発見または自らが保護をすること
による協力を行う可能性は十分にあり得る。

収容動物に生存機会を与える観点から、保護を希望する者の発見及び動物愛護推進員もしくは民間の動物愛護団体
やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に有効活用することは、動物愛護精神や適性飼育及び
終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
3−4 飼養することを希望する者の発見は、近隣の都道府県知事等との連携を図りつつ、できる限り広域的に行うよう
に努めること。この際、保管動物に関する情報の提供については、インターネット等を活用する等により広域的かつ
迅速に行われるようにすること。

〈修正文(意見)〉
「同時に、物愛護推進員または民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請すること」に修正すべき。

〈理由〉
動物愛護推進員もしくは民間の動物愛護団体やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に有効活用
することは、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
3−5  保管動物の譲渡に当たっては、飼養することを希望する者に対して事前に飼養及び保管方法等に関する
講習等を行うとともに、マイクロチップの装着及び不妊又は去勢措置が確保されるようにするための措置を講じること。

〈修正文(意見)〉
「マイクロチップの装着及び不妊又は去勢措置」を 「マイクロチップの装着もしくは不妊又は去勢措置」に修正すべき。

〈理由〉
マイクロチップの装着については、周知が十分になされていない段階においては、また、個々の家庭における諸事情の
違いをも考慮して、今回の改正においては強制すべきではない。


〈該当個所〉
3−6  施設における保管の期間は、できる限り保管動物の所有者、飼養することを希望する者等の便宜を考慮して
定めること。

〈修正文(意見)〉
「飼養することを希望する者」を 「飼養または保護することを希望する者」に修正すべき。

〈理由〉
収容動物に生存機会を与える観点から、後に第三者に譲渡をする前提で保護を希望する者についても譲渡の対象
とすることは、動物愛護精神や適性飼育及び終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
3−7  保管動物を飼養することを希望する者の発見及び譲渡後の飼養及び保管状況を確認するための調査等の
業務については、必要に応じて動物愛護推進員、動物の愛護を目的とする団体等との連携を図りつつ行うように努める
こと。

〈修正文(意見)〉
「飼養することを希望する者」を 「飼養または保護することを希望する者」に修正すべき。
「必要に応じて」を削除すべき。
「連携を図りつつ行うように努めること。」 を 「連携を広く図りつつ行うこと。に修正すべき。

〈理由〉
民間においては、動物愛護推進員または動物愛護団体やボランティアや個人たちは、所有者のいない動物を自宅で
保護し新たな所有者を見つけて譲渡する活動等を広く行っている。
その活動の一環として、飼養することを希望する者のみならず、保護を希望する者の発見または自らが保護をすること
による協力を行う可能性は十分にあり得る。

収容動物に生存機会を与える観点から、保護を希望する者の発見及び動物愛護推進員もしくは民間の動物愛護団体
やボランティア等にも広く協力を要請し、民間の力を最大限に有効活用することは、動物愛護精神や適性飼育及び
終生飼育を謳う法の精神にも合致するところである。


〈該当個所〉
第4 処分 保管動物の処分は、所有者への返還、飼養することを希望する者又は動物を教育、試験研究若しくは
生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する者への譲渡及び殺処分とする。


〈修正文(意見)〉
「飼養することを希望する者」を 「飼養または保護することを希望する者」に修正すべき。
「又は動物を教育、試験研究若しくは生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する者」を削除すべき。

〈理由〉
科学や医学が飛躍的に発展した21世紀においては、命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、動物愛護精神に
基づいて、日本は先進国の一員としての誇りをもって動物実験代替法(代替法)を積極的に取り入れ奨励していくべき
である。

また、時代の変化に伴い、昨今の多発する医療ミス等の諸事件は、動物の命を軽視した動物実験等がもたらした、
人命軽視という結果であるとも言えるのではないでしょうか。
同じ命であるにもかかわらず、動物の命を軽視出来る者が、果たして人の命だけを尊重出来るのでしょうか。
動物の命を軽視した動物実験を行っていけば、命そのものに対する感覚も麻痺して行くとしても、何の不思議がある
のでしょう。その命に対して麻痺した感覚が、人の命に対しても作用したとしても、何の不思議があるのでしょう。

動物実験等の人命に対してもたらす弊害からは、目をそむけるべきではない。

命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、動物愛護精神に基づいて、動物実験代替法(代替法)を積極的に
取り入れ奨励していくことは、人命重視の観点からも最優先課題である。


第5 死体の処理

〈該当個所〉
動物の死体は、専用の処理施設を設けている場合には、当該施設により、専用の処理施設が設けられていない
場合には、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)の定めるところにより処理すること。
ただし、化製その他経済的利用に供しようとする者へ払い下げる場合は、この限りでない。

〈修正文(意見)〉
「専用の処理施設が設けられていない場合には、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)の
定めるところにより」を削除すべき。
「ただし、化製その他経済的利用に供しようとする者へ払い下げる場合は、この限りでない。」を削除すべき。

〈理由〉
命ある動物の生命や健康や安全等を尊重し、動物愛護精神に基づいて、動物の合同墓地に埋葬すべきである。

尚、経済的利用に供しようとする者へ払い下げる場合、直接的な消費者である国民に対しては、広く情報開示を
していくべきです。どんな物や所にどの様に使われているのか、私たち国民には知る権利があり、買うか不買か
の選択自由も保障されるべきです。

情報開示なくして安易な払い下げを行うことは、国民に対する背信行為であると言わざるを得ない。