[1281] その後です。 投稿者:石川です 投稿日:2002/09/27(Fri) 09:45 [返信]

櫻井様、お元気でしょうか?掲示板はちょくちょく覗かせて
いただいてます、私自身なかなか忙しくて(やっぱりネコ数が多いと大変です、ご苦労察しします)やっと近じか里親掲示板に登場させていただきますー。
 

 捕獲猫ニャンずですが、まあ、大運動会をしてます。でも
 最近は威嚇する(やっとなんですが)こともなくなりました
 が、なかなか触らせませんね、比較的ネコにすかれるタイプ
 なのですが・・・・親ネコは私がたぶん大嫌いなのかもしれないですね、きっと 
 子供達にもネコ語でなんか言ってるんでしょうかね?
 まあ、気長に見守ります。

  ところでうちで買った、おからのネコ砂なんですが(流せる
  タイプ)ですが、ネコ達にま大不評で嫌がらせの連発なので
  よかったら送ります、あと買って封をあけたフードなどは
  (食べなかった)失礼でしょうか、けっこう私も親馬鹿し
  てるので、いろいろ買うんですが・・・食べないのも多い
  んです。ネコはきまぐれですね、ではお体に気をつけて。

[1280] 報告 投稿者:たま 投稿日:2002/09/26(Thu) 22:43 [返信]

こんばんは。野良猫30匹問題のたまです。

櫻井様

先日町内会長に野良猫問題について私の考えを手紙に書き、
ねこトラブルホームページの野良猫問題の事例などを資料にまと
め提出しました。

前日に主人が会長宅で話しをしたところ「まだ考え中だが、しばらく餌やり禁止を徹底し様子を見たいので待っていてほしい」
と言われて帰ってきたので、いてもたってもいられず手紙を書いた次第です。

そうしたら、今日会長の奥さんから手紙読みましたと電話があり
、今役員の間で回覧しているところで色々と参考になりましたと
言われました。
私は「全面的に協力します!」と訴えました。

実は前にもお話ししましたがうちの主人とこの件で未だにもめて
いて精神的にも辛いのですが、今日会長さんからの電話で確実に
前進している!と思えてちょっとうれしいです。
主人のことは犬も食わない夫婦喧嘩なので長い時間かけて取り組んで行きますが、猫の件はこれからが勝負どころなので引き続き
頑張っていきます。

最近は毎日この掲示板を見るのが日課になっていまして、色々
な考え方があるなあと感心したり時には腹を立ててみたりします
が、自分がなぜこんなに猫のことに一生懸命になっているのかと
自分に問うてみると、
今、私のお腹の中に人間の命があります。
妊娠した猫のお腹にも猫の命があります。
それって「命」つながりじゃん?・・・・と単純な私はそんな事
を思ってしまいました。

最近は主人と話すときに躊躇していた「命を粗末に扱うな!」
この言葉をはっきりと言うことが出来ます。
この言葉がわからないひとはきっと「人間と猫は違う」と思っているでしょうね。

「同じ命」そう思えるのは私は母から産まれ、私は娘を産んだ。
そしてこれから二人目の子供を産む。
命の尊さを今、一番感じているからかもしれない。

これからも頑張りますので、また報告聞いてくださいね。
よろしくお願いします。

[1279] 避妊手術の病院について 投稿者:NYAH 投稿日:2002/09/26(Thu) 16:01 [返信]

はじめまして。
ある里親さがしのサイトで相談したところ、このサイトを教えていただきました。とても参考になりました。
となりのおうちで猫がどんどん増え、今23匹です。おととし一匹の捨て猫を拾ってから、なんとかしなければと思っているうちにこうなってしまった、という感じのようです。地域猫でなく飼い猫ですが、安い費用で手術をしてくださる病院を紹介していただきたく、書き込ませていただきました。今妊娠可能な猫が5.6匹、4月に産まれた仔のうち雌猫が10匹位いるようです。私も無責任だとは思いますが、親猫が子育てしない仔猫は哺乳瓶で育てるような、やさしいおうちです。安い病院があれば今いる猫たちは皆飼っていくつもりだそうです。うちにも猫が5匹いて、できる限り協力したいと思っています。当方千葉県の木更津市ですが、都内や神奈川も遠くありません。よろしくお願いいたします。

[1278] アロマオイルスプレーの作り方。 投稿者:まつ 投稿日:2002/09/25(Wed) 00:15 [返信]

猫嫌いさんへ

お返事遅れてすいません。
よろしければ、適当ですが作り方です。
霧吹きに半分くらい水を入れ、オイルを「けっこう強く匂うなぁ
」と云うくらい入れます。
(お湯だともっと匂いはきつくなります)

それをいらない布などにスプレーして、猫が通りそうな所に置きます。
(匂いが足りない場合は、布に直接オイルを振りかけます)

そして、通り道付近、直接地面にもスプレーします。
(育てている草花が近くにあればあまりかからないように除けてスプレー)
早ければ1日〜3日で効果が出ます。
猫によって効かない猫もいますが、かなり効果はあると思います。

あと、通り道にハーブを植える手もあります。
ミント、セージなど、匂いのきついものを植えると寄ってきにくくなりますよ。
ミントなんて種を蒔くだけでバンバン生える簡単なハーブです。




[1277] はじめまして 投稿者:ばち 投稿日:2002/09/24(Tue) 22:36 [返信]

自分の直メにここに投稿された方から謝罪されるようなメールが
来まして・・・。ちょっくら覗いてみるとすごいでんな。
みなさん真剣に猫と自分を合わせ鏡のように探求してることに
ただただ関心いたします。

猫ですか・・・。個性が強いだけに複雑な家族ですな・・・、そう、まるで反抗期と思春期と悪頃坊主とを混ぜたお姫様であり王子様であり紳士とも言えます。

うちの猫はこんなことに存在を私は感じます。

・うちの猫は「ダメ」という私には忠実で、「いいじゃない」という私の彼女が帰ると、彼女の臭いのする寝間着の上で寂しそうに寝ます。
・私は「ダメ」と私に言う彼女には反抗しますが、「ゴロにゃン」と甘えてくる猫がいると猫を抱いて嬉しそうに寝ます。

・うちの猫は私が帰ると玄関で必ずお出迎えをして、「にゃ〜」と一回鳴いたら、後は任務完了のごとくどこかに行ってしまいます。
・私は近所の人に、「こんにちは」と挨拶しても無視をされるとムショウに腹が立って、それでも「にゃ〜」と鳴いてくれる猫に、「ただいま」と言わないことがあります。

・私は私の猫が近所の子供にいたずらされて、右前足に輪ゴムをきつく結ばれ、足が壊死寸前になり動物病院に駆け込んだ時、「こんなことされたんです!」と、怒り奮闘で事情をドクターに話した時、「君のその感情だけではこの猫は助からない、君の言う通り近所の子供のいたずらかもしれないが、君が虐待したのではないという証拠にはならない。なぜなら君は、人間にしかできないことを人間の私に問い、人間の子供のせいにしてばかりいるからだ。」と、言われた。苦しんでいるのは猫自身なのに・・・。

ああ、なんて未熟な私。ああ、なんて都合良くしかアイツと接してあげられないのか・・・。自分の価値と時間の流れでしか、自分の尺度でしかこの猫の元気な時間を共に過ごせないのだろう。

座布団の上で日なたぼっこをする猫。そんなゆとりすら私の人間生活、社会生活の中にはなくなりつつある。
たまには自分も猫と一緒に日なたぼっこでもしながら、「日なたぼっこの〔ぼっこ〕ってなんだろう?」などと猫を見習ってみようと思う今日この頃です。

http://x1happy.cool.ne.jp/oshinagaki.html


[1276] ちょくちょく訪れさせてもらってます。 投稿者:しずく 投稿日:2002/09/24(Tue) 15:07 [返信]

2回目のカキコになります。しずくと申します。
少し前から、このサイトにお邪魔させてもらっております。

ぶしつけな相談も時に見かけますが、そのような書き込みに対してであっても、常に丁寧な櫻井様の回答を見るたびに、器の大きな方だなあ...と思って関心しております。
このような書き込みに対して、誠意をもって回答されていらっしゃるのは、本当にたいへんなことだと思います。

本当に、お体にはご自愛下さいませ。

そして、ここを利用される方に対しての個人的考えなのですが、猫問題については、ご自身が被害者であるという認識があるのであれば、飼主に対し、それなりの法による救済を求めるか、それができないというのであれば、櫻井様のアドバイスにあるような方法で自らも主体となって解決するしかないのでは?と思います。

ときにこの場を、ご自身の不満のはけ口又は隣人に言えないことを言う場として利用していらっしゃるような方がいらっしゃるようにお見受けしますが、櫻井様は別にここで心理カウンセラーのお仕事をされていらっしゃるわけではないと思いますので、真にご自身の問題の解決を願われるのであれば、相談者としての自分をわきまえた発言を心がけられるべきではないでしょうか...。



[1274] 活動 投稿者:佐藤 投稿日:2002/09/24(Tue) 13:39 [返信]

>命は刈り取られ捨てられ、国は本人の意思に反し避妊手術>をおこなってきたのです。
私が書いた、男の子だからとか二人はちょっと、とかは本人の意思で堕胎したということです。病院がそれを進めたわけではなく、本人が男の子はいりませんと言ったのです。優生保護法、うたい文句は細かくあるでしょうが、その影に、女という動物の自分勝手で殺された子供も多数いることを知ってください。話がそれてすみません、、、。

>ただ、その運動が善良とされるというのならば、なぜもっ>とひろまらないのでしょうか?臓器移植が普及しないこと>とにているとわたしには思えます。
猫嫌いさま、お言葉ではありますが、こういった活動は増えつつあるのですよ。ご存じないだけで、小さな地域で少しずつ避妊去勢をしていこう、と考えている方は確実に増えております。人口が億単位のこの国、目に見えるところまではまだ時間がかかると思いますが、目に見えないところで少しずつ活動が大きくなってきているのは事実です。ただ、日本中のいたるところが現場だと考えてもいいので、目に見えて効果があがるまでは時間がもう少し必要だとは思います。
また、臓器移植も増えています。某国立では毎週の様に肝臓移植が行われていますし。日本において死体臓器移植が進まない理由は、臓器提供者がいないからです。みんな死んでからも器にしがみついているのです。そういった考えは自由でしょうが、そういう狭い考えを持つ人が多いから移植が進まないのです。でも、最近は提供者になってもいいという方が増えていますし、若者でもいるくらいです。猫嫌いさまのお考えもわかりますが、あなたの目に見えないところで、少しずつ変化はあるのですよ。

[1273] 無題 投稿者:猫嫌い 投稿日:2002/09/24(Tue) 11:45 [返信]

>佐藤さま
>人間の場合は希望があれば妊娠、堕胎が出来ます
わたしは妊娠したさいに、「堕胎」と言う言葉をききました。
(速攻でいうし)
そのとき、たとえ自分の命がはてても産みたいとおもいました。
それは、女としての本能であり願いであり希望だとおもいます。
(DVやレイプされてなどの場合はこれとは逆の心理になるでしょう
でも、ソウハ手術して流すことや卵巣・子宮摘出等のストレスは、出産とは違い「生命の喜び」というものがない分、相当、心身ともに過酷なものです。)
希望も、事例がない、そういうことでひきうけてくれる病院からまず自力で探してからでないと希望する妊娠・出産は可能ではない。幸い協力的な医師にめぐまれましたが、、、そうでない方もおられますし、じぶんの子供をのこすことを嫌がる方もいます。
選択肢が多種多用にわたっているのではなくそれしかないと思いこむようにされてきた部分もあります。また、そう思わないと生きれなかった。
遺伝子DNAなどが劣勢とされ 優性保護という名目で
命は刈り取られ捨てられ、国は本人の意思に反し避妊手術をおこなってきたのです。
それはハンセンの方々も証言されていると思います。
そして、優性保護というあの法律の見地でいけば、病名発覚した時点であなたは生まれてきてはいけないことを宣告されているとおなじです。
現在、野良猫対策には一律の成果はでておられるとのことですが
人為淘汰は後世に良い結果を生むものなのでしょうか?
それは、人間だから猫より優れているからという思い込みやおごりじゃないでしょうか?
いつの時代も権力者は、弱者は保護するといいつつ封殺してきました。
さぞ優生遺伝子をおもちであろう政治家サンは答えてくださいませんが…。
(官僚が白紙委任してるような法案にハン押すだけの方々に聞いても無駄?ゞ)
猫の本能とか気質はわたしは猫嫌いですし根本なところわかりませんが、、、、ゞ
優生思想とおなじように相反する考え方もあるとおもうからです。
人間ではなく猫にしても、、、。
もし誤解させるような書き方であればもうしわけありません。
貴方かたの運動を、批判してるわけではないですよ。
ただ、その運動が善良とされるというのならば、なぜもっとひろまらないのでしょうか?
臓器移植が普及しないこととにているとわたしには思えます。
相反する矛盾。その陰陽の世界
どちらもみなければ真実はみえないとわたしはおもいます。
わたしは、まだ、猫のことしりません。
(だからって、ねこに近づくのはできないんですが、、、;;)
はじめは、ねこなんか、いない世界をのぞんでいましたが
いまは、ちょことはじめと考え方がかわってきてます。
もし、猫のことをそういうように進めてしまったら自分自身を世界から葬らなければならなくなるような気がするのです。
猫に感情移入しすぎて、自爆ってパータンかもしれませんが;
湧き上がった…この疑問があるがぎり
ちゃんと説明できなければおとなりさんは「YES]とは
いってもらえないと思うからです。
(なにより、自分で納得できないものは、後味悪いですし)
だから、いまだにいいだせませんーー;;
子供のころに感じた、猫のイメージと最近感じる猫…どこかちがいます。

>櫻井さま
>その原因は、何だと思われますか?
さあ、わかりませんが…ということにしておきます。
まだ、文字として変換できるレベルではないのでお許しください

>食べ物や水や賛美歌を歌って貰えて、幸福だ、と感じるのでしょうか?
人間嫌いさんはそれをいったのではないとおもいますが…(違っていたらすみません)
>毛布と水が与えられていました
臨終の時にでもそうしてあげたい。そうしてあげずにはいられないという相手のことを想う心のこといっているとおもいます。

>大田さま
>最近の白熱ぶりに、少しタジタジとしていましたが、
すみません。
これを最後に消えますので、ご安心くださいませ。(^^;
それでは、今までお世話になりました。(拝)

[1272] Re:[1271] [1270] 捕獲の猫ちゃん 投稿者:太田 投稿日:2002/09/24(Tue) 10:25 [返信]

櫻井様

> ただ・・・、まだ残ってましてね。昨夜も遅くまで粘ったのですが、空振りでしたよ。ため息^^;

まだいたんですか・・・それは気が気じゃありませんね。
ほんと、「ご苦労様です」としかいえない自分が情けない・・・


> 良くないことですね。まだ手術の出来る段階に無いので、まずいと思います。
> 発情したメス猫の手術を早急になさった方が良いですよ。

一応まずいと思ったので保護団体さんに連絡をとり、メスは猫部屋、ちゃおは離れと家の端と端に離しました。
幸い、もともとそんなに呼び合ってもいなかったので、夜に何度か呼び合う事があるくらいで済んでいます。


> 片側に倒れる事は、もう無くなりましたか?

まだ多少あるようですがへっぴり腰ながらちゃんと歩いています。
慎重に1歩1歩確かめつつ、といった感じですが。
それと・・・生命力というのでしょうか、シーツでは不快であろうと家の中を動き回るうちにトイレでしないかと思っていたところ、
ちゃんとトイレでしたんです。
その矢先に「サカリ」・・・
でリハビリに障害になってはと、離れに移しました。
もちろんケージから出して。
そうしたらちゃんとトイレでうんちはするわ、(外に出てしまっていましたが 、努力は認める)おしっこもしているし(1日1回のときもありとても良くなかったんです・・・ただ多量)ちゃんとご飯も食べているので、結果として良かったんだと思います。
ただそのほかの時間はダンボールの寝床で寝ているようですが、他の猫でもなにもないときは寝ていると思って、よしとしています。
そんなに欲張って望んでも仕方ないですものね。
1歩1歩がんばれ!!ですよね。


> 太田さんのお気持ちがはっきり定まらない段階ですから、こうする、とは決めなくても良いのでは無いでしょうか?
> すっかり情が移ってしまって、いざ貰ってもらう直前になって、やっぱり自分で飼うと思う様になっても、ちっとも不思議な事ではありません。

気持ちは決まっているんです。
今回預かった子もそうでしたが、どうも猫に対しての感情移入はないようです。
(一時保護向き?)
最終的にその子が幸せであれば、寂しいとか悲しいとかにはならないようです。
ただそんな勝手な思いつきによって自分の飼い猫をだし、他の猫ちゃんを貰う事をしても良いのかな?と、そちらの方が気になっていました。
とらをくれた方にも了解は取ってあります。
2回目のワクチンもして手術も終え、ウィルスも陰性であった事で、お話しました。
その方も私が良いという相手なら、里子に出しても良いそうです。
ウィルスに感染している・・・という事実だけでケージ生活をさせられてしまうなんてとても可哀想だと思うんです。
家には子供達という障害はいますが、猫は上手に付き合ってくれると思うんです。
なのでちゃおとともにとらの里親探しをしたいとは思いますが、どういった形が良いでしょうか?
再度のアドバイスをお願いします。


[1271] Re:[1270] 捕獲の猫ちゃん 投稿者:櫻井 投稿日:2002/09/24(Tue) 08:34 [返信]

>太田さん

> 捕獲の親子猫ちゃん、いかがですか?
> 少しは慣れたのでしょうか?


どうもありがとうございます。
だいぶ余裕が出てきまして、目の前でもご飯を食べる様になりました。
ただ・・・、まだ残ってましてね。昨夜も遅くまで粘ったのですが、空振りでしたよ。ため息^^;


> 刺激になったのだかサカリがつき、元気になってしまったようです。(腎臓、肝臓はダメでしょうけれど)
> いいことなのか、良くないものか・・・


良くないことですね。まだ手術の出来る段階に無いので、まずいと思います。
発情したメス猫の手術を早急になさった方が良いですよ。


> 少し動き回った方がいいと思い、取り合えず空いている離れに移しました。


片側に倒れる事は、もう無くなりましたか?


> それならとらも、ちゃおと一緒に里子に出し、
> その代わりにウィルス陽性の子を2〜3匹引き取りたいと思うのですが、いかがでしょうか?


太田さんのお気持ちがはっきり定まらない段階ですから、こうする、とは決めなくても良いのでは無いでしょうか?
まずは、里親探しを始めてみる。本当にご縁のある良い方と巡り会えた時に、里子に出すかどうかの最終判断をする。くらいの気持ちでも良い様な気がします。
里親探しって、本当にご縁のある良い方に巡り会えるまで、時間がかかる場合もあるんですよね。その間にも、気持ちって色々に変化したりします。
すっかり情が移ってしまって、いざ貰ってもらう直前になって、やっぱり自分で飼うと思う様になっても、ちっとも不思議な事ではありません。
時間をかけて、自分の本心を見つめて行かれては如何でしょうか?


> そう、今回捕獲された子達がそうであれば、その子達でも・・・と。
> (もちろん他の子でも良いんですが)
> そんな考えは間違えているのだろうかと、少し悩んでいます。
> 良きアドバイスをお願いします。


どうもありがとうございます。
私の所は、居残り組みがどんどん増えてますからね。
お願い出来れば非常に有難いのですが・・・、大事なのは、やっぱり太田さんの本当の気持ちだと思いますよ。
決して、間違った考えでは無いですし、悩む気持ちも分かります。
悩む時は、思い切ってするか、少し本心を見つける時間を持つか、そのどちらかしか無い気がしますが、どっちみち、里親探しは時間のかかる事ですから、早急に結論を出さなくても良いかと思いますね。



> 今までの経過をメールにしています。最新の画像とともに送りますので少しお待ちください。


はい、お待ちしてまーす。



>みかさん

>笹かまはおいしかったでしょ?猫にとられちゃったかな?

うん、美味しかった。他の猫に内緒で、たこにだけあげた^^

>今日はウフフッだったわ

そうかそうか、でかしたのー。わらわもドキドキぞよ^^