猫に関する苦情
西東京市5、一戸建住宅街


平成12年、苦情受付。(市役所紹介経由。)



苦情内容

野良猫が居着き困っている。保健所に持っていけないか。



私の対応

諸説明・アドバイス。餌やり人との話し合い。猫の捕獲協力。
病院紹介。子猫の保護,貰い手さん紹介。住民への説明。
工夫方法紹介。広報ビラ配布。



苦情者の変化

苦情者

『餌やり人の対応を、時間を掛けて待つ。

費用援助も、必要があれば出来る。』

苦情者の理解が得られ、親猫は今いる場所で、一代限りで寿命をまっとうさせる。
子猫4匹は、なるべく里子に出せる様に努力する、こととなった。



その後

餌やり人は、親親子の手術費用を負担。
子猫1匹は貰われた。

苦情者の理解から、猫親子4匹は今いる場所で、餌やり人の世話の下、一代限りで
寿命をまっとうすることとなった。




戻る