[1292] NYAHさんへ 投稿者:うめもも 投稿日:2002/10/05(Sat) 00:50 [返信]

初めまして、お向かいさんとのトラブルですが、
あまりにもうるさいようでしたら、うちがこうるさい人に
対してしている方法を御参考までに。
「何かありましたら、逐一、写真などを取って言って下さい。
カメラがないなら使い捨てカメラを差し上げますので撮って下さい。
また苦情は誰から来ていますか? きちんと謝りに行きます。
みんな文句を言っていると言われても誰か
分かりません。全員教えて下さい。お詫びに行きます。」
というと大抵引き下がります。
 それでも文句(というか、どうでもいい言いかがりだと思いますが)を言われるようでしたら、
「今後、何かありましたら弁護士さんを通して苦情を言って下さい。法律的に証拠をとってきちんと対処します」と
云っています。
私は会社の顧問弁護士さんに相談していますが、
市役所などの無料相談で知り合った方に相談している方も居ます。
(この場合、飼っているペットに付いて証拠のない言いがかりをつけられる、
当方は誠意を見せたいのに、詳しい事情を知りたく、お詫びに伺っても話を聞いてくれない、
確固たる証拠を出してくれないという物です。)
相談料は1時間で6000円程度(たしか、弁護士教会で料金が決まっています)
です。
あまりにも辛い時はさっさと相談した方が楽な時もあります。
「弁護士を出すなんてひどい!」とまくしたてる時もありますが
「お互い納得の行くように誠意を持ってきちんと正しく対処したいからです」と言っています。

こういう、面倒な方は、自分の生活が幸せというか、満たされていないので
心の余裕がない方たちだと思います。だから、何か理由を付けて
誰かに当たりたくて仕方ないんだと思います。
色々たいへんだと思いますが、頑張って下さい。

櫻井さんへ

ペットの首輪、色々サンプルが出来ました。
近日送りますので、具合を見て下さい。

[1291] ありがとうございます 投稿者:佐藤 投稿日:2002/10/05(Sat) 00:36 [返信]

いろいろ考えた結果、避妊手術を受けさせようと思っています。
現在、子どもたちも3匹いるので、これ以上は助けてあげられる
自信がありません。
なんとかこの数で寿命をまっとうさせてやりたいと思います。
たかだか4匹の野良ちゃんでさえ助けることが大変なのに
櫻井様の行動をHPで見てパワーを感じています。
今の私にできることを少しでも実行していきます。
近況は、またこちらで報告させて頂きますので、また分からないことがありましたら、教えて頂けるとうれしいです。

お返事本当にありがとうございます。

[1290] 桜井様 ありがとうございます 投稿者:リム 投稿日:2002/10/04(Fri) 11:29 [返信]

ノラさんのことでご相談したリムです。
お返事頂き、ありがとうございました。
その後、ノラさんの餌場だったとなりのアパートが取り壊され、たくさんのノラさんがうちの回りをうろうろとしています。餌はもらうものと思っているらしく、ごみをあさることはしないので、哀れでしかたありません。悪いこととしりながら、ついあげてしまいます。

捕まえられる限り、猫は捕まえて避妊する決心でおります。全部は無理だと思いますが・・。隣の餌やりの方にも、慣れているネコは捕まえて頂こうと、お話をするタイミングをはかっているところです。ところがちっとも捕まらないのです。どうしたらよいでしょうか?ケージを買ってきて、中に餌をしかけているのですが、入ってくれても閉める時に逃げられます(私も夫もトロい
のです)。後1匹はもらってくれるという方がいるので早く捕まえたいのですが、2度も逃げられてそばに来てくれません。
何かいいコツはないでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。






[1289] 櫻井様へ.その後です 投稿者:NYAH 投稿日:2002/10/04(Fri) 09:13 [返信]

病院のことおたずねしたNYAHです。さっそく教えていただいて、ありがとうございました。今主人が仕事でいないので、来週帰ってきたらお隣と具体的に日程などすすめる(何匹分かの手術費用はウチが負担しますし、交代で病院に行くことになると思うので)ことになっています。
それで一安心なのですが別の問題があり困っています。
うちの前のおうちはおばあさんと息子さんの2人暮らしなんですが、動物が大嫌い(自分達でそういってます)なんです。お隣とも40年前からトラブルがあったようですが、私達は3年前に引っ越してきたよそものなので、完全にタ−ゲットになってしまっているんです。家の庭にふんをする、どこどこでは車に足跡がついていた、近所のみんなが困っている。。。。。顔を見るたびに言ってきます。うちの猫は5匹。首輪をしていたからうちの猫だ、というんですが、気をつけますのでどんな猫ですか、ときくといえないんですよ-。
先日も帰省したのでお菓子を持っていったら返された上、20分くらい説教されました。トイレがあってもしつけが悪いからしないんだろう(してます!毎日2回三つの猫のトイレそうじしてます)、昼間誰もいないから猫もさびしくて出歩くんじゃないか------もっともっとあります。これはもう言葉の暴力です。。
お隣の猫は2,3匹はうちにいついてしまいました。他に7匹くらい朝晩ご飯たべにきます。かまわないんですが、前からいる猫達はちょっとかわいそうです。

[1288] 失礼しました 投稿者:人間嫌い改猫好き 投稿日:2002/10/04(Fri) 08:21 [返信]

先日書き込みをした者です。書き方が悪く、ご心配頂いたようなので補足します。私は9月中旬から10日ほどトルコに旅行していて、帰国後友達と話した際に猫の話を聞きました。運悪く、旅行中の出来事でした。友達の話を聞き、トルコで死を待っていた猫と、殺す為の施設に連れて行かれた猫が重なって書き込みをしてしまいました。どちらの猫も不幸ですが・・。悔しいので外猫達にますます愛情を注ぐ今日この頃です。

[1287] こんばんは 投稿者:櫻井 投稿日:2002/10/04(Fri) 01:50 [返信]

佐藤さん

妊娠中の母猫に、手術をさせるべきかどうかを、お悩みなんですよね?
考え方としては、2つあるかと思います。

1、母猫を、仲間のどなたかの自宅で保護して、出産させる。
  生まれた子猫たちと母猫を、一般の里親募集をせずに、仲間たちのそれぞれの自宅で飼う。

理由ですが、

・外で出産させれば、数の増加防止を徹底する事が、難しくなってしまいます。勿論、生まれては死んでしまう子猫も出ます。

・需要と供給のアンバランスで、圧倒的に多いのが、里親を求めている猫たちなんですよね。
誰かの保護した猫に里親が見つかれば、その影で、里親の見つからない猫たちが、沢山出ます。
里親が見つからない為に、保護して貰えず、外で悲惨な末路を辿ったり、保護されていても、悲惨な末路を辿ってしまう猫たちも多く存在します。
その様な不幸な命が沢山いる現実についても、私たちは配慮をしていく必要がある様に思います。
これから新たに生まれる猫については、その猫たちの陰で、沢山の不幸になる命が生まれる事の無い様に、一般の里親募集をせずに、自分たちで面倒をみてあげよう、という覚悟を持つ事が、必要の様に思います。

・母猫は、出産から離乳まで、最低でも2ヶ月程は、子猫たちと一緒に居させる必要があります。
2ヶ月も室内にいれば、大抵の猫にとっての縄張りが、室内になる為、もう外の過酷な環境下では、生きていき難くなります。
特に、遺棄された猫の場合、室内の良さを知っていますので、入りたがりますし、室内から出たがりません。
再度外に放すという事は、その猫を再度遺棄した事にもなってしまいますし、猫自身にとっても、とても辛い事にもなります。


2、母猫に、すぐ避妊手術をする。

生まれる子猫たちに責任が持てない場合、こうするしか方法はありません。

母猫が可哀想、子猫が可哀想、だから、やっぱり手術は出来ない、という考えを持つ人もいる様ですが・・・、そういう優しい気持ちを持った人なら、母猫、子猫を全部自宅で保護し、飼っていかないと、嘘になりますね。

猫の母性愛や親子愛の強さは、私たち人間と何ら変わりがありません。
外で生まれる子猫たちは、寿命もまっとう出来ずに、母猫の愛情も充分受けられずに、悲惨な末路を辿る場合が多々あります。
母猫は、そんな悲惨な末路を辿る我が子たちを前にしても、自分ではどうしてあげる事も出来ません。
生まれても悲惨な死が待っているだけの子猫たちや、我が子の死を目の当たりにする母猫は、もっともっと、可哀想なのでは無いでしょうか?
本当に猫親子の事を思うのなら、自宅で飼ってあげる以外に、不幸から救ってあげられる術はありません。
それが出来ないのなら、子猫たちの不幸を最小限に食い止め、母猫には不幸な現実を与えない様に、避妊手術をするしか方法がありません。

獣医さんによっては、妊娠しただけで手術をしない人もいれば、妊娠末期でも手術をする人もいます。
猫の境遇への理解の度合い、技術への自信、などの面で違いがあるから、の様です。

母猫に避妊手術をする際には、ノラに理解があり、技術も確かな獣医さんを選ぶ事をお勧め致します。
東京近郊なら、病院のご紹介も出来ます。

それと、母猫が痩せていたり、健康状態の悪い場合に手術をすれば、そのまま命取りにもなり兼ねません。
栄養状態を良くして、体調の万全な時に手術をなさった方が良いですね。
手術時期については、獣医さんと直接ご相談をなさった方が良いと思います。


> 上司は、今のところ見てみぬふりをしてくれていますが、いつまでもつか心配です。


問題になる前に、仲間たちで説明とお願いをなさっては如何でしょうか?
「手術をしました。もう数が増えません。これからも手術をしていきます。是非とも、温かく見守って下さい。どうぞ宜しくお願いします。・・・」
と誠意を持ってお話をすれば、ご理解を頂けるかも知れません。
勿論、時間のかかる場合があるかも知れませんね。
でも、佐藤さんたちが誠意さえ持ち続けていれば、きっとご理解の頂ける日が来ると思いますよ。

悩んでいても、何も改善されていきませんよね。
だから、方向性さえ決まれば、あとは思い切って勇気を出して、諦めないで行動をし続ける、それが一番ですよ^^



まきさん

クロちゃんとプクちゃんの近況、とても楽しみに読ませて頂いています。
お願いなのですが・・・、今まで掲示板にご投稿して頂いた内容をまとめて、紹介ページを作りたいのですが、構いませんか?
猫をよく知らない人って沢山いるでしょうし、犬と猫が一緒に生活出来るの?と不安な人もいるでしょうからね。
誰かの参考に、きっとなると思いますから、どうぞ宜しくお願いしますーーー。

[1286] 悩んでいます 投稿者:佐藤 投稿日:2002/10/03(Thu) 23:58 [返信]

初めまして
最近、会社の隣の公園に野良猫一家が現れました。母猫は、飼猫だったらしく人間が大好きで寄ってきますが、子猫は、警戒心があって寄ると逃げていきます。会社の仲間でお金を出し合って去勢手術させようとしているのですが、母猫のお腹が大きいようです。どうすればよいのでしょう。子猫も去勢させなくてはいけないし、この上また生まれてしまったら・・・
上司は、今のところ見てみぬふりをしてくれていますが、いつまでもつか心配です。
どうして猫や犬を捨てたりするのでしょう。
動物に罪はないのに

[1285] クロは元気です 投稿者:まき 投稿日:2002/10/03(Thu) 17:20 [返信]

櫻井様
お久しぶりです。

クロは元気です。
予防接種も2回終了しました。元気です。
白血病のワクチンは、打ってません。
っていうのも完全に室内飼いなんで、先生も「それでしたら
打たなくても大丈夫です」との事だったので。

最初に家へ来た時より、随分大人になりました。
プク(うちのワンコ)とも格闘はするものの
前みたいに、長時間暴れる事はなくなったし・・・。
最近は、家族の顔とかとよく舐めます(笑)。
喉が渇いてるのかな?っと思って水をあげるんですが
飲まないで、顔をペロペロ一所懸命に舐めるんです。
猫って家に居つくってのもあるけど、心を許した人にも
懐くのではないかなぁっと思います。

私が昼寝をしていると、必ずクロは私の頭の側にいて
一緒に寝てます。
夜は、私がクロの側にいて、一緒に寝てます。
お腹が空けば、ドライフードを食べ、喉が渇けば水を飲み
おしっこ、うんちがしたくなればトイレへ行く。
今回猫を飼うようになって、こんなに手がかからないんだ〜
っと実感しました。

高い所へも登るようになり、結構マメに掃除したりして(^^;

長生きして欲しいものです。

それではまた、報告します。

[1284] こんばんは 投稿者:櫻井 投稿日:2002/10/02(Wed) 02:13 [返信]

早速ですが、下記を是非ご覧下さいね。HPトップでもリンクしてます^^

http://www.cablenet.ne.jp/~cavypage/main/sccomp/jsca.htm
http://nyanko.circle.ne.jp/dokyoren/hsus_lecture.html
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/203617
http://www7.plala.or.jp/neko-trouble/riru.html


>リムさん

お家を買ってすぐですから・・・、まだお気持ちが混乱している段階ではありませんか?
それとも、今後の事について、お気持ちがほぼ定まった段階でしょうか?
分かる範囲内で7−8匹という事は、他にもまだ数がいる可能性もあるかも知れませんね・・・。

リムさんは、どちらにお住まいでしょうか?
東京近郊なら、下記の病院をご紹介出来ます。
http://www7.plala.or.jp/neko-trouble/iroirosyoukai.html

ノラの問題は、ご近所に住む住民たちと、日々直接関係する問題です。
本来ならば、自分たちの生活環境を良くしていく為ですから、住民の1人1人が主体となり、善意の力を合わせていく事が、あるべき姿の様に思います。

しかし、現実的には・・・、住民たちは放置する、状況は悪化の一途を辿る、餌ヤリ禁止論や税金による駆除待望論が出る、餓死猫などが出来ても尚根本解決の目処が立たない・・・そういう悪循環に陥るケースもあります。

気持ちの良いやり方で、根本解決に向けて行動をはじめる住民が、1人でもいるかどうか、それによって、それぞれの地域内でのノラ関連問題も違っていきます。
各種の事例紹介も、ご覧になってみて下さいね。

今後ですが、まずは1度、住民のみなさんとノラの問題について、お話をなさってみても良いでしょうね。
それによって、リムさんのお気持ちに変化が生じるかも知れませんし、益々定まる様になるかも知れません。

リムさんは今後、ノラたちにどの様になって欲しいですか?
リムさんご自身は、どの様にしていきたいですか?
それによって、今後が違ってくる様に感じます^^


>さとうさん

本当にどうもありがとうございます!!!


>石川さん


>なかなか触らせませんね、比較的ネコにすかれるタイプ
 なのですが・・・・

それはそれは、おかわいそうに^^;
努力また努力で、何時か報われる日がきますよー。101回目のプロポーズみたいにね^^


>親ネコは私がたぶん大嫌いなのかもしれないですね、

いやよーいやよーも好きの内。これ、猫の複雑な心理状態を、実によく現してる言葉でもあったりするんですよー。
そう思いませんか?^^

お気遣い、どうもありがとうございます。
ご無理をなさらないで下さいね。
猫たちの写真、楽しみにしてます!


>たまさん

一体どうなるんだろう?って、実はドキドキしてるんです^^;
また近況を教えて下さいね。


>それって「命」つながりじゃん?・・・・と単純な私はそんな事を思ってしまいました。


いえいえ、ちっとも単純では無いんですよ。まさにその通りだと思います。
言葉が通じない、外見が違う、それが人と猫の主な違い。
でも、内面的な心の動き、喜怒哀楽、親子愛などは、実は私たち人間と、余り大差が無い・・・。
例えば、扱い方に困った時、もしも自分なら、と立場を置き換えて考えると、案外よく分かる様になったりするのも、猫が私たち人間と、一番近い存在にあるからなんですよね。
だから、私たち人間よりも弱者な立場にあり最も近い存在にある、猫の「命」に優しくなれる地域や社会は、私たち人間の「命」にも優しい地域や社会だと思うんです。
私たち1人1人の心と行動によって、そういう地域や社会に近づけていけたら理想だなーと思っています。
勿論、猫と違い、私たち人間との距離があればある程、接点が無ければ無い程、そういう動物たちの「命」にも優しくなれる社会になれたのなら、私たち人間の「命」にも、もっともっと優しい社会になれると思うんですが・・・。

たまさんのお子さんたちなら、きっと命の尊さの分かる、感受性豊かな大人に成長していけますよ。
同じ様に、私たちの未来を安心した担って貰える子供たちが増えていくと良いですよね^^


>NYAHさん

メールは届きましたか?
良ければ、また近況を教えて下さいね。


>まつさん

ご紹介の方法ですが、当HPでもご紹介させて頂けませんか?


>ばちさん

ばちさんの心の世界を、もっと広く知らせて頂けると嬉しいんです。
何故なら、私には持ち合わせていない、無限の可能性を感じていますから・・・。
HP、また見させて頂きますね^^


猫嫌いさん、佐藤さん、太田さん、しずくさん、
また気軽に書き込んで下さいね^^

[1283] 送付 投稿者:さとう 投稿日:2002/10/01(Tue) 15:22 [返信]

昨日、毛布・タオル・クッション送りました。


[1282] ノラちゃんがたくさん 投稿者:リム 投稿日:2002/09/27(Fri) 17:18 [返信]

引っ越してきた近所がノラさんだらけで、ほとほと困っていた
ところ、このHPに辿り着きました。ご相談は
掲示板ということなので・・。そもそもは
お隣が避妊去勢を行わずに餌遣りをはじめた
せいのようですが、それだけではなく、
近々取り壊されるアパートでも餌遣りさんが
いたことで増えたようです。
2匹ほど、お腹を減らせて擦り寄ってきた子猫(10ヶ月ほど)
がいましたので、1匹は捕獲して病院に預けています。
貰い手もつきました。でももう1匹は失敗してしまい、
そばにも来てくれません。
この子を見張っている間にいることに気付いたノラさんは
7-8匹で、うち三毛が4匹。。ということは女の子です。
ご近所の話では毎年4月頃には、子猫の死体があちこちに
転がるそうで今から途方にくれています。猫は好きで、
今も1匹飼っていますが、経済的にも一人では
どうにもしようがないのです。
そもそも、猫を捕まえなければならない状態になるなんて
思わずに家を買ってしまって・・。
どなたか助けて頂けないでしょうか。