迷子猫の探し方

実際の体験に基づいた迷子猫探しの方法をご紹介しています。今、猫が迷子になっ方は、下記をご参考下さい。

迷子になった猫を、誰か心優しい人が保護する可能性は、非常に薄いと言わざるを得ません。
野良猫が多過ぎて、社会問題の1つにもなっている現状や、長毛種などの洋猫も野良猫でいる現状を考えると、その可能性は非常に低い気がします。勿論、可能性はゼロでもありませんので、色んな可能性に期待をかける意味でも、諦めずに、根気良く下記の方法を実践することをお勧め致します。

猫のリード付け散歩については、迷子猫を作る1つの要因となりますので、お勧め出来ません。
猫の習性を考えれば、自由の拘束は、猫にストレス(体に害があります)を与えてしまい兼ねず、また、外へ出たい欲求から、飼い主が振り回されたり、猫が思い通りに外へ行けずに余計なストレスを溜め込んでしまったり、完全室内飼いが困難にもなったりしてしまいます。
猫は、完全室内飼いでも、何らストレスなく過ごせます。1度外を知った猫の場合、外を忘れるまでには、少し時間がかかりますが、自由を拘束されることによるストレス、外で何かがあった際の危険(交通事故など)を考えれば、飼い主さんが根負けせずに、猫が外へ出たがっても忍耐強く出さない様にすれば、猫を完全室内飼いにする事は充分可能です。
完全敷地内飼いの勧めも、是非ご参考になさってみて下さい。

外は猫にとっての危険が沢山あります。猫捕りについても、注意が必要です。普段からの、完全室内飼い、完全敷地内飼い、をすることをお勧め致します。


猫がいつ自力で帰っても、自分から家へ入れる様に、飼い主が気付け易い様に、家のドアと窓に、常に隙間を開けて下さい。

隙間を開けた、ドアと窓の内外、家の周囲の数ヶ所には、匂いの強い食べ物、その子の大好物、慣れ親しんだ匂いの付いてるもの(猫砂や敷物)、を置いて下さい。


特に、猫が家の中から外へ出た、外の(いつもの)散歩コース内からいなくなった、場合は必ず実践して下さい。

猫は、いつ自力で家に戻ってくるか分かりません。
その時に、家には入れず、食べ物も無い、という状況が続けば、またそのままいなくなってしまう可能性があります。
特に、夜から深夜の静まった時間帯が、戻る可能性の高い時間帯です。

また、ドアと窓を少し開ける事で、飼い主さんが猫の存在に気付き易くもなります。

仮に、猫がすぐに自分から家へ入らなくても、家の周囲と他所を行き来することは可能になりますので、その内に家に入ったり、飼い主が気が付く可能性が高まります。
猫の性格や月齢による違いがある為、猫が見つかるまで、長期間実施して頂く事が理想です。

尚、防犯対策も必ず実施して下さい。

 匂いの強い食べ物などを、ドアや窓の内側(家の中、ドアや窓から見える位置に)に大量に置き、外側(家の外)にはそれよりも少量を置き、家の周囲には更に少量を置いて下さい。水も、家の外側の1ヶ所には置く様にして下さい。

 窓が高い位置にある場合、猫用の踏み台を置いて下さい。

 防犯対策を実施して下さい。留守や深夜の間は、ドアを閉めても、窓だけは閉めずに、隙間を開けて下さい。窓が大きく開かない様、市販の窓用補助鍵を利用しても良いでしょう。

匂いの強い食べ物や水、の他に、匂い付けとして、普段使用している猫砂や敷物を、家の外や周囲に置いても良いでしょう。
慣れ親しんでいる匂いが、猫に安心感を与え、家の所在を思い出させます。


 猫のいなくなった場所から、缶詰などの匂いの強い物を持ち歩きながら、音を出したり声を出したりして、探して下さい。

 猫の写真入りビラを作成して、居なくなった場所の周囲から家の周囲まで、配布して情報提供を求めて下さい。

 迷子になった猫は、心細さと不安から、飼い主が傍にいても、飼い主の声を聞いても、慣れ親しんだ匂いを嗅いても、返事をしない、気配をみせない、姿を見せない、可能性があります。
1度通った道でも、諦めたりせずに、何度でも根気良く、探す様にして下さい。

 仮に、今の家が長年住んでいる場所ではなく、引っ越してまだ間も無い(半年未満)なら、お家がまだ猫の縄張りになっていない為、猫が自力で家に戻れる期待が薄くなります。
その場合、以前の居住地方面に向けて、広範囲(Km単位)にビラの配布範囲を広げて下さい。
尚、以前の場所に戻ろうとして、1週間で5Km以上移動した猫もいます。

 猫の性格による違いがある為、数日立って見つからない場合も、同様にビラの配布範囲を広げて下さい。

猫の性格次第ですが、いなくなった場所の周辺に、数日間隠れていることがあります。
勿論、その日の人通りが無くなった夜から深夜にかけて、隠れている場所から少しずつ移動をする可能性もあります。猫は、おかれた状況下に多少慣れると、夜から深夜にかけて移動する可能性が高いので、早期の徹底した周辺での捜索が必要です。

 猫を見つけても、すぐに近づいて来ない場合、または、近づこうとすると逃げようとする場合、深追いはしないで下さい。猫は、パニックの状態にある、不安と恐怖で、飼い主をも警戒している、かも知れません。
美味しいご飯をゆっくりと近くに置き、優しい声をかけてあげて下さい。そして、時間をかけて、ゆっくりゆっくり猫に安心感を与える様にして下さい。
万が一、猫がその場から逃げても・・・、詳細は書けませんが、飼い主さんが諦めずに、粘り強く猫の不安を取り除く様にして下さい。

探す際には、猫が、誰かの軒下などの何処かに隠れていないかどうかも、確認をして頂いた方が良いかと思います。
猫が、致命的な怪我をして、身動きが取れずに、何処かに潜ってじっと回復を待つこともあれば、そのまま命を落とすこともあります。
他の猫とのケンカ、うるさいなどと人に追い払われるなどの結果、逃げる途中での交通事故に遭うこともあります。
仮に、酷い怪我をして、じーと回復を待っているなら、誰かの家の軒下などに隠れている可能性も否定出来ません。


 新聞の折込チラシの利用、地域の情報誌への掲載依頼、商店や動物病院などでのビラの掲示や情報提供のお願い、をして下さい。

 下記に連絡をし、収容記録の確認と情報提供をお願いして下さい。

いなくなった猫が、生後半年過ぎ、オス、未去勢手術の場合、急にサカリが付いて、メスを追いかけての放浪を、始めてしまった可能性が、一番強いかも知れません。
もしこの場合でしたら、相当遠くまで行く事もあります。期待を込めて、5Kmを目安にその前後で探した方が良い様に感じます。

猫には、縄張りへの他所からの侵入猫を追い払う習性があります。
また、メスを巡っての、去勢手術をしていない、オス同士での激しいケンカもします。
その結果として、エイズや白血病などの不治の病に感染することがあります。

猫が、致命的な怪我をして、身動きが取れずに、何処かに潜ってじっと回復を待つこともあれば、そのまま命を落とすこともあります。
他の猫とのケンカ、うるさいなどと人に追い払われるなどの結果、逃げる途中での交通事故に遭うこともあります。
仮に、酷い怪我をして、じーと回復を待っているなら、誰かの家の軒下などに隠れている可能性も否定出来ません。

役所の清掃課(万が一、何かの理由で死亡した場合、回収を担当する可能性があります。)
管轄する、役所の猫担当係り、保健所や動物愛護センター(猫を見た人からの通報が入る、または、収容される、可能性があります。)
動物病院(猫を見た人からの通報が入る、怪我などで運び込まれる、保護した人が連れていく、可能性があります。)



実録1 外に慣れ親しんでいる猫の場合

外と家を出入り自由にしている猫、外で暮らしている猫は、普段は縄張りの範囲内だけにいます。
しかし、遊びに夢中になって、または、他の何かの理由から、その縄張りから出てしまうことがあります。
縄張りの外は、猫にとっての、見知らぬ場所、不安な場所。縄張り内からそう遠く離れていなくても、すぐには戻れず、また、パニックに陥り、帰る方向が分からなくなって、縄張りや家とは全然違う方向に移動してしまう場合もあります。
しかし、猫がいなくなってから、短期間内であれば、まだ遠くへは行けない可能性が高く、見つかる可能性が高いと思います。


キキちゃんが、行方不明になって1週間。そして、 この周辺にはいないのかなーと思いながらも、毎日何度か同じ範囲で探していると、
微かに鳴き声が聞こえた様な・・・。あれ?空耳?まさか、この辺にいる?・・・。もう1度、名前を呼んでみる。
そして、頼りなさそうな、微かに聞こえる程度の返事が返ってきた。

キキちゃんは、いました。何度も探して通った道路沿いにある、一軒家の軒下に隠れていました。
キキちゃんの縄張り(約100m)から出て、僅か数10m先の所です。そこから、心細さと不安と怖さで、自力では帰れなかったのです。

夜だから、返事をくれたとも考えられます。昼間なら、返事をくれなかったかも知れません。

猫は、人通りの少ない夜の方が、見つかり易い様に思います。



実録2 完全室内飼い猫の場合

外を知らない猫にとって、縄張りは、家の中だけ。家の外は、興味はあるけれど、恐怖の世界。
家のすぐ外で暮らしたことのある猫でも、一切外に出さなければ、徐々に外を忘れ、そして、縄張りは家の中だけ、外は興味はあるけど、恐怖の世界となります。
遠く離れた場所から来た猫の場合、半年前後の時間が経過しないと、まだ家の中が縄張りになっていない場合があり、勿論、家の外も興味はあるけど、恐怖の世界でしかなく、その猫にとっての縄張りは、元いた家か外ということになります。


ノンちゃんは、いつも窓から外を見てるだけ。でも、外が怖くて、出ようとはしません。しかし、遂に外への興味が勝って、ノンちゃんは家から外に出てしまいました。ノンちゃん、ノンちゃん・・・。何度も何度も、家の周辺を行ったり来たりして探しました。
しかし、ノンちゃんの返事はなく、気配もない。そして・・・、すぐ足下にあった(家のすぐ前にある)草むらの中を見ると・・・。

ノンちゃんは、固まったまま、ブルブル震えていて、声すら出せない状態でした。

その後も、何度か同じ事が繰り返されましたが・・・、何の事は無い、ノンちゃんは自分の意思で外に出ても、結局は怖くて、遠くへはいけませんでした。しかし、確実に、外での移動距離が、僅かずつですが、広くなっていました。この状態が続けば、ノンちゃんは徐々に外に慣れてしまい、そして、外での行動範囲が広くなってしまう・・・。局、ノンちゃんが2度と外へいけない様、戸締り対策をしました。



実録3 自力で戻った猫の場合

猫が入れる程度に、家のドアと窓に、常に隙間を開けて下さい。
隙間を開けた、ドアと窓の内外、家の周囲の数ヶ所には、匂いの強い食べ物、その子の大好物を置いて下さい。

このお陰で、2週間ぶりに、猫と飼い主さんが再会出来ました。


時々、家から外に出ていたジロウ君。いつも家の周りにいて、飼い主さんが呼べば、すぐに帰っていました。
しかし、1週間以上過ぎても、ジロウ君の姿は無い。近隣の人たちに聞いても、誰も見かけないという。

飼い主さんは、玄関のドア、1Fと2Fの窓を開け、内外に匂いの強い餌を置き、ジロウ君の帰りに期待しました。
勿論、平行して、ジロウ君の名を呼びながら、一生懸命外でも探しました。

そして・・・、2週間近く立ったある深夜、丁度飼い主さんが寝ようとした時、2F窓の外で、ご飯を食べているジロウ君の影を発見。
ジロウ君は、外のご飯を食べ終わり、そーとそーと、家の中にも入ろうとしていました。
飼い主さんが呼ぶと、ジロウ君は少しビクビクしていましたが、飼い主さんが抱き上げると、すぐにしがみ付いたそうです・・・。


実録4 新しい環境にきて間もない猫の場合。

実録2でも書いてる通り、2ヶ月程度では、まだ新しい環境を、自分の縄張りとして認識しない猫もいます。
猫の性格にもよりますが・・・、何かのキッカケから外に出た場合、元いた場所に向けて、または、パニックに陥り分からない方向へ、
徐々に少しずつか、すぐにか、移動してしまう可能性もあります。


元いた場所に戻ろうとしたのか・・・。1週間で5Kmも移動したカリンちゃんの例です。

この子の場合、地域情報誌が役に立ちました。

しかし、カリンちゃんの性格は、全ての猫に当てはまる訳ではありません。

大抵の猫の場合、最初は怖がり、いなくなった場所の周辺に隠れていて、すぐには移動出来ないと思われます。

猫がいなくなった場合、いなくなった場所の周辺を、すぐに徹底的に、繰り返し根気良く探す事を、強くお勧め致します。



実録5
 飼い主さんから頂いたメールと、掲示板の内容です。



4月19日の夜11時頃に、猫が見つかりました。


19日の午後11時過ぎに、捜索にいったのですが見あたらず、家に帰りました。
そしたら、すぐに携帯がなり、今通ってきた道の方が今、保護しましたと連絡がありました。

逃げた場所より10bくらい先のアパートの方に保護されてました。その方も、猫を飼っていたので、チラシを気にかけていてくださったようでした。
チラシを配って、2時間おきに探して・・・でも、生きてるかどうかもわからなかったので、この探し方でよいのかすごく悩んでいたときに、見つかったので本当に嬉しかったです。

うしのほうは、朝5時半に起き、ご飯を食べました。6時半まで、だっこしてましたが、落ち着いたようで、また寝むってくれました。
今は、落ち着いて、寝てます。2日間、寝てないらしく、今日はほとんど寝て過ごすようです。
普段、普通に生活してるとわからないけど、こういう普通の生活が幸せな時間なんですね。
うしがいなかった2日間は、部屋がとても、広く感じました。なんだか、不思議な感じがします。

実は、夫婦共々半分あきらめていました。
2時間おきにそうさくし、チラシを配り、でも、反応もない、生きてるか、死んでるのか、近所にいるのかさえも疑わしくなってきて・・・。
実家の母に泣いてрキる・・・の繰り返しでした。

今日、雨が降っていたので、チラシ配りと捜索だけでした。猫缶をならしながら、本当にこれで聞こえてるのか・・・不安に思っていました。
でも、ちゃんと聞いてるのですね。逃げたのがまだ日がたってなかった、チラシを配ることによって、近所の方もきにかけていただいた・・・
これがなかったら、うしはもどってこれなかったと思います。

夫婦二人で絶望感にありながら、がんばろう、戻ってくる!って信じよう、やってみようと、二人で読みながら励まし合いました。
うしは、私たち夫婦にとって、子供のようなもの、いや子供といっても過言ではないです。私は、県外からとつぎ、病気がちになり、家にひきこもりがちになりました。そのとき、うしが家にやってきました。だから、うしとの生活はひとしおのものがあります。

今回のことで、私の猫との生活の仕方も改めて考えさせられました。
私はよかれとおもってやっていたことも、うしにとってはストレスになるんですね。
うしは、一人っ子のせいか、じゃれあう相手もいなく、また、お留守番も多いのでパワーをもてあまし気味です。
私の実家は、猫を3匹完全室内飼いにしています。実家に帰るときはいつも、つれて帰るのですが、先住猫とも相性がよいらしく、実家よりかえりたがりません。主人と話し合い、近い将来、うしに兄弟を・・・というのも考えてます。
これからは、リードの散歩の仕方、生活の仕方、迷子札のこと、改めて、考えていきたいと思います。

[102]探しています。 投稿者:りか 投稿日:2003/04/18(Fri) 08:46 [返信]

私は、猫を室内飼いしてます。最近は暖かくなってきたので、リードをつけて散歩をしていました。
が、リードが古くなっていた為、リードを引きちぎって逃げてしまいました。探したのですが、見つかりませんでした。
家の方向に、走って逃げたのですが、逃げた場所が、家より離れていたため戻ってくるかどうかかなり心配です。

私の不注意で猫を迷子にしてしまい、深く反省してます。猫は、普通戻ってくるのでしょうか?
もう、探すつてがなくここに書き込みしました。どうぞ、教えてください。よろしくお願いします。
猫の特徴も書いておきます。
もし、この付近でみかけた方がいらっしゃれば、連絡をよろしくお願いします。(お礼も致します)

いなくなった時間 4月17日の夜9時過ぎ、いなくなった場所 
特徴 猫・雄です。去勢はすんでます。
白と黒の模様の猫です。鼻の横にちょびひけのような模様があります。 あごのしたにも黒い模様があります。
背中には4つの黒い模様があります。尻尾は長くて、全部黒です。赤い首輪をしています。
たぶん、首輪に引きちぎられた赤いリードの紐がついていると思います。 名前は『うし』です。

アドバイスでも、なんでもよいので、どうぞよろしくお願いいたします。


トップ- 猫の里親募集 -一般猫の里親募集掲示板

[271130]