餓死寸前だった、カリンちゃん




捨てられたのでしょうか?
誰も食べる物をあげ
なかったのでしょうか?



とても人慣れしています。
でも、誰も救いの手を
差し伸べませんでした。


骨と皮。ガリガリに痩せ細り
大きな傷も負い、
生き倒れて動けずに、
衰弱・餓死する寸前でした。


H14年6月14日、
国立市新町19番地付近
から、病院に運び込まれ、
16日、保護してきました。


入院当初、酷い脱水状態
でした。
雨水が飲めても、食べ物が
無ければ、酷い脱水症状を
起こします。

入院から退院までの間、
病院で行った治療


1、栄養剤の点滴
2、傷口の治療、
  抗生物質の投与など、
3、給餌 


合計10、000円でした。


最新写真


病院を退院する日。本当にガリガリです。
脇腹には、大きな傷口。2日間の入院で随分と良くなったそうです。
背中、腰回りなどは、触るとゴツゴツしています。背骨が、浮き上がっています。
成猫なのに、14日の体重は1.6Kg。16日の体重は1.9kg。子猫よりも軽い体重です。




栄養状態が良くなれば、傷口の治癒も早くなります。
食べ物が、この子の一番の薬。
徐々に肉付きが良くなれば、徐々に元気を取り戻す筈です。
とにかく、ご飯をよく食べます。食べては寝、しばらくすると起きて、
また食べては寝、を繰り返しています。
缶詰には、抗生剤とアガリーペットを混ぜてあげています。
16日の夜に来た段階ではまだ少しフラフラ状態でしたが、翌日にはフラフラ感
が随分と無くなりました。そして、保護して約2週間、少し体重が重くなり、肉付きも良くなってきました。


ポリポリパクパク。みんなで食べると美味しいね(^ー^)


カリカリも大好き。傷口も、綺麗に完治しました。
お腹も少し膨らんできました
(^−^;)











実はカリンちゃん、保護して1ヶ月が過ぎた頃、すっかり家にも猫たちにも慣れた事から、すっかり油断をして
いた所、2Fの窓から脱走をしてしまいました。
最初、私は甘く考えていました。すぐに見つかるだろうと。しかし、何処にもいません。
丁度、地元の情報誌の掲載に間に合い、脱走から8日目に情報誌が配布されると、カリンちゃんを保護した
方から電話を貰いました。
何と、僅か1週間で、私の所から5Kmも離れた先で保護されていたのです。
本当にびっくりしました。


猫は、縄張り内で生きる習性を持っています。ご飯がなくても、餓死寸前になっても、縄張り内に居続けます。
餌をあげなければ、猫はいなくなる、という考えがあります。
確かにそうでしょう。猫はいなくなります。しかし、それは、猫が縄張り内から出た事を意味しません。
縄張り内で、人知れずに餓死してしまった為に、姿を見かけなくなった、だけの事でしかありません。
猫に餌をあげない=猫は縄張り内で餓死する=姿を見かけなくなる為、縄張り内から出たと思われがちになる。
という事でしかありません。

カリンちゃんは、国立・・・、ご飯が貰えずに、餓死寸前にまでなった国立に、帰ろうとしていたのでした。

脱走して1週間、何度も大雨が降りました。カリンちゃんは、雨水を飲んで、飢えをしのいでいたのでしょう。
しかし、何も食べていませんでした。自力で、食べ物を探す事が出来なかった様です。
5Km先で保護された時には、フラフラの状態だったそうです。
折角・・・私の所で太ってきたのに、1週間前よりも痩せて、またガリガリになってしまっていました。


家に連れて帰ると、大量にご飯を食べました。そして、1ヶ月間、ケージ内からは出しませんでした。
国立の縄張りを忘れ、戻りたいと脱走されない為に・・・。

脱走から1ヶ月後、私の所に来て2ヶ月後、カリンちゃんはもう、脱走した窓に近づかなくなりました。
脱走して懲りてしまったのか、外が怖くなったのか、ついでに、国立の縄張りも忘れたのか・・・分かりませんが。
でも、これで完全に家に慣れたと思いました。

しかし、喜んだのも束の間。
なんとカリンちゃん、お腹が大きくなってきました。脱走した僅か1週間の間に、妊娠していたのです。
食べ物の無い状況下で、ガリガリの体で、オス猫と交尾をし、妊娠してしまったのです。
そのまま、私の所に戻っていなければ、食べ物の無い状況下では、出産をする前に、カリンちゃん自身の体力が
持たなかったでしょう。
運良く、出産したとしても、子猫たちは全部、栄養失調で死んでいたでしょう。
勿論、産後の消耗から、カリンちゃん自身も命を落としていたかも知れません。


今、カリンちゃんは避妊手術が済み、落ち着いた状態でいます。
お腹周りは、妊娠していた事、太って来た事、が重なって、目立って脂肪太りしてしまっていますので、
ちょっと不格好に見えますが^^; 徐々に全身も太り、バランスが取れていく様になると思います。


メス。約3才〜6才くらい。エイズ・白血病=−(陰性)、3種混合ワクチン接種済み。避妊手術済み。
栄養状態が極度に悪かった事から、歯が何本か抜けてしまっています。

猫の場合、歯の状態から、年齢を推測する事が一般的です。
しかし、捨てられた猫、ノラ生活の長い猫、栄養状態の悪い猫、食べ物が悪い猫・・・の場合には、
歯の状態を見ただけでは、正しく年齢に推測する事が出来ません。
だから、カリンちゃんの年齢は、約3才〜6才と推測されています。


無情と生死の狭間でに戻る