2003.10.11 家なし猫の保護・里親探しについて


家なし猫にとって、外は生き難い過酷な世界です。誰かが保護下に置いていても、外での短い一生の最期は、人に知られずに悲惨に終えていく場合が殆どです。
行き場の無い、保護されるチャンスの無い、悲惨な死だけしか待っていない・・・。そんな過酷な状況下で生きている猫たちも、どこの地域にもいます。そんな猫たちは、天文学的な数字に上ります。
1匹でも多くの不幸な猫が減り、1匹でも多くの猫が幸せになる為には、自宅で保護をする人、里親になる人、猫を飼う人の存在が増えていく必要があります。しかし、保護や里親を必要とする猫数は圧倒的に多い。里親になる人の数は圧倒的に少ない。それが、紛れも無い現実です。

ごく普通の一戸建て住宅で100匹近い数を保護している人、狭い1室で10数匹を保護している人、月々の収入の大半を保護費用に費やしている人など、様々な自己犠牲の下で、猫の保護・救済を懸命に継続して行っている個人たちがいます。
それでも、その個人たちの保護出来る数には限りがあります。その個人たちの保護猫に里親が見つからなければ、悲惨な状況下にいるその他の新たな猫に、保護され・里親探しをして貰えるチャンスが廻っていきません。
家なし猫たちの幸せの為には、1人1人の、ほんの少しの努力、ほんの少しの無理、ほんの少しの負担、が求められていると言っても過言ではないしょうね。

家なし猫の1匹が室内で保護されるということは、その猫が幸せになれるということだけではなく、尚も外で生き続ける他の猫たちにとっても、猫数の減少から地域住民の理解が進むなどの、より生き易い地域環境へと近づくことにもつながっていきます。

猫を自宅や動物病院で保護する場合、様々なケースがありますので、幾つかを簡単に書きたいと思います。

・保護の可能な期間

自宅の場合は、最終的には自分自身の気持ち次第ですので、特に問題はないかと思います。
しかし、子猫なら1、2週間後、成猫なら1、2ヶ月後に、再度外に放す行為はくれぐれもなさらないで下さい。それだけの期間があれば、どんなに人への警戒心の強い猫でも、環境に対しては適応が出来ている筈です。一度室内の良さを知った猫を再度外に放すのは、猫も可哀相ですし、捨て猫をする行為とも何ら違いはありません。

動物病院の場合、金銭的な問題や猫のストレスの問題などから、長期の保護は期待出来ません。期限が来た時にどうしようかと悩むよりも、ほんの少しの努力、ほんの少しの無理、ほんの少しの負担で、可能な限り最初から自宅で保護が出来る様に、創意工夫をなさることが理想的だと思います。

・里親が見つかるまでの期間

どのくらいの期間で里親が見つかるかについては、ご縁次第だと言っても良いかと思います。
子猫、人慣れした猫でも、なかなか里親の見つからない場合があります。
成猫、障害猫、病気猫、人への警戒心の強い猫でも、すんなりと里親の見つかる場合もあります。
こちらもご参照下さい。
http://www.nekobaka.com/~kylie/
http://fsp6.minimon.net/searchview.asp?UserID=nehelp&DISP1=1800&DISP2=1

尚、 子猫を保護する場合、生後4ヶ月過ぎでもまだまだ母猫に甘えたい盛りですので、子猫の情緒の安定などの為にも、出来ることならば、母猫と一緒に保護をすることが理想です。母猫の保護がどうしても出来ない場合でも、母猫への避妊手術を必ず受けさせてあげて下さいね。不幸になる子猫を、生まれて来ない様にする為ですから。
また、猫が新しい環境や人に慣れるまでには、年齢や性格や環境や人への警戒度合いによる違いはありますが、必ず一定の期間は必要になります。

・里親探しをする際の留意点

猫を幸せにする筈の里親探しが、反って猫を不幸にすることがあります。
こちらをご参照下さい。
http://www.nekobaka.com/~ne-help/satooyasagashi.html

猫を譲渡した後に、里親との間でトラブルが発生しない様に、猫が本当に幸せな生涯をまっとう出来る様に、慎重・責任のある里親探しを行って下さいね。
猫の室内での保護、動物病院での駆虫やワクチン接種や血液検査、生後半年過ぎの猫への避妊・去勢手術の実施、里親希望者への質問アンケートの実施、里親宅への訪問と猫の直接お届けなどが、一般的な里親探しの流れとしてご参考下さい。
尚、当サイトの里親募集掲示板では、ご利用に関しての注意事項をお守り頂けない場合、ご利用を禁止しております。こちらもご参照下さい。
http://www.nekobaka.com/~ne-help/ipan.satooyabosyu.html



トップ - 猫の里親募集 - 一般猫の里親募集掲示板